遺伝子診療カウンセリング室

旭川医科大学病院では、遺伝に関する様々なお悩みをもつ方々を対象に、遺伝子診療カウンセリング室を開設しています。遺伝性がある病気ではないかと悩んでおられ相談されたい方(クライアント)の不安や疑問に対し、遺伝カウンセリングを通じて偏りのない遺伝医学の知識や情報をお伝えすることで、正しい理解、受容及び意志決定ができるよう、お役にたちたいと考えています。

 
近年の染色体検査、遺伝子検査の進歩は、私たちに安心を与えるばかりではありません。 “遺伝”に関する知識はまだ正しく認識されているわけではありません。検査の意味を、遺伝学の知識や情報とともに正しくお伝えするには、多大な時間及び高い専門性が必要です。そのため、結果の伝達が不十分なために不安が助長される可能性があります。遺伝医療には、遺伝子が親から子へと受け継がれるものであることから、繊細な問題を含むこともあります。結果として、解決できない悩みを抱える場合もあります。そのような相談者(クライアント)のお悩みに対し、最善の選択を一緒に考えてゆくのが遺伝カウンセリングです。
初回のカウンセリングではまず、問題点や疑問点を明らかにします。それに基づき、偏りのない最新で正確な情報をお調べし、2回目以降にクライアントにお伝えします。カウンセラーと共にクライアントとその家族にとって最善の選択肢を考えます。カウンセリングの後に、必要であれば、遺伝子検査、染色体検査、国内外の専門施設での検査の情報、紹介などを行う場合もあります。



遺伝カウンセリングを通じ、最新かつ偏りのない情報を来談者の情報や状況に基づき正しくお伝えするために、基本的に、プレカウンセリング、本カウンセリングの二つのステップでおこなっています。疾患によっては遺伝子診療カウンセリング室のスタッフミーティングが間に入り三つのステップになることがあります。
プレカウンセリングは、担当医師が、相談内容の確認や、家族構成、疾患歴、相談にこられたいきさつなどを伺います。
本カウンセリングでは、プレカウンセリングでお聞きした内容を充分理解できたかどうかの確認や、クライアントとともに今後の方針に関して最善のものは何か考えていきます。
遺伝カウンセリングは、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会認定の臨床遺伝専門医が行い、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本産科婦人科学会、家族性腫瘍研究会、WHOなどが提唱するガイドラインに基づいて行います。個々の疾患などの詳しい説明や診断、検査などが必要であれば、状況に応じて、院内で他科紹介受診をしていただく場合もあります。



私(夫、子ども、親)の病気は遺伝するのですか?
病気について、もっと詳しい情報を知りたいのですが。
高齢妊娠では病気の子どもが多く生まれるって本当ですか?
いとこ同士の結婚では病気の子供が生まれるって本当ですか?
家系の中には誰もその病気の人はいないのに、子どもは遺伝病といわれました。ほんとうなのでしょうか?
いとこ同士の結婚で、不安なのですが?
私の家系は癌家系のようだ。自分も癌になるのでしょうか?

親子鑑定や、本人以外に対する疾患の説明など、内容によっては倫理的問題により相談をお受けできない場合があります。ご予約の際に、簡単に情報をお伺いすることはあります。電話での遺伝相談は行っておりません。また、メールでの相談にも対応しておりませんのでご了承ください。



ご予約はお電話のみ受け付けております。
完全予約制です。
予約受付時間は、月曜日〜金曜日の 午前10時〜午後4時です。
電話番号 0166-69-3055(地域医療連携室)



「遺伝カウンセリングを受けたい」とおしゃってください。ご自分の連絡先と連絡のとりやすい時間帯をお知らせください。折り返し連絡をとり、初回カウンセリングの日時の決定をします。


ご予約の際には、下記のことについてお伺いさせていただきます。
相談内容のあらまし
ご家族の構成、年齢、患者様とのご関係
遺伝カウンセリングにみえる方(カウンセリングは相談にみえるかた複数人でおこなったり、個別でおこなったりします。ご希望がありましたら、おしゃってください。)
ご希望日時
紹介状の有無(紹介状はなくても可能です。)
当院の受診歴の有無は、問いません。



  旭川医科大学小児科総合サイトへ ↑ページの先頭に戻る