研究業績

2004年

著書 (2004年)

  • Fujieda K, Nakae J, Mukai T:3β-hydroxysteroid dehydrogenase deficiency. Encyclopedia of Endocrine Disease. Academic Press (Martini L eds) Vol 2. pp498-503, 2004
  • 藤枝憲二:成長の障害と内分泌疾患、五十嵐隆編、小児科学、改訂第 9 編、文光堂、 pp308-372, 2004
  • 藤枝憲二: GnRH 療法、臨床に直結する内分泌・代謝疾患治療のエビデンス、阿部好文、西川哲男編集、文光堂  pp8-11, 2004
  • 藤枝憲二: LHRH アナログ、臨床に直結する内分泌・代謝疾患治療のエビデンス、阿部好文、西川哲男編集、文光堂  pp29-30, 2004
  • 藤枝憲二:ヒドロコルチゾン経口薬、臨床に直結する内分泌・代謝疾患治療のエビデンス、阿部好文、西川哲男編集、文光堂  pp8-11, 2004
  • 藤枝憲二:副腎性器症候群、今日の治療指針 2004 年版、山口徹、北原光夫総編集、医学書院、 pp538, 2004
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症 , 今日の治療と看護、水島裕、黒川清総編集、南江堂、 pp1432-1434, 2004
  • 藤枝憲二:北海道小児科医会設立 25 周年に寄せて、北海道小児科医会会報、 20:12-13, 2004
  • 伊藤善也、藤枝憲二:単純性肥満、高脂血症、小児糖尿病、家庭医学大全科、高久史磨、北村惣一郎、猿田享男、福井次矢総合監修、法研、 pp413-415, 2004
  • 伊藤善也:先天性甲状腺機能低下症、今日の治療指針( 2004 年版)、医学書院、東京、 pp957 、 2004
  • 向井徳男、藤枝憲二:副腎の病気、こどもクリニック、北海道小児科医会編、北海道小児科医会、 pp198-199, 2004
  • 田中肇,長和彦:三池輝久,山寺博史監修,メラトニン研究会編.メラトニン研究の最近の進歩第 II 部 メラトニンの治療への応用 第 9 章 重症心身障害児におけるメラトニン治療.星和書店. 2004 年, pp107-118
研究業績 > 2004年

原著 (2004年)

  • Zimmermann MB, Hess SY, Moloanari L, de Benoist B, Delange F, Braveman L, Fujieda K, Ito Y, Jooste PL, Moosa K, Pearce E, Pretell EA, Shishiba Y:New reference values for thyroid volume by ultrasound in iodine-sufficient schoolchildren:a World Health Organization/Nutrition for health and development iodine deficiency study group report. Am J Clin Nutr 79:231-237, 2004
  • Fluck C, Tajima T, Pandey AV, Arlt W, Okuhara K, Verge CF, Jabs EW, Mendoca BB, Fujieda K, Miller WL: Mutant P450-oxidoreductase causes disordered steroidogenesis with and without Antley-Bixler syndrome. Nature Genet,36:228-230, 2004
  • Pandey AV, Fluck CE, Huang N, Tajima T, Fujieda K, Miller WL:P450 oxidoreductase deficiency: a new disorder of steroidogenesis affecting all microsomal P450 enzymes. Endocr Res 30:881-888, 2004
  • Komatsu T, Mizusaki H, Mukai T, Ogawa H, Baba D, Shirakawa M, Hatakeyama S, Nakayama KI, Yamamoto H, Kikuchi A, Morohashi K: SUMO-1 Modification of the Synergy Control Motif of Ad4BP/SF-1 Regulates Synergistic Transcription between Ad4BP/SF-1 and Sox9. Mol Endocrinol. 18: 2451-2462, 2004
  • Shirato H, Aoyama H, Ikeda J, Fujieda K, Kato N, Ishi N, Miyasaka K, Iwasaki Y, Sawamura Y:Impact of margin for target volume in low-dose involved field radiotherapy after induction chemotharpy for intracranial germinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 60:214-217, 2004
  • Waleh N, Kajino H, Marrache AM, Ginzinger D, Roman C, Seidner SR, Moss TJ, Fouron JC, Vazquez-Tello A, Chemtob S, Clyman RI : Prostaglandin E2-mediated relaxation of the ductus arteriosus: effects of gestational age on g protein-coupled receptor expression, signaling, and vasomotor control. Circulation 110(16): 2326-32, 2004
  • Kajino H, Taniguchi T, Fujieda K, Ushikubi F, Muramatsu I: An EP4 receptor agonist prevents indomethacin-induced closure of rat ductus arteriosus in vivo. Pediatr Res. 56(4): 586-90, 2004
  • Waleh N, Kajino H, Marrache AM, Ginzinger D, Roman C, Seidner SR, Moss TJ, Fouron JC, Vazquez-Tello A, Chemtob S, Clyman RI : Prostaglandin E2-mediated relaxation of the ductus arteriosus: effects of gestational age on g protein-coupled receptor expression, signaling, and vasomotor control. Circulation 110(16): 2326-32, 2004
  • Koyano S, Araki A, Hirano Y, Fujieda K, Suzutani T, Yagyu K, Murono K, Inoue N: Retorospective Diagnosis of Congenital Cytomegalovirus Infection Using Dried Umbilical Cords. Pediatr Inf Dis J 23: 481-482, 2004
  • Takahashi S, Kulkarni AB: Mutant superoxide dismutase 1 causes motor neuron degeneration independent of cyclin-dependent kinase 5 activation by p35 or p25. J Neurochem 88: 1295-1304, 2004
  • Hirasawa M, Ohshima T, Takahashi S, Veeranna, Pant HC, Mikoshiba K, Brady RO and Kulkarni AB: Perinatal abrogation of Cdk5 expression in brain results in neuronal migration defects. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 101:6249-6254, 2004
  • Kesavapany S, Amin N, Zheng YL, Nijhara R, Jaffe H, Sihag R, Gutkind JS, Takahashi S, Kulkarni AB, Grant P and Pant HC: p35/cyclin-dependent kinase 5 phosphorylation of Ras guanine nucleotide releasing factor 2 (RasGRF2) mediates Rac-dependent extracellular signal-regulated kinase 1/2 activity, altering RasGRF2 and microtubule-associated protein 1b distribution in neurons. J Neurosci 24: 4421-4431, 2004
  • Griffin SV, Hiromura K, Pippin J, Petermann AT, Blonski MJ, Krofft R, Takahashi S, Kulkarni AB, and Shankland SJ: Cyclin-dependent kinase 5 is a regulator of podocyte differentiation, proliferation, and morphology. Am J Pathol 165: 1175-1185, 2004
  • 藤枝憲二、向井徳男:先天性副腎リポイド過形成症及び先天性副腎低形成症の分子病態、ホルモンと臨床、 52( 冬季増刊号 ):120-125, 2004
  • 藤根美穂、古賀康嗣、田中敏章、田島敏広、藤枝憲二:生物学的不活性型成長ホルモンによる低身長症の 1 例、ホルモンと臨床 52:53-57, 2004
  • 蒔田芳男、岡本年男、藤枝憲二、田島敏広:日本人集団において StAR 遺伝子 Q258X に創始者効果が存在するか?、ホルモンと臨床 52:977-979, 2004
  • 岡本年男、長屋建、竹田津原野、林時仲、向井徳男、藤枝憲二: SOX9 遺伝子に新規変異を同定した campomelic dysplasia の 1 例、ホルモンと臨床 52 巻増刊 :140-143, 2004
  • 田中肇.シンポジウム「生物時計の基礎と臨床」中枢神経系に障害を持つ子どもの睡眠障害とその対応.臨床神経生理学 32 : 69-70, 2004
  • 田中肇.生物時計の基礎と臨床 2.中枢神経系に障害を持つ子どもの睡眠障害とその対応.臨床脳波 46 : 292-297, 2004
  • 田中肇.睡眠関連疾患診療のノウハウ 固有の診療科を離れた立場からー障害児.診断と治療 92 : 1227-1232, 2004
  • 田中肇.中枢神経系に障害を持つ児に見られる睡眠障害とその対応.北海道小児保健研究会会誌 平成 16 年度; 2-10 .
  • 岩佐諭美,雨宮聡,大日向純子,荒木章子,田中肇,藤枝憲二,長和彦.重症心身障害児における事象関連電位の検討.北海道小児保健研究会会誌 平成 16 年度; 33-36
  • 田中肇,福田郁江,宮本晶恵,岡隆治,長和彦,藤枝憲二.重度痙直型四肢麻痺児の睡眠障害に対する tizanidine 投与の効果.脳と発達 36 : 455-460, 2004
  • 北畑歩,雨宮聡,山本美智雄,大日向純子,沖潤一,藤枝憲二,引地泰一,森文彦.片側の白内障があり虐待が疑われた兄妹例.臨床小児医学 52 : 19-22, 2004
  • 杉本昌也 , 梶野浩樹 , 津田尚也 , 真鍋博美 , 森喜子 , 小久保雅代 , 鈴木豊 , 藤枝憲二: Cine MRI が確定診断に有用であった無名動脈圧迫症候群の 1 例、日本小児科学会雑誌 108(6): 882-6, 2004
  • 長屋建,林時仲,竹田津原野,藤枝憲二:早産児に対する母親による母乳注入の有効性,日本周産期・新生児医学会雑誌; 40(3) : 539-543 , 2004
研究業績 > 2004年

総説 (2004年)

  • 藤枝憲二:性を決定するメカニズム、医学の歩み、 208:955-961, 2004
  • 藤枝憲二: Lipodystrophy の遺伝子診断、 Adiposcience 1:180-186, 2004
  • 藤枝憲二: GPR54 と性腺機能低下症、内分泌・糖尿病科、 19:89-97, 2004
  • 藤枝憲二、向井徳男:先天性副腎過形成症、日本臨床、 62:361-367, 2004
  • 田島敏広、藤枝憲二:先天性副腎過形成症、小児内分泌・代謝疾患の分子基盤、小児科診療 67:1617-1622, 2004
  • 向井徳男、藤枝憲二:先天性副腎低形成症、小児内分泌・代謝疾患の分子基盤、小児科診療 67:1623-1629, 2004
  • 藤枝憲二:性腺機能低下症、小児内分泌・代謝疾患の分子基盤、小児科診療 67:1651-1659, 2004
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症の出生前診断・治療、産婦人科治療  89:682-686, 2004
  • 伊藤善也、藤枝憲二:小児肥満をめぐる最近の話題と将来展望 - 特に社会環境と食習慣の関わり - 、小児科臨床 57:2569-2574, 2004
  • 伊藤善也:小児の肥満・痩せと保育士の役割、医療と保育 3(1):9-20, 2004
  • 伊藤善也:小中学生の肥満傾向の早期発見と早期介入、−肥満度判定曲線を用いて−、若年者心疾患対策協議会会誌 32(2):7-18, 2004
  • 蒔田芳男、羽田 明:生命保険加入における遺伝情報の取り扱いに関する現状と問題点、日本マススクリーニング学会誌 14:17-23, 2004
研究業績 > 2004年

その他 (2004年)

  • 藤枝憲二:北海道小児科医会設立 25 周年に寄せて、北海道小児科医会会報、 20:12-13, 2004
  • 伊藤善也:ひまわりのように、子育てかくし味、母子衛生研究会、 pp1, 2004
  • 伊藤善也: BMI に及ぼすヒト成長ホルモンの影響: KIGS データの分析(抄訳)、 KIGS Biannual Report 2003 、ファイザー株式会社、 pp 5-7 、 2004
  • 伊藤善也、藤枝憲二:体格評価支援ソフト Upsee ver3.0 、ファイザー株式会社、 2004
  • 伊藤善也:子どもの病気 / 気になる症状 予防とケア 肥満、日本教育新聞 第 5536 号(平成 16 年 11 月 26 日) 15 面
  • 伊藤善也:解説 肥満度判定曲線、シリーズ 12 、成長曲線は語る 成長障害をきたす小児疾患―症例と解説集、住友製薬、 pp14-18 、 2004 年
  • 向井徳男、藤枝憲二:中枢性性腺機能低下症、シリーズ 11 、成長曲線は語る 成長障害をきたす小児疾患―症例と解説集、住友製薬、 pp10-11 、 2004 年
  • 竹田津原野、藤枝憲二:分娩様式とカテコラミン、日本医事新報 4199:94-95, 2004
研究業績 > 2004年

報告書 (2004年)

  • 藤枝憲二、向井徳男: Forkhead transcription factor Foxo1 の副腎および性腺における発現・機能に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 副腎ホルモン産生異常に関する研究班、平成15 年度研究報告書 pp11-15, 平成 16 年 3 月
  • 藤枝憲二: Prader-Willi 症候群の診断と成長ホルモン治療基準に関する研究 , 厚生労働科学研究 厚生労働省難治性疾患克服研究(小児慢性特定疾患研究分野)、成長ホルモン治療の適正化に関する研究、 平成 15 年度研究報告書、 pp30-39, 平成 16 年 3 月
  • 藤枝憲二: Prader-Willi 症候群の診断と成長ホルモン治療基準に関する研究 , 厚生労働科学研究 厚生労働省難治性疾患克服研究(小児慢性特定疾患研究分野)、成長ホルモン治療の適正化に関する研究、 平成 13 ? 15 年度研究報告書、 pp59-74, 平成 16 年 3 月
  • 藤枝憲二:内分泌疾患の登録・評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成 15 年度 総括研究報告書、 pp87-92, 平成 16 年 3 月
  • 加藤忠明、柳沢正義、青木菊麿、内山聖、斉藤進、中澤眞平、澤田淳、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、伊藤善也、佐々木望、佐藤浩一、立花克彦、武井修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上條岳彦、飯沼一宇、伊藤龍子、掛江直子、桶浦誠:小児慢性特定疾患医療意見書の改正案( II )、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成 15 年度 研究報告書、 pp6-21, 平成 16 年 3 月
  • 加藤忠明、柳沢正義、青木菊麿、内山聖、斉藤進、中澤眞平、澤田淳、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、伊藤善也、佐々木望、佐藤浩一、立花克彦、武井修治、松浦信夫、黒田泰弘、小宮山淳、上條岳彦、飯沼一宇、伊藤龍子、掛江直子、桶浦誠:平成 13 ・ 14 年度小児慢性特定疾患研究事業の全国登録状況、小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究、平成 15 年度 研究報告書、 pp48-67, 平成 16 年 3 月
  • 横谷進、藤枝憲二、島津章、立花克彦、田中弘之、谷澤隆邦、寺本明、西美和、長谷川行洋、羽二生邦彦、堀川玲子、藤田敬之助、永井敏郎:成長ホルモン療法の治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究」、成長科学協会研究年報  27:1-9, 2003
  • 立花克彦、勝又規行、島津章、肥塚直美、藤枝憲二、横谷進:成長ホルモン療法ならびに関連因子の測定に関する研究、成長科学協会研究年報  27:11-19, 2003
  • 沖潤一、白井勝、藤枝憲二、田中肇、荒木章子、雨宮聡、角谷諭美、大日向純子、土屋映美、長和彦、宮本晶子:低身長児および知的障害児の対人認知と QOL に関する研究、成長科学協会研究年報  27:67-77, 2003
  • 加藤忠明、山縣然太朗、掛江直子、伊藤善也、武井修治、伊藤龍子、齋藤進:小児慢性特定疾患治療研究事業で登録される医療機関名の利活用に関する検討、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究 平成 15 年度総括研究報告書 pp22-25, 2004
  • 伊藤善也:成長ホルモン治療の登録・評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究平成 15 年度総括研究報告書 pp93-99, 2004
  • 向井徳男、津田尚也、梶野浩樹、藤枝憲二:成長ホルモン投与またはインスリン様成長因子 I 投与により成長ホルモン欠損ラットの心臓において発現量が変化する遺伝子群の網羅的同定、成長科学協会研究年報  27:321-325, 2004
  • 沖潤一、藤枝憲二、土屋映美、篠原希美、大日向純子、角谷諭美、雨宮聡、荒木章子、田中肇:小児慢性疲労症候群におけるコンピューター版 Wisconsin Card Sorting Test の検討、厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、思春期の保健対策の強化及び健康教育の推進に関する研究、平成 15 年度 研究報告書、 pp650-652 、平成 16 年 3 月
  • 沖潤一、白井勝、藤枝憲二、田中肇、荒木章子、雨宮聡、角谷諭美、大日向純子、土屋映美、長和彦、宮本晶子:低身長児および知的障害児の対人認知と QOL に関する研究、成長科学協会研究年報  27:67-77, 2003
  • 藤枝憲二 長屋建 中村英記 竹田津原野 林時仲:内分泌・代謝疾患に起因する低血糖症による脳発達障害の診断と治療ガイドラインに関する研究 . 厚生労働省精神・神経疾患研究、研究報告書 .
  • 蒔田芳男:遺伝子診断にともなう個人遺伝情報の利用と保護に関する研究 平成 15 年度厚生労働省成育医療研究委託事業「 15 公 - 1先天異常の遺伝子診断システムの確立に関する研究」 497-501 、 2004
研究業績 > 2004年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.