研究業績

2001年

著書 (2001年)

  • 藤枝憲二、奥野晃正 総監修、子どもの気がかり事典(永岡書店)、2001
  • 藤枝憲二:性の決定・分化のメカニズム、新版ターナー症候群、岡田義昭監修、メデイカルレビュー社、pp9-20、 2001
  • 津田尚也,岡隆治:心血管・腎疾患、新版ターナー症候群、岡田義昭監修、メデイカルレビュー社、pp200-205、2001
  • 藤枝憲二:21ヒドロキシラーゼ欠損症、遺伝子検査外注早わかり事典、中井利昭、奈良信雄、登勉、野村文夫、水澤英洋、船渡忠男、川上康編集、中外医学社、pp60, 2001
  • 伊藤善也:2型糖尿病の食事療法、小児・思春期 糖尿病管理の手びき、日本糖尿病学会編,南江堂、pp103-106、2001
  • 伊藤善也(医学アドバイス):実例解決 おばあちゃんの子育て秘伝―なぜ?どうして?みんな同じところでとまどうの?、小学館、東京、2001
研究業績 > 2001年

原著 (2001年)

  • Adachi M, Tachibana K, Asakura Y, Abe S, Nakae J, Tajima T, Fujieda K: Compound heterozygous mutations in the γsubunit gene of ENaC (1627 delG and 1570-1G→A) in one sporadic Japanese patient with a systemic form of pseudohypoaldosteronism type 1. J Clin Endocrinol Metab, 86:9-12, 2001
  • Ishikawa Y, Tajima T, Nakae J, Nagashima T, Satoh K, Okuhara K, Fujieda K:Two mutations of Gs gene in two sporadic Japanese patients with pseudohypoparathyroidism type Ia. J Hum Genet, 46:426-430, 2001
  • Tajima T, Fujieda K, Kouda N, Nakae J, Miller WL:Heterozygous mutation in the cholesterol side chain cleavage enzyme (p450scc) gene in a patient with 46, XY sex reversal and adrenal insufficiency. J Clin Endcrionol Metab, 86:3820-3825, 2001
  • Lebl J, Fujieda K, Kalvachova B, Votava F:A boy with adrenal insufficiency and DAX-1 gene defect, Diabetologie Metabolismus Endokrinologie Vyziva 4,2:136-139, 2001
  • Sugawara T, Abe S, Sakuragi N, Fujimoto Y, Nomura E, Fujieda K, Saito M, Fujimoto S: RIP140 modulates transcription of the steroidogenic acute regulatory protein gene through interactions with both SF-1 and DAX-1. Endocrinology 142:3570-3577, 2001
  • Tajima T, Oishi M, Nakae J, Satoh K, Okuhara K, Kanaya Y, Fujieda K:Turner syndrome and Crohn disease. Clin Pediatr Endocrinol 10:137-140, 2001
  • Kawamura M, Owada M, Kimura Y, Fujiwara T, Sasaki A, Tajima T, Fujieda K, Hiramori K:46,XY pure gonadal dysgensis: A case with Graves' disease and exceptionally tall stature.Internal Medicine 40:740-743, 2001
  • Hiroki Kajino, Yao-Qi Chen, Steve R. Seidner, Nahid Waleh, Francoise Mauray, Christine Roman,Sylvain Chemtob, Cameron J. Koch, and Ronald I. Clyman : Factors that Increase the Contractile Tone of the Ductus Arteriosus Also Regulate Its Anatomic Remodeling. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 281: R291-301,2001
  • Bouayad A, Kajino H, Waleh N, Fouron JC, Andelfinger G, Varma DR, Skoll A, Vazquez A, Gobeil F Jr, Clyman RI, Chemtob S. Characterization of PGE(2) receptors in fetal and newborn lamb ductusarteriosus. Am J Physiol Heart Circ Physiol; 280 : H2342-9,2001
  • Ikeda Y, Takeda Y, Shikayama T, Mukai T, Hisano S, Morohashi KI : Comparative localization of Dax-1 and Ad4BP/SF-1 during development of the hypothalamic-pituitary-gonadal axis suggests their closely related and distinct functions.Dev Dyn. Apr;220(4):363-76,2001
  • Shibata H, Ikeda Y, Mukai T, Morohashi Ki, Kurihara I, Ando T, Suzuki T,Kobayashi S, Murai M, Saito I, Saruta T : xpression profiles of coup-tf, dax-1, and sf-1 in the human adrenal gland and adrenocortical tumors: possible implications in steroidogenesis.Mol Genet Metab. Sep-Oct;74(1-2):206-16,2001
  • Ishii T., Makita Y., Ogawa A., Amamiya S., Yamamoto M., Miyamoto A.and Oki J : The role of different X-inactivation pattern on the variable clinical phenotype with Rett syndrome, Brain &Development, printing (1.303),2001
  • Veldhuis JD, Pincus SM, Mitamura R, Yano K, Suzuki N, Ito Y, Makita Y, Okuno A : Developmentally delimited emergence of more orderly luteinizing hormone and testosterone secretion during late prepuberty in boys, J Clin Endocrinol Metab 86:80-89,2001
  • Muroya K, Hasegawa T, Ito Y, Nagai T, Isotani H, Iwata Y, Yamamoto K, Fujimoto S, Seishu S, Fukushima Y, Hasegawa Y, Ogata T:GATA3 abnormalities and the phenotypic spectrum of HDR syndrome, J Med Genet 38(6):374-380, 2001
  • Matsuura N, Yokota Y, Kazahari Y, Sasaki N, Amemiya S, Ito Y, et al:The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT) : initial aims and impact of the family history of type 1 diabetes mellitus in Japanese children, Pediatric Diabetes:2:160-169, 2001
  • Adachi M, Tachibana K, Asakura Y, Abe S, Nakae J, Tajima T, Fujieda K : Compound heterozygous mutations in the gamma subunit gene of ENaC (1627delG and 1570-1G-->A)in one sporadic Japanese patient with a systemic form of pseudohypoaldosteronism type 1. J Clin Endocrinol Metab.;86(1):9-12. 2001 Jan
  • Ishikawa Y, Tajima T, Nakae J, Nagashima T, Satoh K, Okuhara K, Fujieda K :Two mutations of the Gsalpha gene in two Japanese patients with sporad pseudohypoparathyroidismtype Ia. J Hum Genet.;46(7):426-30. 2001
  • Tajima T, Fujieda K, Kouda N, Nakae J, Miller WL : Heterozygous mutation in the cholesterol side chain cleavage enzyme (p450scc) gene in a patient with 46,XY sex reversal and adrenal insufficiency. J Clin Endocrinol Metab. 86(8):3820-5. 2001
  • Nakae J, Kitamura T, Ogawa W, Kasuga M : Accili Insulin regulation of gene expression through the forkhead transcription factor Foxo1 (Fkhr) requires kinases distinct from Akt.D. Biochemistry.;40(39):11768-76. 2001 Oct 2.
  • Nakae J, Kitamura T, Silver DL, and Accili D:The forkhead transcription factor Foxo1 (Fkhr) confers insulin sensitivity onto glucose-6-phosphatase, J. Clin. Invest. 108: 1359-1367. 2001
  • T. Saito, A. Kinoshita, K Yoshiura, Y. Makita, K. Wakui, K. Honke, N. Niikawa, N Taniguchi Domain specific mutation of TGF B1latency-associated peptide cause Camurati-Engelmann disease due to the formation of a constitutively active form of TGF-B1 J Biol Chem 276:11469-11470, 2001
  • T. Arima, R.A.Drewell, K.L.Armery, J.Inoue, Y.Makita, A.Hata, M.Oshimura, N.Wake, M.A.Surani. : A conseved imprinting control region at the HYMAI/ZAC domain is impricated in transient neonatal diabetes mellitus.: Hum Mol Genet 10:1475-1484, 2001
  • T. Inaoka, N. Shuke, J. Sato, Y. Ishikawa, K. Takahashi, T. Aburano, Y. Makita. : Scintigraphic evaluation of pamidronate and corticosteroid therapy in a patient with progressive diaphyseal dysplasia(Camurati-Engelmann disease), Clin Nuc Med 26:680-682, 2001
  • T. Ishii, Y. Makita, A. Ogawa, S. Amamiya, M. Yamamoto, A. Miyamoto, J. Oki. : The role of different X-inactivation pattern on the variable clinical phenotype with Rett syndrome. Brain and Development 23:S161-S164, 2001
  • Oka M, Terae S, Kobayashi R, Kudoh K, Chu BC, Kaneko K, Yoshida M, Kaneda M, Suzuki Y,Miyasaka K.Diffusion-weighted MR findings in a reversible case of acute Wernicke encephalopathyActa Neurol Scand.;104(3):178-81. 2001
  • Iguchi A, Kobayashi R, Yoshida M, Kobayashi K, Matsuo K, Kitajima I, Maruyama I Vascular endothelial growth factor (VEGF) is one of the cytokines causative and predictive of hepatic veno- occlusive disease (VOD) in stem cell transplantation. Bone Marrow Transplant.;27(11):1173-80. 2001
  • Kobayashi R, Arioka H, Yoshida M, Cho Y, Iguchi A, Kaneda M, Shikano : T Prolonged bone marrowfailure with monosomy 7 after engraftment failure following bone marrow transplantation. Int J Hematol.;73(2):258-61, 2001
  • Ueda T, Yoshida M, Yoshina H, Kobayashi K, Kawahata M, Ebihara Y, Ito M, Asano S, Nakahata T, Tsuji K : Hematopoietic capability of CD34+ cord blood cells: a comparison with CD34+ adult bone marrow cells.Int J Hematol.;73(4):457-62, 2001
  • Takahashi S, Ohsugi K, Yamamoto T, Shiomi M, Sakuragawa N: A novel approach to ex vivo gene therapy for familial hypercholesterolemia using human amniotic epithelial cells as a transgene carrier. Tohoku J Exp Med 193: 279-292, 2001
  • Kosuga M, Takahashi S, Tanabe A, Fujino M, Li XK, Suzuki S, Yamada M, Kakishita K, Ono F, Sakuragawa N, Okuyama T: Widespread distribution of adenovirus-transduced monkey amniotic epithelial cells after local intracerebral injection: implication for cell-mediated therapy for lysosome storage disorders. Cell Transplant 10: 435-439, 2001
  • Ko J, Humbert S, Bronson RT, Takahashi S, Kulkarni AB, Li E, Tsai LH: p35 and p39 are essential for cyclin-dependent kinase 5 function during neurodevelopment. J Neurosci 21: 6758-6771, 2001
  • Li BS, Sun MK, Zhang L, Takahashi S, Ma W, Vinade L, Kulkarni AB, Brady RO, Pant HC: Regulation of NMDA receptors by cyclin-dependent kinase-5. Proc Natl Acad Sci USA 98: 12742-12747, 2001
  • 伊藤康子、志水一江、宇津宮隆史、田島敏広、藤枝憲二:不妊症精査を機に発見された遅発型と思われた21-水酸化酵素欠損症の一例, ホルモンと臨床、内分泌 興味ある症例第38集、pp102-105, 2001
  • 田島敏広、甲田直也、中江淳、藤枝憲二:コレステロール側鎖切断酵素(P450scc)遺伝子異常による先天性リポイド過形成症の1例, ホルモンと臨床、内分泌 興味ある症例第38集、pp140-143, 2001
  • 栗原勲、柴田洋孝、鈴木利彦、安藤孝、小林佐紀子、笹野公伸、藤枝憲二、林晃一、林松彦、斉藤郁夫、村井勝、猿田亨男:両側副腎偶発腫瘍で発見された先天性副腎過形成(21-水酸化酵素欠損症)の1例, ホルモンと臨床、内分泌 興味ある症例第39集、pp93-97, 2001
  • 田中敏章、藤枝憲二、羽二生邦彦、西美和、立花克彦、横谷進、五十嵐裕、平野岳毅、藤田 敬之助、寺本明、肥塚直美、島津章、田中弘之、谷澤隆邦、長谷川行洋:成長ホルモン分泌不全性低身長症における遺伝子組換え成長ホルモン治療による最終身長の正常化の割合、日本小児科学会雑誌 105:546-551, 2001
  • 田中 肇,荒木章子,岡 隆治,角谷諭美,沖 潤一,長 和彦.障害児の睡眠障害に対する睡眠指導票の効果と意義について.小児保健研究60:97−102,2001
  • 田中 肇,荒木章子,岡 隆治,角谷諭美,長 和彦,宮本晶恵,沖 潤一.障害児の睡眠障害に対するメラトニンと少量フルニトラゼパムの併用療法.小児科臨床54:825−829,2001
  • 沖 潤一.子どもの心身症と神経症の実態調査から.小児科臨床54(増刊号):1077−1082,2001
  • 宮本晶恵,高橋 悟,沖 潤一,須貝理香,岡本年男,白井 勝.Zonisamideにより両側腎結石をきたした脳炎の1女児例.旭川てんかん外科研究.;2:33−35, 2001
  • 沖 潤一.てんかんと診断し,致死的な心臓系疾患に気づかなかった2男子例について.てんかん研究;19:189−195,2001
  • 沖 潤一.飯倉洋治,和賀 忍,関 秀俊,西尾利一,田中義人,福重淳一郎,奥野晃正,冨田和巳,渡邊久子,尾内善四郎,高橋弘昭.長期入院児の教育の関する実態調査−平成6年度と平成12年度調査の比較検討−.日本小児科学会雑誌;105:1245−1249,2001
  • 沖 潤一,衞籐 隆,山縣然太朗.医療機関および学校を対象として行った心身症,神経症等の実態調査のまとめ.日本小児科学会雑誌;105,2001
  • 宮田貴子,細川麻紀子,久保治美,山本美智雄,沖 潤一.得意とする作品作りをとおして自信が得られた摂食障害患者の看護.平成13年度北海道小児保健研究会会誌pp46−49,2001
  • 吉田丈俊、金兼弘和、蒔田芳男、伊藤善也、永井敏郎、矢野公一、田中葉子、西巻滋、山川寺本知史、玉井伸哉、百井亨、大橋博文、西美和、斎藤万里子、宮脇利男:わが国における鎖骨頭蓋骨形成症の臨床的・遺伝学的検討、日本小児科学会雑誌 105(4):442-447,2001
  • 蒔田芳男、上田修、三田村亮、石井拓磨、伊藤善也、井上純、三つ矢幸造、押村光雄、本間成、今田研生、小林正樹、宮園弥生、大竹明、山田豊、羽田明:新生児一過性糖尿病の候補伝子、ホルモンと臨床49(12):1195-1199, 2001
  • 伊藤善也、藤枝憲二、奥野晃正:平成10年度小児慢性特定疾患治療研究事業:内分泌疾患の登録状況と成長ホルモン治療の現況、ホルモンと臨床 49(12):1207-1213, 2001
  • 蒔田芳男、伊藤善也、石井拓磨、上田 修、向井徳男、藤枝憲二、羽田 明:新生児一過性糖尿病(第6番染色体):ホルモンと臨床 49:929-932,2001
  • 蒔田芳男、上田 修、三田村亮、石井拓磨、伊藤善也、井上 純、三ツ矢幸三、押村光雄、本間丈成、今田研生、小林正樹、宮園弥生、大竹 明、山田 豊、羽田 明:新生児一過性糖尿病の候補遺伝子 ホルモンと臨床 49:57-62,2001
  • 糸田尚史、蒔田芳男 : 児童相談所における児童虐待に関する医学生実習の試み、北海道公衆衛生学雑誌 15:166-172,2001
研究業績 > 2001年

総説 (2001年)

  • Kido Y, Nakae J, Accili D : Clinical review 125: The insulin receptor and its cellular targets. J Clin Endocrinol Metab.;86(3):972-9. 2001 Mar
  • Nakae J, Kido Y, Accili D : Tissue-specific insulin resistance in type 2 diabetes: lessons from gene-targeted mice. Ann Med.;33(1):22-7. 2001 Feb
  • Nakae J, Kido Y, Accili D. : Distinct and Overlapping Functions of Insulin and IGF-I Receptors. Endocr Rev.;22:818-835. 2001
  • Accili D, Kido Y, Nakae J, Lauro D, Park B C : Genetics of type 2 diabetes: insight from targeted mouse mutants. Curr Mol Med.;1(1):9-23. 2001 Mar
  • 藤枝憲二:思春期早発症、思春期遅発症、臨床に役立つ内分泌疾患診療マニュアル2001, ホルモンと臨床 `01特別増刊号:171-177,2001
  • 中江淳、藤枝憲二:Leprechaunism症候群、小児の症候群、小児科診療、64 (Supple):41, 2001
  • 田島敏広、中江淳、藤枝憲二:McCune-Albright症候群、小児の症候群、小児科診療、 64 (Supple):254-255, 2001
  • 藤枝憲二:Rieger症候群、小児の症候群、小児科診療、64 (Supple):259, 2001
  • 藤枝憲二:骨塩量、骨代謝マーカー測定の対象疾患とその意義、小児内科, 33:174-178, 2001
  • 藤枝憲二:アンドロゲン受容帯異常症とその分子病態、Pharma Medica 19:2:123-127, 2001
  • 藤枝憲二:性の成熟の機構とその異常、Pharma Medica19:4:129-137, 2001
  • 藤枝憲二:男性性腺機能低下症の診断と治療、成長 発達、8:3:1-5, 2001
  • 藤枝憲二:成長にかかわる遺伝子群、小児科診療, 64:901-908, 2001
  • 藤枝憲二:低ゴナドトロピン性性腺機能低下症、Pharma Medica、19:6:79-86, 2001
  • 藤枝憲二:遺伝子異常による思春期早発症、Pharma Medica、19:8:111-118, 2001
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症の遺伝子解析、日本小児科学会雑誌、105:827-834, 2001
  • 藤枝憲二:Addison病、小児疾患の診断・治療基準、小児内科、33 (増刊号):224-225, 2001
  • 中江淳、奥原宏治、藤枝憲二:ヨード濃縮障害とNa+/I- Symporter異常症、小児内科、33:1671-1673, 2001
  • 伊藤善也、藤枝憲二:肥満症、小児疾患の診断・治療基準、小児内科、33 (増刊号):102-103, 2001
  • 林時仲、藤枝憲二:胎児医療の現況と未来展望、薬物療法、産婦人科の世界、53:837-843, 2001
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、内分泌・糖尿病科、13:13-20, 2001
  • 蒔田芳男、伊藤善也、石井琢磨、上田修、向井徳男、藤枝憲二、羽田明:新生児一過性糖尿病(第6番染色体)ホルモンと臨床 49:45-48, 2001
  • 田島敏広、藤枝憲二:新生児マススクリーニングで見いだされた非古典型21水酸化酵素欠症 ホルモンと臨床、45:59-61, 2001
  • 藤枝憲二:中枢性性早熟症の診断基準・治療のガイドラインUpdate、ホルモンと臨床、49:11-17, 2001
  • 伊藤善也、藤枝憲二:先天性副腎過形成症の疫学、日本臨床、本邦臨床統計集, 59 (増刊号):167-176, 2001
  • 藤枝憲二:LH受容体、FSH受容体遺伝子の不活性型変異による性腺機能低下症、Pharma Medica 19:10:153-159, 2001
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症の新生児マススクリーニングの発展の歴史と現状、小児内科 33:1674-1678, 2001
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:平成10年度小児慢性特定疾患治療研究事業:内分泌疾患群の登録状況と成長ホルモン治療の現況、ホルモンと臨床、49:1207-1213, 2001
  • 沖 潤一,宮本晶恵.思春期のやせ.小児科診療;64:36−40,2001
  • 沖 潤一.子どもの心身症.月刊母子保健通巻第501号,p6, 1月1日発行,2001
  • 沖 潤一.全国一斉調査の概要.日本学校保健研修社「健」,;30:28−32,2001
  • 沖 潤一.不定愁訴と心の健康−全国医療機関・学校実態調査から−,特集2 焦点:いま子どもに見られる健康問題丸不定愁訴.学校保健のひろば24号,2001
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):Bannayan-Zonana syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 247-249, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):blepharofacioskeletal syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 277-278, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):Bloom syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 281-283, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):brachydactyly, hereditarysolitaly, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 286-288, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):brain, arachnoid cyst, temporal lobe agenesis, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 289-290, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):branchio-oclulo-facial (BOF) syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 291-293, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):branchio-oto-renal (BOR) syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 294-296, 2001
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):branchio-skeleto-genital syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 297-298, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):brest, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 302-304, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):Burton skeletal dysplasia, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 305-306, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):C syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 307-309, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):campomelic or camptomelic dysplasia (CMPD), 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 310-311,2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):camptodactyly, hereditary solitaly, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 312-313, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):trismus-pseudocamptodactyly syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 314-315, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):cadiofacial syndrome, asymmetric or asymmetrical crying facies (ACF), 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 327-329, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):cardio-facio-cutaneous (CFC) syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 330-332, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):Coffin-Lowry syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 468-470, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(上巻):cranio-cerebello-cardiac (3C) syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.33, 503-505, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):tracheoesophageal fistula/congenital esophageal atresia, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 743-744, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):tricho-dento-osseous (TDO) syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 745-746, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):trichodermodysplasia-dental defects or alterations, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 747,2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):tricho-hepato-enteric syndrome, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 748-749, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):tricho-odonto-onychial dysplasia, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 750, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):trichoonychodysplasia-xeroderma, 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34, 751, 2001.
  • 石井拓磨, 先天異常症候群辞典(下巻):tricho-rhino-phalangeal syndrome, type I (TRPS I), 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズNo.34,752-754, 2001.
  • 石井拓磨, 小児の症候群:popliteal pterygium症候群(膝窩翼状片症候群), 小児科臨床 Vol.64(Suppl.), 53, 2001.
  • 石井拓磨, 小児の症候群:Carpenter症候群, 小児科臨床 Vol.64(Suppl.),390, 2001.
  • 林 時仲、藤枝憲二:胎児医療の現況と未来展望ー薬物療法ー.産婦人科の世界、5 837-843,2001
  • 伊藤善也、上田修、藤枝憲二:飽食時代と肥満 小児科診療第64巻・第4号・535-540,2001
  • 中江淳、藤枝憲二 : Leprechaunism 症候群、小児の症候群 : 小児科臨床、64(supple):p41, 2001
  • 中江淳、奥原宏治、藤枝憲二 : ヨード濃縮障害とNa+/I- symporter異常症 : 小児内科、33、1671-1673、2001
  • 蒔田芳男 : deletion 3p 小児科診療 64(増刊号)小児の症候群 19, 2001
  • 蒔田芳男 : duplication 15q 小児科診療 64(増刊号)小児の症候群 29, 2001
  • 大森博之、蒔田芳男 : 74. ataxia, Friedreich type 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33先天異常症候群辞典(上巻) 236-237, 2001.
  • 蒔田芳男 : 75 ataxia-hypogonadism syndrome(Boucher-Neuhauser syndrome) 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 238-239, 2001.
  • 蒔田芳男 : 79. axial mesodermal dysplasia 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 246, 2001.
  • 蒔田芳男 : 81. Barber-Say syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33先天異常症候群辞典(上巻) 250, 2001.
  • 蒔田芳男 : 82. bardet-Biedl syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 251-252, 2001.
  • 蒔田芳男 : 83 Barraquer-Simons syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 253, 2001.
  • 蒔田芳男 : 84. Barth syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 254-255, 2001.
  • 蒔田芳男 : 87. Becker nevus syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 261-262, 2001.
  • 蒔田芳男 : 89. Bilginturan syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 266-267, 2001.
  • 蒔田芳男 : 92. bladder extrophy 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 273, 2001.
  • 蒔田芳男 : 93. Blau syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) ,2001.
  • 蒔田芳男 : 94. blepharo-cheilo-dontic(BCD) syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 276, 2001.
  • 蒔田芳男 : diaphyseal dysplasia 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(上巻) 557-558, 2001.
  • 蒔田芳男 : 300. Rieger syndrome 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(下巻) 585-586, 2001.
  • 蒔田芳男 : 390. tricho-rhino-phalandeal syndrome, type III 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(下巻) 757-758, 2001.
  • 蒔田芳男 : 391. Trichothiodystrophy 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo33 先天異常症候群辞典(下巻) 759-760, 2001.
研究業績 > 2001年

その他 (2001年)

  • 藤枝憲二:XY女性の分子遺伝的基盤とその異常、Pediatric Apis No 5, pp2-3, 2001
  • 藤枝憲二:小児科科長として就任するにあたって、旭川医大病院ニュース75:2, 2001
  • 藤枝憲二:小児科学講座教授として就任するにあたって、かぐらおか104:13, 2001
  • 藤枝憲二:教授就任ご挨拶、旭医だより94:3, 2001
  • 藤枝憲二:成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療の実際と展望、Grow Up Support No 5:1-8, 2001
  • 藤枝憲二:乳児の陰唇癒合の成因・予後・治療、日本医事新報、4046:109-110, 2001
  • 藤枝憲二:旭川医科大学小児科教授として就任するにあたって、北海道小児科医会会報17:2-3, 2001
  • 加藤進昌、藤枝憲二:いま、日本の子どもたちは、SCOPE対談327, SCOPE 40:4-9, 2001
  • 藤枝憲二:新任にあたって、旭川医科大学医学部同窓会誌 19号:15-16, 2001
  • 藤枝憲二:旭川医科大学小児科教授として就任するにあたって、扶幼会会報 24:41-43, 2001
  • 沖 潤一,山本美智雄,雨宮 聡,宮本晶恵,藤枝憲二,山縣然太朗,武田康久,衞籐 隆,奥野晃正.小児の心身症の疫学.こどもの心の健康問題ハンドブック(仮),2001
  • 梶野浩樹,「思春期の成長ホルモン分泌不全症患者における心重量、心機能、頸動脈内膜・中膜肥厚度、およびリポ蛋白濃度」という英語論文に対する日本語訳とメディカルコメント,GH World Today 25
  • 伊藤善也(企画):発育評価支援ソフトUpsee ver. 2.0、ファルマシア(株)、東京、2001
  • 伊藤善也(企画):発育評価支援ソフトUpsee ver. 2.1、ファルマシア(株)、東京、2001
  • 伊藤善也(抄訳):メラノコルチン4-受容体変異による肥満症に関する2報、GH World Today、ファルマシア(株)、2001
  • 伊藤善也、奥野晃正:学童用肥満度判定曲線(男、女版)ノボノルディスクファーマ(株)東京、2001
  • 沖 潤一,監修.子どもの心の病を見逃さないで.ヘルシスト.151,第6号,pp20-24,2001
研究業績 > 2001年

報告書 (2001年)

  • 沖 潤一,奥野晃正,宮本晶恵,雨宮 聡,山本美智雄.心の健康問題の有無による症状の出現頻度の比較-全国一斉病院調査の年齢階級・性別毎での検討-.平成12年度厚生科学研究補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書(第2/7)3月,pp356-366,2001
  • 藤枝憲二、阿部修司、田島敏広、中江淳、菅原照夫:変異DAX-1遺伝子の機能解析 厚生科学研究費補助金 副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成12年度研究報告書 pp83-87, 2001
  • 加藤忠明、柳澤正義、青木菊麿、中村敬、田中敏章、斉藤進、中澤真平、澤田淳、内山聖、森川昭廣、石澤瞭、奥野晃正、藤枝憲二、伊藤善也、荻俣弘明、宮田晃一郎、武田修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上条岳彦、飯沼一宇:平成10, 11年度小児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録状況、「小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究」、厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、母子保健情報の登録・管理・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書,pp63-104, 2001
  • 伊藤善也、藤枝憲二、田中敏章、奥野晃正:成長ホルモン治療の登録・評価、「小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究」、厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、母子保健情報の登録・管理・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp162-170, 2001
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、「新生児マス・スクリーニングで発見された症例の追跡 調査に関する研究」、厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、母子保健情報の登録・管理・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp253-257, 2001
  • 田中敏章、藤枝憲二、横谷進、立花克彦、斉藤友博:成長ホルモン治療の現状と評価に関する研究、「小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究」、厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、母子保健情報の登録・管理・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp282-294, 2001
  • 伊藤善也:1型糖尿病の成長特性に関する研究、平成12年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)小児糖尿病・生活習慣病の発症要因、治療、予防に関する研究 平成12年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第4/7)107, 2001
  • 奥野晃正、伊藤善也:内分泌疾患の登録・評価、平成12年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)母子保健情報の登録・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第5/7)131-136, 2001
  • 伊藤善也、藤枝憲二、田中敏章、奥野晃正:成長ホルモン治療の登録・評価、平成12年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)母子保健情報の登録・評価に関する研究、平成12年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第5/7)162-170, 2001
  • 沖 潤一,奥野晃正,宮本晶恵,雨宮 聡,山本美智雄.心の健康問題の有無による症状の出現頻度の比較−全国一斉病院調査の年齢階級・性別毎での検討−.平成12年度厚生科学研究補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書(第2/7),pp356−366, 2001
研究業績 > 2001年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.