診療グループ紹介

グループ一覧

血液・腫瘍グループ

1.診療メンバー

更科岳大(助教)をチーフとし、鳥海尚久(医員)、櫻井由香里(医員)の3名で診療をおこなっております。

2.診療内容

(1)どのような病気をみているか?

当グループで診療する疾患は、白血病、悪性リンパ腫、神経芽腫、肝芽腫、ウイルムス腫瘍、横紋筋肉腫、脳腫瘍などの小児がん疾患および、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、血友病などの血液疾患です。

(2)どのような治療をしているか?

近年、抗がん剤治療、放射線治療、外科治療や造血幹細胞移植(骨髄移植、臍帯血移植など)の進歩でこれらの疾患の治療成績が向上してきました。しかしながら、十分な治療成績が得られていない疾患も多いのが現状です。このため、全国で同様の疾患を診療している多くの施設とともに、さらなる治療成績の向上を目指して多施設共同の治療研究がおこなわれています。
当科では、日本小児白血病リンパ腫グループ(JPLSG www.jplsg.jp/)、小児白血病研究会(JACLS www.jacls.jp/)、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG www.jnbsg.jp/)、日本横紋筋肉腫研究グループ(JRSG)などに参加して様々な疾患に対する治療をおこなっております。

(3)造血幹細胞移植について

小児病棟内に4床の無菌室をもち、難治の血液腫瘍疾患に対して、これまで80例を越える骨髄移植、臍帯血移植などの造血幹細胞移植をおこなってきました。道内では札幌を除く唯一の移植施設となります。

(4)他科との連携

私たちが診療している疾患は、小児外科、放射線科、脳神経外科など他科とも緊密に連携をとりながら治療をおこなう必要があります。

3.治療による晩期障害について〜そのフォローアップ

治療の進歩によって長期生存が可能となってきましたが、一方で抗がん剤治療や放射線治療、造血幹細胞移植による晩期障害が明らかになってきました。晩期障害は、低身長、ホルモン異常、卵巣機能不全、不妊、2次がん、心合併症など様々です。治療が終了した後も注意深く長期にわたってフォローアップをする必要があります。 これら晩期障害は血液専門医だけではなく、内分泌専門医、循環器専門医などによる継続した診療が必要となります。当科では、小児内分泌、小児循環器の専門医による診療が可能であり、私たち血液専門医と連携して長期にわたって安心して診療を受けていただくことが可能です。

これらの専門医が一つの病院にそろっている施設は道内でも数カ所しかなく、札幌を除くと当院のみとなります。もし、小児がんで治療を受けたけれども現在はフォローアップされていないなどの方がいらっしゃいましたら、いつでもご相談ください。

スタッフ

氏名 役職 専門医/資格
更科 岳大 助教 日本小児科学会専門医/指導医
日本血液学会専門医
小児血液がん学会専門医
日本造血幹細胞移植学会造血細胞移植認定医
鳥海 尚久 医員 日本小児科学会専門医/指導医
日本血液学会専門医
日本造血幹細胞移植学会造血細胞移植認定医
櫻井 由香里 医員  

研究テーマ

造血幹細胞の生体外増幅
鉄欠乏と神経疾患の関係解明
造血幹細胞移植後GVHDの制御
造血幹細胞移植後VODの制御など

取得した専門医研修施設

日本血液学会専門医研修施設
日本がん治療認定医機構研修施設
日本小児血液・がん専門医研修施設研修プログラム
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.