診療研究グループ紹介

新生児グループ

新生児グループは長屋 建(周産母子センター准教授)、岡本年男(周産母子センター講師)、野原史勝(周産母子センター助教)、浅井洋子(周産母子センター医員)、二井光麿(周産母子センター医員)の新生児専従医師5名で診療にあたっています。人数分を優に超える仕事量を抜群のチームワークとスタッフの協力でなんとか乗り切っています。

NICU9床、GCU12床で、道北道東地区の周産期医療の最後の砦としての役割を果たしています。特に、当地区において新生児外科疾患を扱うことのできる唯一の医療機関であることから毎年多くの外科疾患の赤ちゃんを受け入れています。また膜型人工肺(ECMO)、血液透析、血液濾過、脳低温療法などを必要とする新生児疾患にも対応しています。

周産母子センターは平成17年にはユニセフ・WHOから「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受け、正期産新生児はもちろんのことNICUに入院を余儀なくされる母子にも母乳育児を介してご家族が自信をもって楽しく育児ができるように支援を行っており、NICU入院をした赤ちゃんの多くがお母さんの母乳で育っています。外来では主に乳幼児健診、NICU退院後のフォローアップ健診をおこなっています。新生児科医、看議師、助産師、各診療科、MSW、心理士、理学療法士、医療支援課等が協働して育児不安や母乳育児の相談、支援に当たっています。

表:旭川医大周産母子センター出生体重別入院数

スタッフ

氏名 役職 専門医/資格
長屋 建 准教授 日本小児科学会専門医/指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医/指導医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
岡本 年男 助教
(病院講師)
日本小児科学会専門医/指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医/指導医
野原 史勝 助教
(病院助教)
日本小児科学会専門医/指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
浅井 洋子 医員 日本小児科学会専門医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
二井 光麿 医員 日本小児科学会専門医/指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター

研究テーマ

新生児出血後水頭症の分子病態の理解
子宮内発育の遺伝的解析と成長予後の検討
胎内環境が新生児期に与える内分泌学的影響の検討
呼吸機能シミュレーターを用いた人工呼吸器の評価
新生児・乳児における横隔膜厚を用いたventilator-induced diaphragm dysfunctionの検討
早産児における有核赤血球トランスフェリンレセプター発現量の解析

取得した専門医研修施設

日本周産期・新生児医学会専門医認定施設

業績

  • Nagaya K, Tsuchida E, Nohara F, Okamoto T, Azuma H: The temperature change in an endotracheal tube during high frequency ventilation using an artificial neonatal lung model with Babylog(R) 8000 plus. Pediatr Pulmonol. 50(2): 173-178, 2015.
  • Okamoto T, Nagaya K, Kawata Y, Asai H, Tsuchida E, Nohara F, Okajima K, Azuma H: Novel compound heterozygous mutations in DYNC2H1 in a patient with severe short-rib polydactyly syndrome type III phenotype. Congenit Anom 55(3): 155-157, 2015.
  • Okada M, Ikegawa S, Morioka M, Yamashita A, Saito A, Sawai H, Murotsuki J, Ohashi H, Okamoto T, Nishimura G, Imaizumi K, Tsumaki N: Modeling type II collagenopathy skeletal dysplasia by directed conversion and induced pluripotent stem cells. Hum Mol Genet 24: 299-313, 2015
  • Minami-Hori M, Honma M, Fujii M, Nomura W, Kanno K, Hayashi T, Nakamura E, Nagaya K, Miyauchi Y, Fujimura T, Hotta M, Takagi Y, Kitahara T, Takema Y, Iizuka H:Developmental alterations of physical properties and components of neonatal-infantile stratum corneum of upper thighs and diaper-covered buttocks during the 1st year of life. J Dermatol Sci 73(1): 67-73, 2014.
  • Okamoto T, Nagaya K, Asai H, Tsuchida E, Nohara F, Hayashi T, et al. Platyspondylic lethal dysplasia torrance type with a heterozygous mutation in the triple helical domain of COL2A1 in two sibs from phenotypically normal parents. Am J Med Genet Part A. 2012;158(A8):1953-6.
  • Nakamura E, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T: Maternal deletion allele of Angiotensin-converting enzyme gene is associated with fetal growth restriction, Pediatr Dev Pathol 15:114-117,2012
  • Nakamura E, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T. Maternal deletion allele of angiotensin-converting enzyme gene is associated with fetal growth restriction. Pediatr Dev Pathol. 2012;15(2):114-7.
  • Nohara F, Nagaya K, Asai H, Tsuchida E, OkamotoT, Hayashi T, Sakata H, Terao Y, Azuma H: Neonatal pleural empyema caused by emm type 6 group A streptococcus, Pediatrics International, in press Nakamura E, Makita Y, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Sugimoto M, Manabe H, Taketazu G, Kajino H, Fujieda K : 5.78 Mb terminal deletion of chromosome 15q in a girl, evaluation of NR2F2 as candidate gene for congenital heart defects. Eur J Med Genet. 54(3):354-6. 2011
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.