1. 一般目標

循環器疾患をもつ小児患者の病態生理を理解し、それに対する治療方針を立て、患者およびその家族と協力して医療を行うこと。

 2. 行動目標
(1) 小児循環器疾患の診療に有用な病歴を聴取できる。
(2) 循環動態を把握するための身体所見を得ることができる。
(3) 循環動態を把握するための生理学的検査を行い、その所見を判定できる。
(4) 病態生理に対応した薬物治療、カテーテル治療、または外科治療の方針を立て、患者およびその家族にそれを説明できる
(5) 侵襲的な診断・治療手技を習得する。

 3. 経験しておくことが望ましい疾患
(*は3か月研修医)
(1) 非チアノーゼ型先天性心疾患
心室中隔欠損、心房中隔欠損、動脈管開存、房室中隔欠損および肺血流増
(2) チアノーゼ型先天性心疾患1
ファロー四徴、大血管転位*、総肺静脈還流異常*
(3) チアノーゼ型先天性心疾患2
機能的単心室と右心バイパス(フォンタン型)循環
(4) チアノーゼ型先天性心疾患3(動脈管依存性循環)
肺動脈閉鎖、左心低形成症候群、大動脈離断
(5) 非短絡型先天性心疾患
肺動脈弁狭窄、大動脈弁狭窄、大動脈縮窄
(6) ダウン症候群に伴う先天性心疾患
(7) 川崎病

 4. 診療の実際
(*は3か月研修医)
(1) 病歴の聴取と記載
 患者およびその家族との間に良好な関係を築き、その中から小児循環器疾患の診療に有用な情報を得て、明解かつ適切な日本語でそれを診療録に記載することができる。
(2) 身体所見
以下の所見を認識できる。
視診 胸郭変形、陥没呼吸、多呼吸、心尖拍動、浮腫、ばち指、チアノーゼ
触診 振戦、肝脾腫、浮腫、四肢冷感、上下肢動脈拍動の触知
聴診 2音の正常分裂、2音の異常(固定性分裂、単一、亢進)、3音、クリック(駆出性、収縮中期)、収縮期雑音(汎、駆出性)、拡張期雑音(早期、中期)、連続性雑音、無害性(機能性)雑音
(3) 各種検査
以下の検査を施行、または判定することができる。
血圧測定 水銀計を用いて上下肢の血圧を測定
X線フィルム 心陰影(第何弓は禁句)、胸郭変形、気管走行、胸腺
心電図 年齢変化、心房負荷、心室負荷、種々の不整脈
心エコー図 各断面(四腔、左室長軸、左室短軸、右室長軸
大動脈弓、左右冠動脈)、圧差の推定、単純心奇形の診断
心カテーテル 大腿動静脈穿刺とシース挿入*、カテーテル操作*
肺体血流比・肺体血圧比・肺血管抵抗*
(4) 治療
以下の治療計画を立て、患者およびその家族にそれを説明し、承諾を得たのちに施行する。
慢性心不全に対する薬物治療(利尿薬、強心薬、血管拡張薬など)
急性心不全に対する薬物治療(カテコラミンなど)
心肺蘇生時の薬物治療(カテコラミン、重炭酸イオンなど)  
動脈管閉鎖性ショックに対する薬物治療(リポPGE1など)
不整脈に対する薬物治療(ATP、ベラパミル、キシロカインなど)*
カテーテル治療(バルーン拡大、コイル塞栓)*
外科治療(治療計画まで)
(5) 手技の実際
以下の手技を施行することができる。
静脈採血、動脈採血、末梢静脈ルート確保、中心静脈ルート確保*
気管内挿管*、バッグ&マスク、心臓マッサージ、電気的除細動




このページのトップへ↑