研究業績

2005年

著書 (2005年)

  • 藤枝憲二:無月経を主訴に来院した17歳女性!? シミユレイション内科 内分泌疾患を探る、花房俊昭、伊藤充編集、永井書店、pp149-155, 2005
  • 藤枝憲二:内分泌・代謝・遺伝性疾患、PreTest研修医のための小児科診療500問(翻訳)、佐地勉監訳、メジカルビュー社、pp243-272, 2005
  • 伊藤善也、藤枝憲二:成長ホルモン治療までの手続き、成長障害のマネージメント、藤枝憲二編集、医薬ジャーナル社、pp41-47, 2005
  • 藤枝憲二:視床下部-下垂体近傍に発生する胚細胞種による成長障害、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp52-53, 2005
  • 田島敏広、服部司、藤枝憲二:LHX4遺伝子異常症、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、63-65, 2005
  • 藤枝憲二:下垂体巨人症、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp112-113, 2005
  • 村下真理、田島敏広、藤枝憲二:体質性高身長、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp116-117, 2005
  • 向井徳男、藤枝憲二:中枢性性腺機能低下症、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp150-151, 2005
  • 中江淳、伊藤善也、藤枝憲二:リポイド過形成症、成長曲線は語る、藤枝憲二編集、診断と治療社、pp184-187, 2005
  • 藤枝憲二、向井徳男、田島敏広:先天性副腎過形成症、先端医療シリーズ34 小児科の新しい流れ、柳澤正義、衛藤義勝、 五十嵐隆編集、先端医療技術研究所、pp51-56, 2005
  • 藤枝憲二:思春期早発症、今日の治療指針 2005年版、山口徹、北原光夫総編集、医学書院、pp972-973, 2005
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、講義録、内分泌・代謝学、寺元民生、片山茂裕編集、pp145-152, 2005、メジカルビュー社、東京
  • 伊藤善也、藤枝憲二:成長ホルモン治療までの手続き、成長障害のマネジメント、 医薬ジャーナル社、藤枝憲二編、pp41-45, 2005
研究業績 > 2005年

原著 (2005年)

  • Tanaka T, Niimi H, Matsuo N, Fujieda K, Tachibana K, Ohyama K, Satoh M, Kugu K: Results of long-term follow-up after treatment of central precocious puberty with leuprorelin acetate:Evaluation of effectiveness of treatmetn and recovery of gonadal function. J Clin Endocrinol Metab,90:1371-1376, 2005
  • 2. Hanew K, Tachibana K, Yokoya S, Fujieda K, Tanaka T, Igarashi Y, Shimatsu A, Tanaka H, Tanizawa T, Teramoto A, Nishi Y, Hasegawa Y, Hizuka N, Hirano T, Fujita K:Studies of very severe short stature with s evere GH deficiency:From the data registered with the Foundation for Growth Science. Endocrine J 52:37-43, 2005
  • Zimmermann MB, Ito Y, Hess SY, Fujieda K, Molinari L: Oncreased thyroid volume innchildren with high dietry iodine intake. Am J Clin Nutr 81:840-844, 2005
  • Tajima T, Satoh K, Okuhara K, Tsubaki J, Fujieda K: Hypomagnesemia in a patient with Barth syndrome.J Pediatr Endocrinol Metab 18:523, 2005
  • Tajima T, Tsubaki J, Fujieda K:Two novel mutations in the thyroid peroxidase gene with goitrous hypothyroidis. Endocr J 52:643-645, 2005
  • Tanaka T, Tachibana K, Shimatsu A, Katsumata N, Tsushima T, Hizuka N, Fujieda K, Yokoya S, Irie M: A nationeide attempt to standardize growth hormone assays. Horm Res 64(Supple2):6-11, 2005
  • Tsuchiya E, Oki J, Yahara N, Fujieda K: Computerized version of the Wisconsin Card Shorting Test in children with high-functioning autistic disorder and attention-deficit/hyperactivity Disorder. Brain and Development, 27:233-236, 2005
  • Zhao C, Shuke N, Yamamoto W, Okizaki A, Sato J, Kajino H, Fujieda K, Aburano T: Impaired cardiac sympathetic nerve function in patients with Kawasaki disease: Comparison with myocardial perfusion. Pediatr Res 57:744-748, 2005
  • Matsuyama M, Mizusaki H, Shimono A, Mukai T, Okumura K, Abe K, Shimada K, Morohashi K:A novel isoform of Vinexin, Vinexin γ, regulates Sox9 gene expression through activation of MAPK cascade in mouse fetal gonad。 Genes to Cells 18: 421-434, 2005
  • Franzese A, Brunetti-Pierri N, Spadaro R, Mukai T, Valerio G: Inappropriate tall stature and renal ectopy in a male patient with X-linked congenital adrenal hypoplasia due to a novel missense mutation in the DAX-1 gene。 Am J Med Genet。 135A: 72-74, 2005
  • Wakida N, Do Gia Tuyen, Adachi M, Miyoshi T, Nonoguchi H, Oka T, Ueda O, Tazawa M, Kurihara S, Yoneta Y, Shimada H, Oda T。 Kikushi Y, Matsuo H, Hosoyamada M, Endou H, Otagiri M, Tomita K, Kitamura K: Mutations in human urate transporter 1 gene in presecretory reabsorption defect type of familial renal hypouricemia, J Clin Endocrinol Metab 90: 2169-2174, 2005
  • Suzuki S, Mukai T, Uetake K, Sageshima S, Matsuo K, Ueda O, Ito Y, Fujieda K: Permanent Neonatal Diabetes Mellitus with Growth Disturbance, Developmental Delay, Epilepsy and Dysmorphic Features, Clin Pediatr Endocrinol 14(suppl 24): 81-84, 2005
  • Takahashi S, Ohshima T, Cho A, Sreenath T, Iadarola MJ, Pant HC, Kim Y, Nairn AC, Brady RO, Greengard P, Kulkarni AB: Increased activity of cyclin-dependent kinase 5 leads to attenuation of cocaine-mediated dopamine signaling, Proc Natl Acad Sci USA 102: 1737-1742, 2005
  • Kohyama J, Hasegawa T. Ohinata JS, Furushima W, Miyata R, Sugawara H, Araki S: Obstructive sleep apnea and insulin resistance in Japanese children, Sleep and Biological Rhythms 3: 106-113, 2005
  • Zhao C, Shuke N, Yamamoto W, Okizaki A, Sato J, Kajino H, Fujieda K, Aburano T:Impaired cardiac sympathetic nerve function in patients with Kawasaki disease: comparison with myocardial perfusion. Pediatr Res. 57(5):744-8, 2005
  • Kurotaki N, Shen JJ, Touyama M, Kondoh T, Visser R, Ozaki T, Nishimoto J, Shiihara T, Uetake K, Makita Y, Harada N, Raskin S, Brown CW, Hoglund P, Okamoto N, Lupski JR: Phenotypic consequences of genetic variation at hemizygous alleles: Sotos syndrome is a contiguous gene syndrome incorporating coagulation factor twelve (FXII) deficiency, Genetics in Medicine Genet Med 7:479-483, 2005
  • Udaka T, Samejima H, Kosaki R, Kurosawa K, Okamoto N, Mizuno S, Makita Y, Numabe H, Toral JF, Takahashi T, Kosaki K: Comprehensive screening of CREB-binding protein gene mutations among patients with Rubinstein-Taybi syndrome using denaturing high-performance liquid chromatography, Congenit Anom (Kyoto) 45:125-31, 2005
  • 宮田理英、大日向純子、神山潤、 林雅晴:色素性乾皮症の神経症状,医学のあゆみ 214:201-204,2005
  • 中山憲司、斉藤明子、西村一彦、桂英二、 市原修、鈴木智宏、孝口祐一、加藤芳伸、澤田幸司、 田村正秀、本間寛、小林邦彦、有賀正、藤枝憲二、 青木継稔:3歳児健診を利用したウイルソン病 スクリーニング、日本マス・スクリーニング学会雑誌  15:41-46, 2005
  • 松尾公美浩、鈴木滋、上田修、 向井徳男、伊藤善也、藤枝憲二:北海道におけるビタミンD 欠乏性くる病の発症の現状、北海道小児保健研究会会誌平成17年度: 45-47, 2005
  • 田中肇:特集: 子どもの眠り;より効果的なケアを実践するために ー障害児の睡眠障害,小児看護 24:1489-1493,
  • 梶野浩樹:先天性心疾患(心室中隔欠損)  成長曲線は語る 成長障害をきたす小児疾患-症例と解説  藤枝憲二編、p214-215、診断と治療社
  • 林時仲、岡本年男、中村英記、長屋建、 竹田津原野、藤枝憲二:ハイリスク児のRSウイルス下気道感染症 に対するパリビズマブの予防効果、日本小児科学会雑誌  109(3);359-362,2005
  • 長屋建、田中真也、北島博之、藤村正哲: 新生児慢性肺疾患に対する十二指腸チューブ栄養の効果、 大阪府立母子保健総合医療センター雑誌20(2);51-54,2005
  • 加藤直樹、長尾竜兵、河島尚志、 有瀧健太郎、中島みずほ、篠本雅人、星加明徳、沼部博直、 蒔田芳男、島 義雄:グリクラジドが著効した新生児一過 性糖尿病の一例、小児科 46:1211-1215, 2005
研究業績 > 2005年

総説 (2005年)

  • Fujieda K, Tajima T:Molecular basis of adrenal insufficiency. Pediatr Res 57:62R-69R, 2005
  • 藤枝憲二、田島敏広、 向井徳男:先天性副腎皮質ステロイド 合成異常症の分子基盤、 医学のあゆみ213:401-407, 2005
  • 藤枝憲二、向井徳男: 先天性副腎過形成症、周産期医学、35:1245-1248, 2005
  • 藤枝憲二、向井徳男:偽性低アルドステロン症、 内分泌・糖尿病科、21:603-609, 2005
  • 藤枝憲二:精巣の大きさ、小児科別冊、 金原出版 pp45-48, 2005
  • 藤枝憲二:副腎ステロイド合成酵素異常症の診断基準・ 病型分類・重症度、内科95:1835-1839, 2005
  • 上田修、藤枝憲二:思春期遅発症、ホルモンと臨床53:103-106, 2005
  • 鈴木滋、蒔田芳男、藤枝憲二:新生児一過性糖尿病、周産期医学 35: 1641-1644, 2005
研究業績 > 2005年

その他 (2005年)

  • 藤枝憲二:日本小児科学会雑誌編集後記、2005
  • 藤枝憲二:日本教育新聞

    1) 子供の心と体、成長曲線から読み取る病気(1)平成17年9月5日
    2) 子供の心と体、成長曲線から読み取る病気(1)平成17年9月12日
    3) 子供の心と体、成長曲線から読み取る病気(1)平成17年9月19日
    4) 子供の心と体、成長曲線から読み取る病気(1)平成17年9月26日

  • 藤枝憲二:読売新聞 からだの質問箱、 孫が先天性副腎過形成症、平成17年9月18日
  • 藤枝憲二:教育医事新聞、 標準成長曲線の「統一版」が完成、平成17年7月25日
  • 藤枝憲二:産経新聞、子供の成長障害、平成17年7月20日
  • 藤枝憲二:Novo Nordisk:ENDO2005 FLASH REPORT 総監修
  • 藤枝憲二:Lilly:ENDO2005 The Endocrine Societty's 87th Annual Meeting Congress Report, ウイルメデイカルコミュニケーションズ、監修
  • 藤枝憲二:大日本住友製薬:ENDO2005 Conference report、監修
  • 藤枝憲二:Novo Nordisk FLASH REPORT 第44回欧州小児内分泌学会、ESPE/LWPES Joint Meeting Pediatric Endocrinology 2005、監修
  • 藤枝憲二:大日本住友製薬: ESPE/LWPES 7th joint Meeting Paediatric Endocrinology Conference Report、監修
  • 楠田聡、立花克彦、税所純敬、 横田一郎、五十嵐良雄、諏訪誠三、藤枝憲二: 日本小児名内分泌学会 報告新生児マススクリーニングで 発見された先天性副腎過形成症(21-水酸化酵素欠損症) の治療指針(1999年改訂)の追加項目 経口維持療法における 酢酸コルチゾンの使用について 日本小児科学会雑誌 109:431-432, 2005
  • 伊藤善也、加藤則子、立花克彦、藤枝憲二: 小児慢性特定疾患治療研究事業において採用された身長基準に 準拠した2000年度版「標準身長表」および「標準成長曲線」。  小児科診療 7:1343-1351, 2005
  • 向井徳男、藤枝憲二:副腎不全、 小児内分泌疾患鑑別診断チャート  Vol。1 副腎疾患藤枝憲二監修、メディアート、pp4-5, 2005
  • 向井徳男、藤枝憲二: 副腎酵素欠損症、小児内分泌疾患鑑別診断チャート  Vol。1 副腎疾患、藤枝憲二監修、メディアート、pp8-9, 2005
  • 藤枝憲二:105章、薬物乱用、ネルソン小児科学、 原著第17版、(翻訳)、衛藤義勝監修、五十嵐隆、大澤真木子 、河野陽一、森川昭廣、山城雄一郎編集、pp668-677, 2005、 エルゼビア・ジャパン、東京
  • 藤枝憲二、加藤則子、 伊藤善也、立花克彦:横断的標準身長・ 体重曲線、ヴイリンク、2005
  • 藤枝憲二、加藤則子、 伊藤善也、立花克彦:横断的標準身長・ 体重曲線作成プログラム、ヴイリンク、 東京、2005林 時仲:Neonatal Essay1 枚の写真.Neonatal Care (11);1,2005
  • 鈴木滋、蒔田芳男: 新生児期糖尿病、小児科診療 91:1869-1875, 2005
  • 蒔田芳男:Sotos症候群、 小児内科 37:1345-1349, 2005
  • 蒔田芳男: 新生児スクリーニング検査4 検査時期による 遺伝学的検査の分類と問題点日本臨床2005増刊 「遺伝子診療学」−遺伝子診断の進歩と遺伝子 治療の展望:104-108、2005
研究業績 > 2005年

報告書 (2005年)

  • 藤枝憲二、大日向純子、 岩佐諭美、雨宮聡、荒木章子、田中肇: 睡眠障害に対するActigraphを用いた生活 リズムの評価、厚生労働科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業)、引きこもり に繋がる小児慢性疲労、不登校の治療・ 予防に関する臨床的研究、平成16年度  研究報告書、pp7-11, 平成17年3月
  • 藤枝憲二:内分泌疾患の登録 ・評価・情報提供に関する研究、厚生労働科学 研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)、 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・ 評価・情報提供に関する研究、平成16年度  総括・分担研究報告書、pp77-82, 平成17年3月
  • 加藤忠明、柳沢正義、別所文雄、 内山聖、斉藤進、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、 伊藤善也、武井修治、杉原茂孝、伊藤道徳、 上條岳彦、飯沼一宇、原田正平、斉藤進、 掛江直子、伊藤龍子:平成14, 15年度小 児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録 状況、小児慢性特定疾患治療研究事業の 登録・管理・評価・情報提供に関する研究、 平成16年度 総括・分担研究報告書、 pp9-30, 平成17年3月
  • 加藤忠明、柳沢正義、別所文雄、 内山聖、斉藤進、森川昭廣、石澤瞭、藤枝憲二、 伊藤善也、武井修治、杉原茂孝、伊藤道徳、 上條岳彦、飯沼一宇、原田正平、斉藤進、 掛江直子、伊藤龍子:今後の小児慢性特定疾患意見書、 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価・ 情報提供に関する研究、平成16年度 総括・ 分担研究報告書、pp31-44, 平成17年3月
  • 田中敏章、横谷進、藤枝憲二、西美和、 立花克彦、長谷川行洋、松浦信夫、長谷川泰延、朝山光太郎: 日本小児内分泌学会「小児等の特殊患者群に対する 医薬品の用法及び用量の確立に関する研究」 厚生労働科学研究研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンスの総合研究事業)、 小児等の特殊患者群に対する医薬品の有効性 ・安全性情報の収集とそれらの情報に基づくリスク評価・ 管理手法に関する研究、平成16年度 研究報告書、 pp363-384, 平成17年4月
  • 横谷進、藤枝憲二、島津章、立花克彦、 田中弘之、谷澤隆邦、寺本明、西美和、長谷川行洋、 羽二生邦彦、堀川玲子、肥塚直美、藤田敬之助、 永井敏郎:成長ホルモン療法の治療効果に及ぼす 諸因子の解析に関する研究、成長科学協会研究年報  28:1-10, 2004
  • 中山憲司、斉藤明子、西村一彦、 桂英二、鈴木智宏、孝口裕一、加藤芳勝、澤田幸治、 田村正秀、本間寛、小林邦彦、有賀正、藤枝憲二、 青木継稔:第4章3歳児健診を利用したウイルソン病 スクリーニング、北海道総合企画部重点領域研究事業、 先天性銅代謝異常症(ウイルソン病)の包括的医療システム の構築、報告書、pp12-15, 2005
  • 松尾公美浩、鈴木 滋、向井徳男: GH-1遺伝子変異を認めた生物学的不活性型成長ホルモンの 機能解析、成長科学協会研究年報28(平成16年度): 243-246、2004
  • 古谷野伸、藤枝憲二:聾学校児童における 先天性サイトメガロ感染症の頻度に関する研究、 厚生労働科学研究費補助金(感覚器障害研究事業) 分担研究、平成17年度報告書
  • 古谷野伸、藤枝憲二:平均赤血球容積(MCV) の変動による抗HIV薬内服の自己申告に依らないアドヒアランスの推定、 エイズ診療向上に関する調査研究、平成17年度研究成果報告書
  • 藤枝憲二 長屋建 中村英記 竹田津原野  林時仲. 新生児難治性低血糖症の診断・治療のガイドライン ー新生児高インスリン血症性低血糖症を中心にー  厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「発達期に発症する 外因性脳障害の診断・治療ガイドラインに関する臨床的実証研究」 平成17年度研究報告書
研究業績 > 2005年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.