研究業績

2003年

著書 (2003年)

  • Ranke MB, Keizer-Scharma de Muinck SMPF, Fujieda K:Management of girl with Turner syndrome. SCIENS Worldwide Medical Education Network, pp1-24, 2003 U.S.A
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、内分泌・代謝疾患の治療と看護、対馬敏夫、高野加寿恵、小原孝男、東光編集、南江堂、pp222-228, 2003
  • 藤枝憲二:女子性腺機能低下症、内分泌・代謝疾患の治療と看護、南江堂、対馬敏夫、高野加寿恵、小原孝男、東光編集、南江堂、pp238-242, 2003
  • 藤枝憲二:低身長、今日の治療指針 2002年版、山口徹、北原光夫総編集、医学書院、pp936, 2003
  • 藤枝憲二:発育障害、内科学、杉本恒明、小俣政男、水野美邦総編集、朝倉書店、pp212-215, 2003
  • 藤枝憲二:Klinefelter症候群、Turner症候群、外来診療のすべて、高久史麿総監修、溝口秀昭、矢崎義雄、狩野庄吾、武藤徹一郎監修、Medical View社、pp702-703, 2003、
  • 藤枝憲二:挨拶-患者・家族・同僚・コメデイカルへ、小児科研修医ノート、五十嵐隆、渡辺博、田原卓治編集、診断と治療社、pp96-97, 2003
  • 藤枝憲二:成長ホルモン分泌不全性低身長症、今日の小児治療指針、大関武彦、古川漸、横田俊一郎編集、医学書院、pp169, 2003
  • 伊藤善也:下垂体巨人症と末端肥大症、今日の小児治療指針(第13版)、医学書院、東京、p172、2003
  • 伊藤善也(監修):からだのしくみ図解事典、永岡書店、2003年
  • 蒔田芳男:Wiedemann-Beckwith症候群(5.染色体異常、奇形症候群、遺伝カウンセリング)今日の小児治療指針 第13版、大関武彦、古川 漸、横田俊一郎 編集、医学書院、pp146、
  • 羽田明、蒔田芳男:遺伝医療サービスおよび遺伝子研究に関する倫理ガイドラインと今後の課題、遺伝子医学別冊「遺伝子医学の基礎知識」、本庶佑 監修、メディカルドウ、pp101-106、2003
研究業績 > 2003年

原著 (2003年)

  • Tajima T, Hattori T, Nakajima T, Okuhara K, Sato K, Abe S, Nakae J, Fujieda K:Sporadic heterozygous frameshift mutation of HESX1 causing pituitary and optic nerve hypoplasia and combined pituitary hormone deficiency in a Japanese patient. J Clin Endocrinol Metab 88:45-50, 2003
  • Kawajiri K, ikuta T, Suzuki T, Kusaka M, Muramatsu M, Fujieda K, Tachibana M, Morohashi K:Role of the LXXLL-motif and AF2 domain in subcellular localization of Dax-1 Mol Endocrinol 17:994-1004, 2003
  • Tajima T, Okuhara K, satoh K, Nakae J, Fujieda K:Two novel aquaporin-2 mutations in a sporadic Japanese patient with autosomal recessive nephrogenic diabetes insipidus, Endocrine J 50:473-476, 2003
  • Ogawa E, Fujieda K, Tachibana K, Inomata H, Kinoshita E, Kusuda S, Nishi M, Okada T, Saisho S, Tajima T, Tanaka T:Mortality in patients with congenital 21-hydroxylase deficiency diagnosed after the introduction of a newborn screening program in Japan, Clin Pediatr Endocrinol 12:19-23, 2003
  • Takezaki T, Nakai S, Tajima T, Okuhara K, Satoh K, Iwasaki Y, Fujieda K:A case of achondroplasia associated with cervicomedullary-junction compression, Clin Pediatr Endocrinol 12:39-42, 2003
  • Fujieda K, Okuhara K, Abe S, Tajima T, Mukai T, Nakae J:Molecular pathogenesis of lipoid adrenal hyperplasia and adrenal hypoplasia congenita, J Steroid Biochem & Molec Biology 85:483-489, 2003
  • Tajima T, Sasaki S, Tanaka Y, Kusunoki H, Nagashima T, Nonomura K, Fujieda K:46, XY phenotypic male with focal segmental glomeruloscrerosis caused by the WT1 splice site mutation, Horm Res 60:302-305, 2003
  • Ueda O, Fujine M, Mukai T, Ito Y, Fujieda K: A male patient with severe growth retardation, immunodeficiency and diabetes mellitus: a new syndrome?, Clin Pediatr Endocrinol 12(Suppl 20): 47-49, 2003
  • Tajima T, Nakae J, Fujieda K:Two heterozygous mutations of CLDN16 in a Japanese patient with FHHNC, Pediatr Nephrol 18:1280-1282, 2003
  • Mizusaki H, Kawabe K, Mukai T, Ariyoshi E, Kasahara M, Yoshioka H, Swain A, and Morohashi K: Dax-1 (dosage-sensitive sex reversal-adrenal hypoplasia congenita critical region on the X chromosome, gene 1) gene transcription is regulated by Wnt4 in the female developing gonad, Mol Endocrinol 17: 507-519, 2003
  • Tanaka H, Habaguchi T, Nagaoka Y, Oki J, Takakusaki K:Effect of melatonin and diazepam on eye movement and postural muscle tone in decerebrate cats, Sleep and Biological Rhythms 1:203-208, 2003
  • Takakusaki K, Habaguchi T, Ohinata-Sugimoto J, Saitoh K, Sakamoto T:Basal ganglia efferents to the brainstem centers controlling postural muscle tone and locomotion: a new concept for understanding motor disorders in basal ganglia dysfunction, Neuroscience 119:293-308, 2003
  • Kohyama J, Hasegawa T, Ohinata JS:Glucose metabolism in sleep disordered breathing, Arch Dis Child 88: 89, 2003
  • Kohyama J, Ohinata JS, Hasegawa T:Blood pressure in sleep disordered breathing, Arch Dis Child 88: 139-42, 2003
  • Uenaka A, Hirano Y, Hata H, Win S, Aji T, Tanaka M, Ono T, Skipper JC, Shimizu K, Nakayama E: Cryptic CTL epitope on a murine sarcoma Meth A generated by exon extension as a novel mechanism, J Immunol 170:4862-4868, 2003
  • Murono K, Hirano Y, Koyano S, Ito K, Fujieda K: Molecular comparison of bacterial isolates from blood with strains colonizing pharynx and intestine in immunocompromised patients with sepsis, J Med Microbiol 52:527-530, 2003
  • Koyano S, Mar EC, Stamey FR, Inoue N. Glycoproteins M and N of human herpesvirus 8 form a complex and inhibit cell fusion, J Gen Virol. 84: 1485-91,2003
  • Inoue N, Winter J, Lal RB, Offermann MK, Koyano S. Characterization of entry mechanisms of human herpesvirus 8 by using an Rta-dependent reporter cell line, J Virol. 77: 8147-52,2003
  • Ohmori H, Makita Y, Funamizu M, Chiba S, Ohtani K, Suzuki Y, Wakayama N, Hata A:Haplotype analysis of human collectin placent 1(hCL-P1)gene, J Hum Genet 48:82-5, 2003
  • Nagai T, Matsumoto N, Kurotaki N, Harada N, Niikawa N, Ogata T, Imaizumi K, Kurosawa K, Kondoh T, Ohashi H, Tsukahara M, Makita Y, Sugimoto T, Sonoda T, Yokoyama T, Uetake K, Sakazume S, Fukushima Y, Naritomi K:Sotos syndrome and haploinsufficiency of NSD1: clinical features of intragenic mutations and submicroscopic deletions, J Med Genet 40:285-9, 2003
  • Igarashi S, Makita Y, Hikichi T, Mori F, Hanada K, Yoshida A:Association of keratoconus and Avellino corneal dystrophy, Br J Ophthalmol 87:367-8, 2003
  • Kurotaki N, Harada N, Shimokawa O, Miyake N, Kawame H, Uetake K, Makita Y, Kondoh T, Ogata T, Hasegawa T, Nagai T, Ozaki T, Touyama M, Shenhav R, Ohashi H, Medne L, Shiihara T, Ohtsu S, Kato Z, Okamoto N, Nishimoto J, Lev D, Miyoshi Y, Ishikiriyama S, Sonoda T, Sakazume S, Fukushima Y, Kurosawa K, Cheng JF, Yoshiura K, Ohta T, Kishino T, Niikawa N, Matsumoto N:Fifty microdeletions among 112cases of Sotos syndrome: low copy repeats possibly mediate the common deletion, Hum Mutat 22:378-87, 2003
  • Takahashi S, Saito T, Hisanaga S, Pant HC, Kulkarni AB: Tau phosphorylation by cyclin-dependent kinase 5/p39 during brain development reduces its affinity for microtubules. J Biol Chem 278: 10506-10515, 2003 Li BS, Ma W, Jaffe H, Zheng Y, Takahashi S, Zhang L, Kulkarni AB, Pant HC: Cdk5 is involved in neuregulin-dependent activation of PI-3 kinase and Akt activity mediating neuronal survival. J Biol Chem 278: 35702-35709, 2003
  • 田中敏章、藤枝憲二、横谷進、西美和、立花克彦、長谷川行洋、一色玄:高インスリン血性低血糖症に対するdiazoxideの有効性と安全性、日本小児科学会雑誌 107:29-34, 2003
  • 上田修:病児のチャイルドシート着用率:大学病院受診者の検討、救急医学27(2):242-244, 2003
  • 向井徳男、上田修、藤根美穂、中江淳、伊藤善也、澤村豊、高橋博之、今野武津子、佐藤孝平、藤枝憲二:PRKAR1A遺伝子の解析を行なったCarney complexの1例、ホルモンと臨床51:181-185, 2003
  • 伊藤善也、藤根美穂、上田修、向井徳男、中江淳、藤枝憲二:小児期1型糖尿病患者の内科転科に関する患者意識調査、北海道小児保健研究会誌 平成15年度:19-22, 2003
  • 長和彦、福田郁江、田中肇、宮本晶恵、岡隆治:重症心身障害児のてんかんとその管理、小児内科 35:346-348, 2003
  • 沖潤一、熊谷百祐、雨宮聡、山本美智雄、宮本晶恵、藤枝憲二:虐待の確定に至らず自宅に戻した硬膜下出血2乳児例の経過について、小児の脳神経28:12−15, 2003
  • 沖潤一:乳幼児健診の成人に至るまでの長期フォローアップについて、北海道小児保健研究会会誌 平成15年度:13−18, 2003
  • 田中肇、福田郁江、宮本晶恵、岡隆治、長和彦:睡眠障害に対してtizanidineが著効したAngelman症候群の1例.日本小児科学会雑誌 107:508-510, 2003
  • 荒木章子、宮尾益知、角谷諭美、長和彦:早産低出生体重児出身の痙直型両麻痺児における事象関連電位P300、臨床脳波 45:244-245, 2003
  • 白井勝、中村英記、佐藤敬、梶野真弓、坂田宏、丸山静男、沖潤一、荒木章子、宮本晶恵:旭川厚生病院NICUにおける超低出生体重児の神経学的長期予後、日本新生児学会雑誌39:488−493, 2003
  • 松本秀彦、荒木章子、諸冨隆:ADHD児の反応抑制時における中枢処理活動の特徴?CPT課題におけるNOGO試行に対するNOGO電位とP3からの検討、臨床脳波 45:579-584, 2003
  • 阿部裕樹、本間丈成、岩渕晴子、阿部時也、今田研生、蒔田芳男:新生児糖尿病3例の6番染色体と臨床経過の検討、日本小児科学会雑誌 107:1097-1101, 2003
研究業績 > 2003年

総説 (2003年)

  • 中江淳、蒔田芳男、藤枝憲二:Down症候群と糖尿病、内分泌・糖尿病科15:525-527, 2003
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症の分子病態、旭川医科大学研究フォーラム3:1:52-60, 2003
  • 藤枝憲二:中枢性性早熟症、ホルモンと臨床51:189-196, 2003
  • 藤枝憲二:性腺、日本内科学会雑誌92:583-588, 2003
  • 中江淳、藤枝憲二:ノックアウトマウスから学べる2型糖尿病の成因、小児科診療6:983-993, 2003
  • 藤枝憲二:内分泌疾患原因遺伝子の解明ー成長にかかわる遺伝子とその異常、小児医療の最前線、医学のあゆみ 206:572-578, 2003
  • 藤枝憲二、向井徳男:先天性副腎リポイド過形成症および先天性副腎低形成症の分子病態, ホルモンと臨床 ステロイドホルモン研究の進歩、'04冬季増刊号、pp120-125, 2003
  • 伊藤善也、藤枝憲二:肥満、小児科診療66(11):1913-1919, 2003
  • 伊藤善也、藤枝憲二:SIADH、小児内科35(11):1851-1854, 2003
  • 伊藤善也、藤枝憲二:母子保健(地域保健)と肥満、小児科臨床56(12):203-211, 2003
  • 沖潤一:心因性の発熱、小児内科35:69-71, 2003
  • 沖潤一:憤怒けいれんの診療のポイント、小児内科35:299-301, 2003
  • 沖潤一:子どもの心身症の疫学、からだの科学231:18-21, 2003
  • 沖潤一:心身症による子どもの腹痛、頭痛の臨床20:1069, 2003
  • 林時仲、藤枝憲二:周産期薬物マニュアル.神経系薬剤3)筋弛緩薬、周産期医学33増刊号:784-786, 2003
  • 竹田津原野:周産期マニュアル.神経系薬剤 4)脳浮腫治療薬.周産期医学、33増刊号:787-788, 2003
研究業績 > 2003年

その他 (2003年)

  • 藤枝憲二:第37回日本小児内分泌学会会長インタビュー、教育医事新聞、平成15年8月25日号
  • 伊藤善也:クローン病、シリーズ7、成長曲線は語る 成長障害をきたす小児疾患―症例と解説集、住友製薬、2003年
  • 伊藤善也:潰瘍性大腸炎、シリーズ7、成長曲線は語る 成長障害をきたす小児疾患―症例と解説集、住友製薬、2003年
  • 伊藤善也:小児の肥満についてご解説ください、成長障害診療Q&A、ノボノルディスクファーマ(株)、2003年
  • 伊藤善也:ほのぼの相談室 適正な体重はどのくらい?、ほのぼのフレンド、ノボノルディスクファーマ(株)、2003年
  • 伊藤善也:書籍の紹介 藤枝憲二著 性の分化と性成熟異常―分子メカニズムから臨床へ―、旭川医科大学研究フォーラム、旭川医科大学、pp.71, 2003年
研究業績 > 2003年

報告書 (2003年)

  • 藤枝憲二、向井徳男、中江淳:Forkhead transcription factor Foxo1の副腎および性腺における発現/機能に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業) 副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成14年度研究報告書 pp115-118、平成15年3月
  • 藤枝憲二:Prader-Willi症候群の診断と成長ホルモン治療基準に関する研究, 厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、成長ホルモン治療の適正化に関する研究、平成14年度研究報告書、pp28-31、平成15年3月
  • 沖潤一、藤枝憲二、北畑歩、大日向純子、山本美智雄、雨宮聡、荒木章子:疲れやすいと訴える子どもの高次脳機能に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、思春期の保健対策の強化及び健康教育の推進に関する研究、平成14年度研究報告書、pp8-10、平成15年3月
  • 藤枝憲二:内分泌疾患の登録/評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録/管理/評価に関する研究、平成14年度研究報告書、pp132-139、平成15年3月
  • 加藤忠明、柳沢正義、青木菊麿、内山聖、斉藤進、中澤眞平、澤田淳、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、伊藤善也、猪股弘明、立花克彦、武井修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上條岳彦、飯沼一宇、小林昭夫、伊藤龍子、掛江直子、桶浦誠:平成10〜13年度小児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録状況、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録/管理/評価に関する研究、平成14年度研究報告書、pp63-92、平成15年3月
  • 加藤忠明、柳沢正義、青木菊麿、内山聖、斉藤進、中澤眞平、澤田淳、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、伊藤善也、猪股弘明、立花克彦、武井修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上條岳彦、飯沼一宇、小林昭夫、伊藤龍子、掛江直子、桶浦誠:小児慢性特定疾患医療意見書の改正案、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録/管理/評価に関する研究、平成14年度研究報告書、pp93-109、平成15年3月
  • 田中敏章、横谷進、藤枝憲二、西美和、立花克彦、長谷川行洋、松浦信夫:日本小児内分泌学会「小児等の特殊患者群に対する医薬品の用法及び用量の確立に関する研究」厚生労働科学研究、厚生労働省医薬安全総合研究事業、小児等の特殊患者群に対する医薬品の用法及び用量の確立に関する研究、平成14年度研究報告書、pp265-275, 平成15年4月
  • 横谷進、藤枝憲二、島津章、立花克彦、田中弘之、谷澤隆邦、寺本明、西美和、長谷川行洋、羽二生邦彦、肥塚直美、平野岳毅、藤田敬之助:成長ホルモン療法の治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究」、成長科学協会研究年報 26:1-5, 2002
  • 紫芝良昌、伊藤善也、上田修、中江淳、藤枝憲二、藤根美保、向井徳男、大橋俊則、布施養善、Zimmermann MB, Hess SY, Molinari L, de Beneoist B, de Lange F, Braverman L, Pearce E, Jooste PL, Moosa K, Pretell EA:ヨード摂取と甲状腺機能(学童/妊婦/出生児)に関する臨床的研究、成長科学協会研究年報26:53-69, 2002
  • 立花克彦、勝又規行、島津章、肥塚直美、藤枝憲二、横谷進:成長ホルモン療法ならびに関連因子の測定に関する研究、成長科学協会研究年報 26:7-11, 2002
  • 沖潤一、大日向純子、雨宮聡、山本美智雄、荒木章子、林時仲、伊藤善也、藤枝憲二、田中肇:低身長児および知的障害児の対人認知とQOLに関する研究;子宮内発育遅延(IUGR)、低身長児の広汎性発達障害、注意欠陥/多動性障害に占める割合と認知、行動の問題について、成長科学協会研究年報26:87-92, 2002
  • 伊藤善也、上田修、藤根美穂、向井徳男、中江淳、藤枝憲二:ヨード摂取と甲状腺機能に関する研究:学童の甲状腺容積と尿中ヨード排泄量に関する研究、成長科学協会研究年報26:56-61, 2002
  • Zimmermann MB(スイス), Hess SY, Molinari L, de Benoist B, de Lange F, Braverman L, Pearce E, Jooste PL, Moosa K, Pretell EA, 伊藤善也, 紫芝良昌:ヨード摂取の十分な地域における学童の甲状腺容積に関する研究 新たなWHO基準値の策定を目指して、成長科学協会研究年報26:70-85, 2002
  • 伊藤善也:小児期発症1型糖尿病患者の内科移行に関する意識調査、平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)糖尿病及び生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究/小児1型糖尿病児の学校、社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究 平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第3/11)486-488, 2003
  • 伊藤善也:成長ホルモン治療の登録・評価に関する研究、平成14年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第3/11)、140-146, 2003
  • 加藤忠明、秦順一、味木和喜子、掛江直子、伊藤善也、斎藤進、伊藤龍子、住友眞佐美、瀧口俊一、竹内義廣、中島正夫、益本義久:平成14年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、小児難治性疾患の登録システムの現状分析とあるべきシステムの構築、小児難治性疾患登録システムの構築に関する研究、平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第5/11), 511-517, 2003
  • 沖潤一、藤枝憲二、土屋映美、箭原希実、大日向純子、角谷諭美、山本美智雄、雨宮聡、荒木章子、田中肇:平成13〜15年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)「思春期の保健対策の強化及び健康教育の推進に関する研究」(主任研究者:三池輝久).分担研究者 沖潤一、「疲れやすいと訴える子どもの高次脳機能に関する研究」平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書(第3/11)8-10、2003
  • 沖潤一、大日向純子、雨宮聡、山本美智雄、荒木章子、林時仲、田中肇、伊藤善也、藤枝憲二:子宮内発育遅延(IUGR)、低身長児の広汎性発達障害、注意欠陥/多動性障害に占める割合と認知・行動の問題について、成長科学協会研究年報平成14年度(第26号):87-92
研究業績 > 2003年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.