研究業績

2002年

著書 (2002年)

  • 藤枝憲二:性腺機能低下症、今日の治療指針 2002年版、多賀須幸男、尾形悦郎監修、医学書院, pp493, 2002
  • 藤枝憲二:性分化異常症の治療、薬物療法、小児、新女性医学大系、第17巻 性の分化とその異常、藤本征一郎担当編集、中山書店、pp301-310, 2002
  • 藤枝憲二:成長ホルモン治療までの手続き、成長障害のマネジメント、藤枝憲二編集、医薬ジャーナル社、pp18-22, 2002
  • 藤枝憲二:Prader-Willi症候群 研究の歴史と今後の課題、Prader-Willi症候群-臨床からケアまで 藤枝憲二編集、診断と治療社、pp1-4, 2002
  • 藤枝憲二:性の分化と性成熟異常-分子メカニズムから臨床へ-, 藤枝憲二著、メデイカルレビュー社、pp1-135, 2002
  • 伊藤善也:成長障害の鑑別と診断の進め方(分類・頻度を含めて)、12-17、成長障害のマネジメント、藤枝憲二編集、医薬ジャーナル、pp12-17, 2002
  • 伊藤善也:Prader-Willi症候群の治療、2.肥満に対する治療(栄養指導の実際)、Prader-Willi症候群-臨床からケアまで、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp97-103, 2002
  • 沖 潤一:Prader-Willi症候群の治療.5.精神遅滞、行動異常に対する対処.Prader-Willi症候群−臨床からケアまで−.藤枝憲二編.pp115−120,2002.診断と治療社
研究業績 > 2002年

原著 (2002年)

  • Aoyama H, Shirato H, Ikeda J, Fujieda K, Miyasaka K, Sawamura Y: Induction chemotherapy followed by low-dose involed-field radiotherapy for intracranial germ cell tumors, J Clin Oncology 20:857-865, 2002.
  • Tajima T, Kobayashi Y, Abe S, Takahashi M, Konno M, Nakae J, Okuhara K, Satoh K, Ishikawa T, Imai T, Fujieda K:Two novel mutations of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter (TSC) gene in two sporadic Japanese patients with Gitelman syndrome, Endocrine J 49:91-96, 2002.
  • Sato K, Hasegawa Y, Nakae J, Nanao K, Takahashi I, Tajima T, Shinohara N, Fujieda K: Hydrochlorothiazide effectively reduces urinary calcium excretion in two Japanese patients with gain-of-function mutations of the calcium-sensing receptor gene, J Clin Endocrinol Metab 87:3068-3073, 2002.
  • Nonomura K, Kakizaki H, Fukuzawa N, Fujieda K, Niikawa N, Koyanagi T: Monozygotic twins with discordant sexual phenotypes due to different ratios of mosaicism of 47,X, idic (Y), idic (Y)/46,X, idic(Y)/45,X, Endocrine J 49:497-501, 2002.
  • Mukai T, Kusaka M, Kawabe K, Goto K, Nawata H, Fujieda K, Morohashi K: Sexually dimorphic expression of Dax-1 in the adrenal gland, Genes to Cells 7: 717-729, 2002.
  • Joint LWPES/ESPE CAH Working Group (Fujieda K, et al): Consensus statement on 21-hydroxylase deficiency from the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Paediatric Endocrinology, J Clin Endocrinol Metab 87:4048-4053, 2002.
  • Nakae J, Biggs III WH, Kitamura T, Wright CVE, Arden KC, Accili D: Regulation of hepatic insulin action and pancreatic β-cell function by mutant alleles of the forkhead transcription factor Foxo1, Nat Genet 32:245-253, 2002.
  • Nakai H, Tanaka T, Maeda T, Takano K, Tsuda N, Izumi N, Ogata N:A case of intracranial arteriovenous fistula in a infant with neurofibromatosis type 1, Child`s Nerv Syst 18: 166-170, 2002
  • Clyman RI, Seidner SR, Kajino H, Roman C, Koch CJ, Ferrara N, Waleh N, Mauray F, Chen YQ, Perkett EA, Quinn T. : VEGF regulates remodeling during permanent anatomic closure of the ductus arteriosus. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 282(1):R199-R206, 2002
  • Goldbarg SH, Takahashi Y, Cruz C, Kajino H, Roman C, Liu BM, Chen YQ, Mauray F, Clyman RI: In utero indomethacin alters O2 delivery to the fetal ductus arteriosus: implications for postnatal patency. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol.282(1):R184-R190, 2002
  • Kajino H, Goldbarg S, Roman C, Liu BM, Mauray F, Chen YQ, Takahashi Y, Koch CJ, Clyman RI: Vasa vasorum hypoperfusion is responsible for medial hypoxia and anatomic remodeling in the newborn lamb ductus arteriosus. Pediatr Res 51: 228-235, 2002
  • Kajino H, Roman C, Clyman RI:Renal Effects of Cyclooxygenase-2 Inhibition in Fetal Lambs. Biol Neonate 82(4):257-262, 2002
  • Nishimura G, Nishimura H, Tanaka Y, Makita Y, Ikegawa S, Ghadami M, Kinoshita A, Niikawa N: Camurati-Engelamnn disease type II: progressive diaphyseal dysplasia with striations of the bones. Am J Med Genet 107:5-11, 2002
  • Kurotaki N, Imaizumi K, Harada N, Masuno M, Kondoh T, Nagai T, Ohashi H, Narutomi K, Tsukahara M, Makita Y, Sugimoto T, Sonoda T, Hasegawa T, Chinen Y, Tomita H, Kinoshita A, Mixuguchi T, Yoshiura K, Ohta T, Kishino T, Fukushima Y, Niikawa N, Matsumoto N: Haploinsufficiency of the NSD1 gene causes Sotos syndrome. Natute Genetics. 30:365-366,2002
  • Nakamura T, Saionji K, HiejimaY, Hirayama H, Tago K, Takano H, Tajiri M, Hayashi K, Kawabata M, Funamizu M, Makita Y, Hata A: Methylenetetrahydrofolate reductase genotype, vitamin B12, and folate influence plasma homocysteine in hemodialysis patients. Am J Kidney Dis 39:1032-9(2002)
  • Ohmori H, Makita Y, Funamizu M, Hirooka K, Hosoi T, Orimo H, Suzuki T, Ikari K, Nakajima T, Inoue I, Hata A: Linkage and association analyses of the osteoprotegerin gene locus with human osteoporosis, J Hum Genet. 47:400-6(2002)
  • Kakuya F, Shirai M, Takase M, Ishii N, Ishioka T, Kasamo M, Kawamura M, Sasaki K, Hayashi T: Relationship between erythropoietin levels both in cord serum and amniotic fluid at birth and abnormal fetal heart rate records. Pediatrics International 44:414-419, 2002
  • Li BS, Zhang L, Takahashi S, Ma W, Jaffe H, Kulkarni AB, Pant HC: Cyclin-dependent kinase 5 prevents neuronal apoptosis by negative regulation of c-Jun N-terminal kinase 3. EMBO J 21: 324-333, 2002
  • Ohshima T, Ogawa M, Takeuchi K, Takahashi S, Kulkarni AB, Mikoshiba K: Cyclin-dependent kinase 5/p35 contributes synergistically with Reelin/Dab1 to the positioning of facial branchiomotor and inferior olive neurons in the developing mouse hindbrain. J Neurosci 22: 4036-4044, 2002
  • 上田 修、伊藤善也、菅原順子、中野康子、大見広規、石井琢磨、奥野晃正、藤枝憲二: 居住地区別肥満者頻度:北海道別海町における検討, 小児保健研究 61:440-444, 2002.
  • 木下英一、猪股弘明、岡田泰助、小川英伸、楠田 聡、税所純敬、田島敏広、立花克彦、 田中敏章、西美和、藤枝憲二:先天性副腎皮質過形成症の出生前診断・治療に関する アンケート調査, ホルモンと臨床 50:1157-1163, 2002.
  • 向井徳男、諸橋憲一郎、藤枝憲二:マウス副腎におけるDax-1の発現制御, ホルモンと臨床 50:1177-1184, 2002.
  • 奥原宏治、阿部修司、田島敏広、向井徳男、中江 淳、藤枝憲二:StAR, LHβ遺伝子プロモーターを用いた変異DAX-1の機能解析, ホルモンと臨床 50:1185-1190, 2002.
  • 鈴木 節、作田英成、安田浩子、藤枝憲二、向井徳男、松熊 晋、大道雄一郎、三上 篤、 藤崎 誠、山森俊治、伊東貞三:無症候性21-hydroxylase部分欠損症の1例、医学と薬学 47(5):821-829, 2002.
  • 上田 修: 病児のチャイルドシート着用率:地方病院小児科受診者の検討. 臨床小児医学 50:87-89, 2002.
  • 沖 潤一、宮本晶恵、雨宮 聡、山本美智雄、藤枝憲二、橋詰清隆、林恵充、三井宣幸、田中達也:手術によりてんかん発作がコントロールされた左前頭葉 のfocal cortical dysplasia の臨床症状、画像所見、知能検査、脳波所見の推移について, 日本薬物脳波学会雑誌4(1):70-72, 2002
  • 沖 潤一、熊谷百祐、雨宮 聡、山本美智雄、宮本晶恵、藤枝憲二:虐待の確定に至ら
    ず自宅に戻した硬膜下出血2乳児例の経過について. 小児の脳神経28(1):12−15,2003
  • 大日向純子、長谷川 毅、神山 潤: 多彩な臨床症状を呈し銅の不足が症状悪化をまねいたmyoclonus epilepsy with ragged-red fibersの1例. 脳と発達34(5):427-430, 2002
  • 田中 肇, 角谷諭美, 荒木章子, 福田郁江, 岡 隆治, 長 和彦:重度痙直型四肢麻痺児の睡眠障害に対するメラトニンと少量フルニトラゼパム併用療法ー睡眠ポリグラフによる有効性の評価ー. 脳と発達 34:528-532, 2002
  • 荒木章子, 宮尾益知, 仲元なつ恵, 小池敏秀, 長 和彦:視覚・聴覚個別刺激および同時刺激による事象関連電位の検討ー健常成人についてー. 臨床神経生理学30(1):55-59, 2002
  • 杉本昌也、大久保淳、小久保雅代、佐藤 敬、梶野真弓、白井 勝、坂田 宏、丸山静男:Haemophilus influenzaeの子宮内感染により、敗血症を呈した低出生体重児の2例.日本新生児学会雑誌 ;38(4):826-832, 2002.
  • 長屋 建、田中真也、北島博之、藤村正哲:超低出生体重児のBUN値と修正1歳6か月時の発育、発達、日本未熟児新生児学会誌 14(2):85-91,2002
  • 林 憲一、佐藤順一、梶野浩樹、津田尚也、秀毛範至、真鍋博美、藤枝憲二:肺動脈分枝狭窄のカテーテル治療に伴う局所肺血流量変化-Dynamic肺血流SPECTによる検討. 日本小児循環器学会雑誌18:382-387, 2002
  • 林 憲一、梶野浩樹、津田尚也、真鍋博美、林 時仲、藤枝憲二:先天性門脈循環シャントに対する 0.052インチGianturcoコイルを用いた塞栓術. 日本小児循環器学会雑誌18:577-580, 2002
研究業績 > 2002年

総説 (2002年)

  • 藤枝憲二、伊藤善也:LH受容体不活性化型変異による男子仮性半陰陽および活性化型変異による家族性男性思春期早発症、日本臨床 60:265-271, 2002
  • 村下真理、田島敏広、中江 淳、藤枝憲二:インスリン受容体遺伝子異常による妖精症 (Leprechaunism)、日本臨床 60:344-349, 2002
  • 藤枝憲二:5αレダクターゼ欠損症、17β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素欠損症とその分子病態、Pharama Medica 20:101-105, 2002
  • 藤枝憲二:アロマターゼ欠損症、エストロゲン受容体異常症とその分子病態、Pharama Medica 20:107-111, 2002
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症新生児マススクリーニング検査の実績. 産科と婦人科69:206-211, 2002
  • 藤枝憲二:思春期早発症、思春期遅発症、検査計画法、総合臨床 51 (Suppl):565-572, 2002
  • 藤枝憲二:いつ、どのように性腺疾患を疑うか、medicina 39:1286-1289, 2002
  • 藤枝憲二:副腎皮質機能異常症、日本内科学会雑誌 91:1172-1178, 2002
  • 藤枝憲二:早熟傾向、内分泌疾患診療マニュアル(監修・編集 関原久彦、高見 博、西川哲男、藤枝憲二、金澤康徳、村勢敏郎)、日本医師会雑誌 127:S128-S129, 2002
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、内分泌疾患診療マニュアル(監修・編集 関原久彦、高見 博、西川哲男、藤枝憲二、金澤康徳、村勢敏郎)、 日本医師会雑誌 127:S236-S239, 2002
  • 藤枝憲二:思春期早発症、小児疾患診療のための病態生理1, 小児内科 34:613-620. 2002
  • 田島敏広、藤枝憲二:男性性早熟症 , ホルモンと臨床 50:11-16, 2002
  • 中江 淳、蒔田芳男、藤枝憲二:Down症候群と糖尿病 内分泌.糖尿病科 15:526-527, 2002
  • 中江 淳、藤枝憲二:小児糖尿病、実践診断指針、出月康夫、石井裕正、跡見 裕、神保勝一、 橋本信也監修・編集、 日本医師会雑誌 128:298-299, 2002
  • 上田 修、藤枝憲二:高尿素血症、小児科 43:45-49, 2002
  • 伊藤善也:小児期における生活習慣病予備軍への対処法について教えてください。学校医業務のコツ、治療 84(8):84-85, 2002
  • 伊藤善也、横尾美和子:幼児肥満の具体的対策(3)肥満予防対策から子どもの健康を見守る活動へ ―幼児の身長体重曲線が意図するものー、臨床栄養 101(2):143, 2002
  • 沖 潤一、宮本晶恵、長和彦:広汎性発達障害とてんかん. 小児内科34(6):1023- 1026, 2002
  • 沖 潤一:LDとADHDに共通の諸問題−心身症―. 小児科診療65(6):971-974, 2002
  • 沖 潤一:子どものこころとからだ −心身症−. チャイルドヘルス5(7):491-493, 2002
  • 沖 潤一:言語発達の遅れ −自閉症を中心に−. 薬の知識53(7):180-183, 2002
  • 沖 潤一:どう判断する?腹痛を訴える小中学生. 小児科情報12:1-3, 2002
  • 長屋 建、林 時仲、藤枝憲二、北島博之:超低出生体重児栄養状態の生化学的評価方法. 小児科 43(11):1706-1710, 2002
  • 蒔田芳男: 新生児一過性糖尿病. 小児内科 34:1676-1680, 2002
  • 梶野浩樹, Ronald I. Clyman: 周産期における動脈管の制御 日本小児循環器学会雑誌18(3):364-371, 2002
研究業績 > 2002年

その他 (2002年)

  • 切手が語る糖尿病の歴史と展望、藤枝憲二監訳、ノボノルデイスクファーマ(株)、pp1-32, 2002
  • 藤枝憲二:小児科医にとって、ゲノム配列が決定されたことの意味とは、PRISM 14:6, 2002
  • 藤枝憲二:小児科臨床に導入できるゲノム研究とは、PRISM 15:6, 2002
  • 藤枝憲二:小児科領域における「ありふれた病気」とは、PRISM 16:6, 2002
  • 藤枝憲二:小児科領域における「個人化医療」の展望、PRISM 17:6, 2002
  • 藤枝憲二:成長障害の遺伝的基盤、PRISM 18:6, 2002
  • 藤枝憲二:20世紀が生んだ最大の臨床内分泌学者Fuller Albrightから学ぶ、北海道医報、1000:59, 2002
  • 藤枝憲二:第84回米国内分泌学会Congress report on GH No6、最も重篤な例は大動脈解離と破裂であり、適切なモニタリングが強く勧告される。藤枝憲二監修
  • 藤枝憲二:胚細胞腫による成長障害、成長曲線は語る、成長障害をきたす小児疾患-症例と解説集、藤枝憲二監修、ジャパンメデイアートパブリッシング
  • 伊藤善也、藤枝憲二、奥野晃正:幼児の身長体重曲線(シート)、(財)母子衛生研究会、2002
  • 伊藤善也、藤枝憲二、奥野晃正:幼児の身長体重曲線(パネル)、(財)母子衛生研究会、2002
  • 伊藤善也(指導)、立花克彦(監修):Growth Cal 、ノボノルディスクファーマ(株)、2002
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:幼児用肥満度計算ノモグラム、母子保健事業団、2002
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:学童用肥満度判定曲線、少年写真新聞社、2002
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:学童用肥満度計算ノモグラム、少年写真新聞社、 2002
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:肥満度判定曲線、ノボノルディスクファーマ(株)、2002
  • 伊藤善也、奥野晃正、藤枝憲二:学童用肥満度計算ノモグラム、ノボノルディスクファーマ(株)2002
  • 伊藤善也:肥満度判定曲線を使った肥満・および肥満予防指導、少年写真新聞社, pp1-17, 2002,
  • 佐藤孝平、奥原宏治、田島敏広、藤枝憲二:ターナー女性の骨密度の検討-女性ホルモン補充による変化について、第19回小児代謝性骨疾患研究会報告書、pp47-50, 2002
  • 矢野公一、杉本昌也、片野俊英、引地明大、佐々木 彰、瀧本昌俊、境野環樹、鈴木 豊、藤枝憲二:乳児のおける血中および母乳中ビタミンD濃度の検討、第19回小児代謝性骨疾患研究会報告書、pp61-66, 2002
研究業績 > 2002年

報告書 (2002年)

  • 藤枝憲二、奥原宏治、田島敏広、阿部修司、中江 淳:変異DAX-1遺伝子の機能解析,厚生科学研究費補助金 副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成11〜13年度研究報告書 pp526-64, 2002
  • 藤枝憲二、奥原宏治、田島敏広、阿部修司、中江 淳:LHβ遺伝子プロモーターを用いた変異DAX-1蛋白の機能解析 厚生科学研究費補助金 副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成13年度研究報告書 pp87-92, 2002
  • 藤枝憲二:内分泌疾患の登録・評価、「小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究」厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成13年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp180-188, 2002
  • 藤枝憲二:Prader-Willi症候群の診断と成長ホルモン治療基準に関する研究、厚生科研究 (子ども家庭総合事業)、「成長ホルモン治療の適正化に関する研究」、平成13年度厚生生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp635-641, 2002
  • 加藤忠明、柳澤正義、青木菊麿、斉藤 進、中澤真平、澤田 淳、山本圭子、内山 聖、森川昭廣、石澤 瞭、藤枝憲二、伊藤善也、猪股弘明、立花克彦、宮田晃一郎、武井修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上条岳彦、飯沼一宇:平成10〜 12年度小児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録状況、「小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究」、厚生科学研究 (子ども家庭総合事業)、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成13年度厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業)報告書, pp127-160, 2002
  • 伊藤善也:成長ホルモン治療の登録・評価・に関する研究、平成13年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)母子保健情報の登録・評価に関する研究、平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第4/7)189-193, 2002
  • 伊藤善也:小児1型糖尿病の成長特性に関する研究:コントロールと身長増加、平成13年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究、平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第4/7)pp428-431, 2002
  • 藤枝憲二, 田中弘之、五十嵐裕、島津 章、立花克彦、谷澤隆邦、寺本 明、西 美和、長谷川行洋、羽二生邦彦、肥塚直美、平野岳毅、藤田敬之助、横谷 進:成長ホルモン療法の治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究、成長科学協会研究年報 25:1-5, 2001
  • 立花克彦、勝又規行、島津 章、對馬敏夫、肥塚直美、藤枝憲二、横谷 進:成長ホルモン (GH)および関連因子の測定に関する研究、成長科学協会研究年報 25:7-10, 2001
  • 伊藤善也、蒔田芳男、藤根美穂、上田修、向井徳男、中江 淳、羽田 明、藤枝憲二:思春期発来の遺伝的制御機構:LH/CG受容体およびGnRH受容体多型の役割、成長科学協会研究年報25:185-188, 2001
  • 沖 潤一、山本美智雄、雨宮 聡、宮本晶恵、藤枝憲二、山縣然太朗、武田康久、衞籐 隆、奥野晃正:小児の心身症の疫学. 平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業) 報告書, pp82−85, 2002
  • 羽田 明、菊池健次郎、島本和明、梅村 敏、藤田敏郎、江藤胤尚、小川久雄、村谷博美、杉山卓郎、志度晃一、山縣然太郎、塩飽邦憲、高橋規郎、井ノ上逸郎、蒔田芳男:高血圧発症関連遺伝子群の解明、文部科学省科学研究費特定領域研究「ゲノム」4領域 2001年度報告書92-93, 2002
  • 沖 潤一:小児の心身症の疫学.子どもの心の健康問題ハンドブック.小児心身症対策の推進に 関する研究班編.pp11−15,2002 平成14年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究)「小児心身症対策の推進に関する研究」班
研究業績 > 2002年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.