研究業績

2000年

著書 (2000年)

  • Fujieda K, Nakae J, Abe S, Tajima T: DAX-1 mutations in adrenal hypoplasia congenita, Molecular Steroidogenesis, Okamoto M, Ishimura Y, and Nawata H eds, Universal Academy Press, pp341-344, 2000
  • Mukai T, Shikayama K, Ogawa M, Ishimura Y, and Nawata H eds, Universal Academy Press, pp223-224, 2000
  • Tanaka T, takano K, Ogawa M, Tachibana K, Fujieda K, HIzuka N : Final height in Turner syndrome after grouth hormone treatment; Japanese study, Optimizing Health Care for Turner Patients in the 21st Century, Saenger P and Pasquino AM eds, Elsevier Science BV, pp223-228, 2000
  • 上田 修、伊藤善也、大見広規、石井拓磨、蒔田芳男、奥野昇正:市街、海岸および酪農地区における成人と児童の体格相関、Auxology Vol 70:71, 2000
  • 藤枝憲二:急性副腎不全、今日の小児治療指針第12版、 矢田純一、柳澤正義、山口規容子、大関武彦編、医学書院、pp167, 2000
  • 室野晃一:破傷風、今日の小児治療指針第12版、 矢田純一、柳澤正義、山口規容子、大関武彦編、医学書院、pp228-229, 2000
  • 沖 潤一:末梢神経麻痺、今日の小児治療指針第12版、 矢田純一、柳澤正義、山口規容子、大関武彦編、医学書院、pp442, 2000
  • 伊藤善也:肥満の管理と指導、今日の小児治療指針第12版、 矢田純一、柳澤正義、山口規容子、大関武彦編、医学書院、pp516-517 2000
  • 伊藤善也:内分泌系、食に関する指導の実際、子どものからだと栄養指導、小学館、pp82-87, 2000
  • 伊藤善也:幼児の身長体重曲線、親と子どもの健康相談ポイント集、(社)母子洋品指導協会、27-28, 2000
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、難病の最新情報―疫学から臨床・ケアまで、大野良之、田中平三、中谷比呂樹、黒川 清、斉藤英彦、総編集、南山堂、pp125, 2000
研究業績 > 2000年

原著 (2000年)

  • Matsuda M, Kita S, Nagakura R, Takekawa M, Oki J : A retrospective study of submucous cleft palate, J Crano-maxillofacial Surg 28 (Supple 1) : 52,2000
  • Tsuda N, Oka R, Kajino H, Kajino M, Okuno A : Sudden death in a patient in complete remission followed by anthracycline therapy for acute lymphoblastic leukemia, Pediatric International 42 : 319-321, 2000
  • Goh K, Yamamoto H, Tsuda N, Sasajima T : Konno procedure for infective endocarditis involving aortic valve in a small child, Ann Thorac Surg 69 (4) :1264-1266, 2000
  • Kajino H, Chen YQ, Chentob S, Waleh N, Koch CJ, Clyman RI : Tissue hypoxia inhibits prostaglandin and nitric oxide production and prevents ductus arteriosus reopening, Am J Physiol [Regul Integr Comp Physiol] 279 (1) : R278-86, 2000
  • Makita Y, Nishimura G, Ikegawa S, Ishii T, Ito Y, Okuno A : Intrafamilial phenotypic variability in Engelmann disease (ED) : are the desease and ribbing desease the same entity?, Am J Med Genet. 91 : 153-156, 2000
  • Ghadami M, Makita Y, Yoshida K, Fukushima Y, Wakui K, Ikegawa S, Yamada K, Kondo S, Niikawa N,Tomita H : Genetic Mapping of the Camurati-Engelmann Disease Locus to Chtomosome 19q13.2-q13.3, Am J Hum Genet 66 : 143-147, 2000
  • Kinoshita A, Saito T, Tomita H, Makita Y, Yoshida K, Chadami M, Yamada K, Kondo S, Ikegawa S, Nishimura G, Fukushima Y, Nakagomi T, Saito H, Sugimoto T, Kamegaya M, Hisa K, Murray J. C, Taniguchi N, Niikawa N, Yoshimura K : Domain specific mutations in the human transforming growth factor beta 1 gene (TGFB1) Result in Camurati-Engelmann Disease, Nature Genetics 26 : 19-20, 2000
  • Mitamura R, Yano K, Suzuki N, Ito Y, Okuno A : Diurnal rhythms of luteinizing hormone, follicle-stimulating hormone, testosterone, and estradol selection before the onset of female puberty in short children, J Clin Endocrinol Matab. 85 :1074-1080, 2000
  • Masuno M, Ishii T, Tanaka Y, Ohyama M, Kawataki M, Kimura J, Imaizumi K, Kuroki Y : Brief Clinical Report, De novo trisomy 16p11.2-qter : Report of an infant, Am J Med Genet 92:308-310, 2000
  • Miyamoto A, Sugai R, Okamoto M, Shirai M, Oki J : Urine stone formation during treatment with zonisamide, Brain Dev (letter) 22 : 460-461, 2000
  • Okuhara K, Tajima T, Abe S, Satoh K, Nakae J, Shinohara N, Fujieda K : Gonadotropin-releasing hormone analog therapy failure to improve predicted final height in two children with central precocious puberty and microcephalus, Endocrine J 47 (Suppl) : S129-S132, 2000
  • Okuhara K, Tajima T, Nakae J, Fujieda K : A novel missense mutation in the HMG box region of the SRY gene in a Japanese patient with a XY sex reversal, J Hum Genet 45 ; 112-114, 2000
  • Tanaka T, Matuo N, Seino Y, Fujieda K, Yokoya S, Tachibana K, the Study Group of GH Treatment in IUGR : Growth-promotiong and psychological effects of high-dose growth hormone treatment in children with intrauterine growth retardation, Clin Pediatr Endocrinol 9 : 7-17, 2000
  • Hizukuri K, Ono S, Masuda R, Mizota K, Nikaido K, Otsubo K, Eto S, Tamada I, Fukami S, Fujieda K : A false negative case with 21-hydroxylase deficiency at newborn mass screening program-Case reprot and review of the mass screening program in Kagoshima Prefecture-, Clin Pediatr Endocrinol 9 : 25-30, 2000
  • Sato K, Tajima T, Nakae J, Adachi M, Asakura Y, Tachibana K, Suwa S, Katsumata N, Tanaka T, Hayashi Y, Abe S, Murashima M, Okuhara K, Shinohara N, Fujieda K : Three novel PHEX gene mutations in Japanese patients with X-linked hypophosphatemic rickets, Pediatr Res 48 : 536-540, 2000
  • Endo M, Yasoshima K, Ishizaki S, Ishizaka S, Nawate M, Matsuzaki T, Shinohara N, Fujieda K : Development of central precocious puberty after surgical resection in a boy with cranipharyngioma : Case report, Clin Pediatr Endocrinol 9 : 63-67, 2000
  • Tajima T, Kitagawa H, Yokoya S, Tachibana K, Adachi M, Nakae J, Suwa S, Katoh S, Fujieda K : A novel missense mutation of mineralcorticoid receptor gene in one Japanese family with a renal form of pseudohypoaldosteronism type I, J Clin Endocrinol Metab 85 : 4690-4694, 2000
  • Sato N, Ishikawa M, Nimura A, Katsumata N, Horikawa R, Tanae A, Tanaka T, Matsuo N, Seino Y, Fujieda K, Yokoya S, Tachibana K, Shimizu N, Study Group of GH Treatment in IUGR : Growth hormone (GH) binding protein in children with high dose GH, Clin Pediatr Endocrinol 9 : (Suppl 14) : 55-61, 2000
  • Sato K, Tajima T, Nakae J, Abe S, Okuhara K, Fujieda K : Evaluation of bone mineral density in patients with Turner syndrome, Clin Pediatr Endocrinol 9 : (Suppl 14) : 55-61, 2000
  • GH Research Society (Fujieda K, et al) : Consensus guidelines for the diagnosis and treatment of growth hormone (GH) deficiency in childhood and adolescenece : Summary statement og the GH Research Society, J Clin Endorionol Metab 85 : 3990-3993, 2000
  • 沖 潤一、宮本晶恵、高橋 悟:Focal cortical dysplasia と認知機能障害との関連について―十年以上抗てんかん薬の内服治療を続けている2女児例での縦断的検討、脳と発達 32 :408-414, 2000
  • 土田 晃、津田尚也、沖 潤一、他:小児期 Duchenne 型進行性筋ジストロフィー症における心拍変動の解析、日本小児科学会雑誌 104 :3370-3405, 2000
  • 伊藤淳一、石井明子、沖 潤一:小中学生の不定愁訴に関する検討、日本小児科学会雑誌 104 : 1019-1026, 2000
  • 伊藤善也:小児期1型糖尿病の成長に関する検討:1型糖尿病患児の最終慎重は低下している、ホルモンと臨床 48 (11) : 981-985, 2000
  • 伊藤善也、上田 修:幼児肥満の判定基準と身長体重曲線、肥満研究 6 (1) :80-81, 2000
  • 蒔田芳男、石井拓磨、林 時仲、伊藤善也、伊藤善也、奥野晃正、里村敬一、横内かおり、堀川玲子、立花克彦、印鑰史衛、羽田 明:新生児期発症糖尿病の臨床像と6番染色体のpaternal uniparental disomy の関連、ホルモンと臨床 48 : 993-997, 2000
  • 村下真理、奥原宏治、阿部修司、佐藤孝平、中江 淳、田島敏広、遠藤満智子、藤枝憲二:一卵性双生児の第2子に認められた McCune-Albright 症候群の一例、ホルモンと臨床、内分泌興味ある症例 pp173-176, 2000
  • 坂本和也、楠田 聡、三上 篤、藤田敬之助、長谷 豊、大浦敏明、藤枝憲二:新生児マス・スクリーニングで発見された先天性副腎過形成症のミスマッチプライマーを用いたPCR法による遺伝子解析、日本マス・スクリーニング学会誌 10 : 47-51, 2000
  • 安達昌功、立花克彦、朝倉由美、阿部修司、中江 淳、田島敏広、藤枝恵二:ENaC-γサブユニット遺伝子異常によって引き起こされた全身型の偽性低アルドステロン症I型 (PHAI) の1例、ホルモンと臨床、48 : 11-15, 2000
  • 田島敏広、北川浩史、加藤茂明、安達昌功、立花克彦、横谷 進、諏訪誠三、藤枝憲二:ミネラルコルチコイドレセプターのミスセンス変異による偽性低アルドステロン症I型 (PHAI) の1家系、ホルモンと臨床、48 : 17-20, 2000
  • 高杉雅代、田島敏広、永島哲郎、藤枝憲二:新生児マススクリーニングで発見され、外性器異常、色素沈着を認めなかった21-水酸化酵素欠損症の1女児例、ホルモンと臨床、内分泌興味ある症例第37集 pp149-152, 2000
  • 三上 篤、福士 勝、藤田晃三、藤枝憲二:迅速DNA診断法を用いた点変異検索による21-水酸化酵素欠損症の発生頻度、日本マススクリーニング学会誌 10 : 29-34, 2000
研究業績 > 2000年

総説 (2000年)

  • 宮本和俊、村木専一、笹島唯博、宮本晶恵、沖 潤一:小児外科医の遭遇した被虐待児症候群児―小児外科的病態が関与した症例を中心に―、小児外科 32 : 2000-2007, 2000
  • 津田尚也:循環器系感染症に対する抗菌薬の使い方、小児内科 31 : 2 : 228-232, 2000
  • 石井拓磨:Coffin-Lowry 症候群.別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ No.30 神経症候群―その他の神経疾患を含めて― V : 163-165, 2000
  • 石井拓磨:Coffin-Siris 症候群.別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ No.30 神経症候群―その他の神経疾患を含めて― V : 166-167, 2000
  • 石井拓磨:Ruvalcaba 症候群.別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ No.30 神経症候群―その他の神経疾患を含めて― V : 244-245, 2000
  • 伊藤善也、上田 修、藤枝憲二:飽食時代と肥満、小児科診療 64 : 535-540, 2000
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成(11β-OH と17α-OH 欠損症)、血圧 7 : 39-45, 2000
  • 藤枝憲二:副腎ステロイド合成酵素異常症の診断基準・病型分類、内科 85 : 1816-1819, 2000
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症の遺伝子異常と病態、現代医療、32 : 108-115, 2000
  • 藤枝憲二:性の決定・分化の分子機構、Phama Medica 18 : 2 : 185-192, 2000
  • 藤枝憲二:XY女性の成因とその分子病態、Phama Medica 18 : 4 : 149-157, 2000
  • 藤枝憲二:ステロイド産生異常による性分化異常症の分子病態、Phama Medica 18 : 6 : 123-131, 2000
  • 藤枝憲二:ステロイド産生異常による性分化異常症の分子病態-2、Phama Medica 18 : 8 : 101-106, 2000
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症スクリーニングの発展の歴史と展望、Phama Medica 18 : 10 : 77-84, 2000
  • 藤枝憲二:副腎皮質系機能検査(ACTH 分泌刺激試験、ACTH 分泌抑制試験、ACTH 負荷試験)、負荷試験の実際-2000年版、小児内科 32 : 636-647, 2000
  • 藤枝憲二:Borjeson-Forssman-Lehmann 症候群、日本臨床領域別症候群シリーズ、神経症候群 V、pp147-149, 2000
  • 藤枝憲二:小児科領域における DHEAS の役割とその分泌調節機構、ホルモンと臨床 48 : 35-41, 2000
  • 藤枝憲二: 先天性副腎過形成症「新生児マススクリーニングによって明らかになった病態・最近の進歩・今後の展開」、小児科診療 63 : 1366-1370, 2000
研究業績 > 2000年

その他 (2000年)

  • 吉岡 一、沖 潤一:小児医学の変遷、北日本小児科学会50周年記念誌 38-44, 2000
  • 一宮久恵、田中稔奉、小林良二、工藤 亨、沖 潤一:北海道における神経芽細胞腫マススクリーニングの15年間の成績について、北海道小児科保健研究会誌 平成12年度 pp2-6
  • 沖 潤一:心の健康問題で悩んでいる子ども達の実態について、北海道小児科保健研究会誌 平成12年度 pp6
  • 石崎賢一、橋詰清隆、澤村 淳、田中達也、沖 潤一、提嶋俊一、田中康雄:失立発作に対する脳梁離断術の1例、てんかんをめぐって 20 : 65-71, 2000
  • 沖 潤一:心の健康問題で悩んでいる子ども達の実態について、北海道小児科保健研究会誌 平成12年度 pp2-6
  • 伊藤善也:乳幼児肥満治療の問題点と今後の方向性、薬事日報 9237号 27-28, 2000
  • 伊藤善也:発育評価支援ソフト「UPXSEE」ver.2.0、ファルマシア・アップジョン社
  • 室野晃一:血液のがん、平成12年度 旭川医科大学公開講座「がん治療の最前線」(受講者用テキスト) pp11-17, 2000
  • 室野晃一:最近のHIV感染症/エイズ事情とその理解、保健管理センターのしおり、旭川医科大学保健管理センター編 pp15-26, 2000
  • 伊藤善也:学校検診データの活用とプライバシー、東京都予防医師協会ホームページ http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb27-pvc.htm
  • 藤枝憲二:性分化、性成熟の分子機構、Pediatric Apis 4 : 2-3,
研究業績 > 2000年

報告書 (2000年)

  • 奥野晃正、衞藤 隆、沖 潤一、他:1-A 医療機関および学校を対象とした心身症、神経症等の全国一斉実態調査について.心身症、神経症等の実態把握及び対策に関する研究(H10-子ども-017)、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 pp940-950, 2000
  • 沖 潤一:2-A 拠点病院における心身症、神経症等の実態を把握するための重点調査.心身症、神経症等の実態把握及び対策に関する研究(H10-子ども-017)、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 pp955-957, 2000
  • 伊藤淳一、沖 潤一:2-b 小中学生の呈する不定愁訴―北海道北部・羽幌町における実態調査―.心身症、神経症等の実態把握及び対策に関する研究(H10-子ども-017)、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 pp958-961, 2000
  • 奥野晃正、伊藤善也:小児内分泌疾患の登録・評価に関する研究、平成11年度厚生科学研究・子ども家庭総合研究事業「母子保健情報の登録・評価に関する研究」、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第6/6) pp139-144, 2000
  • 伊藤善也、奥野晃正、加藤忠明:小児慢性特定疾患治療研究事業の同意書、平成11年度厚生科学研究・子ども家庭総合研究事業「母子保健情報の登録・評価に関する研究」、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第6/6) pp174-176, 2000
  • 伊藤善也、奥野晃正、斉藤 進、加藤忠明:小児慢性特定疾患治療研究事業の同意書、平成11年度厚生科学研究・子ども家庭総合研究事業「母子保健情報の登録・評価に関する研究」、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第6/6) pp177-182, 2000
  • 伊藤善也、松浦信夫、奥野晃正、上田 修:1型糖尿病患児の成長特性に関する研究:この20年で最終身長は改善したか、平成11年度厚生科学研究・子ども家庭総合研究事業「小児糖尿病・生活習慣病の発症要因、治療、予防に関する研究」、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第4/6) pp25-26, 2000
  • 藤枝憲二、田島敏広、北川浩史、加藤茂明、安達昌功、立花克彦:ミネラルコルチコイドレセプターのミスセンス変異による偽性低アルドステロン症I型 (OHAI) の1家系、厚生科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成11年度報告書 pp31-36, 2000
  • 青木菊麿、猪俣弘明、藤枝憲二:新生児マス・スクリーニングで発見された症例の追跡調査に関する研究、厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)、母子保健情報の登録・管理・評価に関する研究、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第6/6) pp269-282, 2000
  • 田中敏章、藤枝憲二、横谷 進、五十嵐裕、島津 章、立花克彦、斎藤友博:成長ホルモン治療の現状と評価に関する研究、平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 pp304-312, 2000
  • 藤枝憲二、横谷 進、五十嵐裕、島津 章、立花克彦、谷澤隆邦、寺本 明、西 美和、長谷川行洋、羽二生邦彦、肥塚直美、平野岳毅、藤田敬之助:成長ホルモン治療の長期治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究、成長科学協会平成11年度研究年報 23 : 1-8, 1999
  • 立花克彦、島津 章、對馬敏夫、肥塚直美、藤枝憲二、横谷 進:成長ホルモン (GH) および関連因子の測定に関する研究、成長科学協会平成11年度研究年報 23 : 9-14, 1999
  • 藤枝憲二、村上智明:成長ホルモン分泌不全性低身長症患者及び成長ホルモン欠損ラットにおける成長ホルモンの心機能に及ぼす影響に関する検討、成長科学協会平成11年度研究年報 23 : 315-319, 1999
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.