研究業績

2006年

著書 (2006年)

  • 藤枝憲二:内分泌疾患概説、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp234-236、2006
  • 長屋 建、藤枝憲二:低血糖症、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp265-267、2006
  • 藤枝憲二:副腎皮質機能不全、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp268-269、2006
  • 藤枝憲二:アルドステロン欠損症、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp269-270、2006
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp276-279、2006
  • 藤枝憲二:新生児マススクリーニングに関するもの(21-水酸化酵素欠損症)、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp279-281、2006
  • 藤枝憲二、向井徳男:小児期発症成長ホルモン分泌不全症、成人成長ホルモン分泌不全症の臨床、千原和夫、寺本明、藤枝憲二編集、メデイカルレビュー社、pp50-58, 2006
  • 藤枝憲二:中枢性思春期早発症、今日の小児治療指針14版、大関武彦、古川漸、横田俊一郎編集、医学書院、pp187-188, 2006
  • 藤枝憲二:第10章 内分泌疾患、A. 内分泌疾患症候論、pp229-230、森川昭廣、内山聖、原寿朗編集、標準小児科学、2006
  • 藤枝憲二:第10章 内分泌疾患, B. 視床下部(間脳)・下垂体疾患、pp231-248,森川昭廣、内山聖、原寿朗編集、標準小児科学、2006
  • 藤枝憲二:第10章 内分泌疾患, F. 性腺疾患, pp264-272,森川昭廣、内山聖、原寿朗編集、標準小児科学、2006
  • 藤枝憲二:第10章 内分泌疾患,G. 性分化異常、pp272-278,森川昭廣、内山聖、原寿朗編集、標準小児科学、2006
  • 藤枝憲二:第10章 内分泌疾患, H. 糖質代謝異常、pp278-287, 森川昭廣、内山聖、原寿朗編集、標準小児科学、2006
  • 藤枝憲二:内分泌学的検査、4. 甲状腺刺激ホルモン(TSH)、pp263-266,
  • 小児臨床検査ガイド、文光堂、2006
  • 藤枝憲二:内分泌学的検査、6. 甲状腺ホルモン(FT4, FT3, T4, T3)、pp272-279, 小児臨床検査ガイド、文光堂、2006
  • 向井徳男:[内分泌疾患]性腺疾患20思春期早発症、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp282-285, 2006
  • 向井徳男:[内分泌疾患]性腺疾患21テストトキシコーシス、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp285-286, 2006
  • 向井徳男:[内分泌疾患]性腺疾患22マッキューン?オルブライト症候群、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp286-288, 2006
  • 向井徳男:[内分泌疾患]性腺疾患23思春期遅発症、新しい小児慢性特定疾患治療研究事業に基づく小児慢性疾患診療マニュアル、加藤忠明監修、診断と治療社、pp288-292, 200
  • 蒔田芳男:35、ヌーナン症候群、新しい小児慢性特定疾患研究事業に基づく小児特定慢性疾患治療マニュアル(加藤忠明 監修)、 E 内分泌疾患、 p318、 診断と治療社、東京、2006
  • 蒔田芳男:CHARGE症候群、今日の小児治療指針第14版(大関武彦、古川 漸、横田俊一郎 編集)5、染色体異常、奇形症候群、遺伝カウンセリング、p148、医学書院、東京、2006
  • 矢野公一、蒔田芳男:グリピカン異常症(Simpson-Golabi-Behmel症候群)、成長曲線は語る(成長障害をきたす小児疾患-症例と解説)(藤枝憲二 編集)3、過成長を呈する疾患、p120、診断と治療社、東京、2005
研究業績 > 2006年

原著 (2006年)

  • Kagami-Takasugi M, Katsumata N, Tanaka T, Tajima T, Fujieda K:Molecular genetic analysis of MODY candidate genes in Japanese patients with non-obese juvenile onset diabetes mellitus.J Pediatr Endocrinol Metab 19:143-148, 2006
  • Tanaka T, Fujieda K, Yokoya S, Shimatsu A, Tachibana K, Tanaka H, Tanizawa T, Teramoto A, Nagai T, Nishi Y, Hasegawa Y, Hanew K, Fujita K, Horikawa R, Takada G, Hasegawa Y, Ohno T, Komatsu K:No improvement of adult height in non-growth hormone (GH) deficient short children with GH treatment. Clin Pediatr Endocrinol 15:15-21, 2006
  • Saito T, Tachibana K, Shimazu A, Katsumata N, Hizuka N, Fujieda K, Yokoya S, Tanaka T:Standardization of blood growth hormone levels measured by different kits using linear structural relationship. Clin Pediatr Endocrinol, 15:79-84, 2006
  • Hanew K, Tachibana K, Yokoya S, Fujieda K, Tanaka T, Igarashi Y, Shimatsu A, Tanaka H, Tanizawa T, Teramoto A, Nishi Y, Hasegawa Y, Hizuka N, Hirano T, Fujita K:Clinical characteristics, etiologies and pathophysiology of patients with severe short stature with severe GH deficiency:Questionnaire study on the data registered with the foundation for growth science, Japan, Endocrine J 53:259-265, 2006
  • Tajima T, Nawate M, Takahashi Y, Mizoguchi Y, Sugihara S, Yoshimoto M, Murakami M, Adachi M, Tachibana K, Mochizuki H, Fujieda K:Molecular analysis of the CLCNKB gene in Japanese patients with classic Bartter syndrome.Endocr J 53:647-652, 2006
  • Ito Y, Fujieda K, Tanaka T, Takano K, Chihara K, Seino Y, Irie M:Low-dose growth hormone treatment (0.175 mg/kg/week) for short stature in patients with Turner syndrome: Data from KIGS Japan. Endocr J 53:699-703, 2006
  • Savage MO, Cassorla FG, Gluckman PD, Gruters-Kieslich A, Raghupathy P, Silink M, Czernichow P, Chiarelli F, Rogol AD, Crock PA, Cowell CT, Fujieda K, Arnhold IJ: International Societies for Paediatric Endocrinology: Global inequalities in paediatric endocrine practice:statement of minimal acceptable care. Statement from the International Societies for Paediatric Endocrinology.Horm Res 65:111-113, 2006
  • Tanaka H, Amamiya S, Miura N, Araki A, Ohinata J, Fujieda K: Postnatal development of brainstem serotonin-containing neurons projecting to lumbar spinal cord in rats.Brain Dev 28: 586-591, 2006.
  • Hughes IA, Houk C, Ahmed SF, Lee PA, LWPES/ESPE Consensus Group (Fujieda K, et al):Consensus statement on management of intersex disorders, Arch Dis Child 91:554-563, 2006
  • Okamoto T, Shirai M, Kokubo M, Takahashi S, Kajino M, Takase M, Sakata H, and Oki J:Human milk reduces the risk of retinal detachment in extremely low birth weight infants. Pediatrics International (in press)
  • Nagaya K, Tanaka S, Kitajima H, Fujimura M: The corrected blood urea nitrogen predicts the developmental quotient of extremely low-birth-weight infants at the corrected age of 36 months, Early Human Development2006 ( in press)
  • Hiroshi Ogawa, Tatsuo Suzutani, Yohko Baba, Shin Koyano, Naoki Nozawa, Kei Ishibashi, Kenji Fujieda, Naoki Inoue, Koichi Omori: Etiology of severe sensorineural hearing loss in children: independent impact of congenital cytomegalovirus infection and GJB2 mutations.J. Infect. Dis. (in press)
  • Ohsaki Y, Koyano S, Tachibana M, Shibukawa K, Kuroki M, Yoshida I, Ito Y:Undetected Bacillus pseudo-outbreak after renovation work in a teaching hospital. J. Infect. 2006 (in press)
  • Miyake N, Shimokawa O, Harada N, Sosonkina N, Okubo A, Kawara H, Okamoto N, Kurosawa K, Kawame H, Iwakoshi M, Kosho T, Fukushima Y, Makita Y, Yokoyama Y, Yamagata T, Kato M, Hiraki Y, Nomura M, Yoshiura K, Kishino T, Ohta T, Mizuguchi T, Niikawa N, Matsumoto N: BAC array CGH reveals genomic aberrations in idiopathic mental retardation, Am J Med Genet A 140:205-11, 2006
  • Osaki M, Makita Y, Miura J, Abe N, Noguchi S, Miyamoto A. A Japanese boywith apparent Bohring-Opitz or "C-like" syndrome: Am J Med Genet A 140: 897-899, 2006
  • Takikawa K, Haga N, Maruyama T, Nakatomi A, Kondoh T, Makita Y, Hata A, Kawabata H, Ikegawa S: Spine and rib abnormalities and stature in spondylocostal dysostosis, Spine 31:E192-7, 200
  • Nakayama T, Kuroi N, Sano M, Tabara Y, Katsuya T, Ogihara T, Makita Y, Hata A, Yamada M, Takahashi N, Hirawa N, Umemura S, Miki T, Soma M: Mutation of the follicle-stimulating hormone receptor gene 5'-untranslated region associated with female hypertension, Hypertension 48:512-8, 2006
  • Aramaki M, Udaka T, Kosaki R, Makita Y, Okamoto N, Yoshihashi H, Oki H, Nanao K, Moriyama N, Oku S, Hasegawa T, Tahahashi T, Fukushima Y, Kawame H, Kosaki K: Phenotypic spectrum of CHARGE syndrome with CHD7 mutations, J Pediatr 148:410-414, 2006
  • Puvabanditsin S, Garrow E, Snider ZG, Akahira-Azuma M: Tavaria A, Cerefice M Dandy-Walker malformation in mosaic Klinefelter syndrome, Genet Couns,17(2):245-8,2006
  • 長屋 建、中村英記、竹田津原野、林時仲、藤枝憲二: 臍帯潰瘍を合併した先天性上部消化管閉鎖症の2例、日本周産期新生児学会誌 42:37-41,2006:HLH)の一例、未熟児新生児学会誌(in press)
  • 長森恒久,岡本年男,梶野真弓,高瀬雅史,白井 勝,坂田 宏,沖 順一,丸山静男:胎児期に発症した血球貪食症候群(Hemophagocytic lymphohistiocytosis)の一例 (in press)
研究業績 > 2006年

総説 (2006年)

  • 藤枝憲二:思春期早発症、思春期遅発症、内分泌疾患診療マニュアル2006,ホルモンと臨床 2006春季増刊号、pp250-259, 2006
  • 藤枝憲二:副腎皮質系機能検査のすすめ方、負荷試験の実際-2006年版、小児内科、38:1263-1267, 2006
  • 藤枝憲二、向井徳男:カルマン症候群、臨床分子内分泌学(4)、pp47-53, 2006
  • 藤枝憲二:低身長、小児科診療 69(増刊号)、pp84-87, 2006
  • 藤枝憲二:責任遺伝子の特定された副甲状腺機能低下症 原発性低マグネシウム血症に伴う低カルシウム血症、ホルモンと臨床54:53-59, 2006
  • 藤枝憲二、勝又規行:SCC異常症、ホルモンと臨床54:61-64, 2006
  • 藤枝憲二:先天性副腎皮質過形成症、新領域別症候群シリーズ No.1、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp673-676, 2006
  • 藤枝憲二:リポイド過形成症、新領域別症候群シリーズ No.1、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp692-695, 2006
  • 藤枝憲二:20, 22デスモラーゼ欠損症、新領域別症候群シリーズ No.1、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp696-698, 2006
  • 藤枝憲二:Prader-Willi症候群、新領域別症候群シリーズ No.2、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp229-233, 2006
  • 藤枝憲二:Kleinfelter症候群、新領域別症候群シリーズ No.2、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp487-490, 2006
  • 藤枝憲二:副腎性器症候群、新領域別症候群シリーズ No.2、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp643-646, 2006
  • 藤枝憲二:妖精症症候群(Donohue症候群)、新領域別症候群シリーズ No.3、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp94-99, 2006
  • 上田修、藤枝憲二:Down症候群、新領域別症候群シリーズNo.3, 内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨牀、pp119-121、2006
  • 鈴木滋、藤枝憲二:ステロイドサルファターゼ欠損症、新領域別症候群シリーズ No.3、内分泌症候群(第2版)、別冊日本臨床、pp944-496, 2006
  • 松尾公美浩、藤枝憲二:小児期における男性ホルモン過剰と低身長、CLINICAL CALCIUM 16(3): 450-454, 2006
  • 松尾公美浩、藤枝憲二:成因、分類と病態生理、診断、治療全般、ビタミンD欠乏、受容体異常、リン欠乏、薬剤性、内分泌・糖尿病科23(増刊号): 273-279, 2006
  • 蒔田芳男、鈴木滋、藤枝憲二:新生児糖尿病、Diabetes Frontier17:629-633, 2006
  • 鈴木 滋、蒔田芳男、藤枝憲二:新生児一過性糖尿病、周産期医学 35:1641-1644,2005
  • 蒔田芳男:CGH-DNAアレイ、日本マススクリーニング学会誌 16:51-65,2006
  • 蒔田芳男、鈴木 滋、藤枝憲二:新生児糖尿病、Diabetes Frontier 17:629-633,2006
研究業績 > 2006年

その他 (2006年)

  • 藤枝憲二:編集後記、日本小児科学会雑誌110,1, 2006
  • 藤枝憲二:編集後記、日本小児科学会雑誌110,8, 2006
  • 藤枝憲二:日本小児科学会分科会活動状況、日本小児内分泌学会、日本小児科学会雑誌110,8:1174 2006
  • 藤枝憲二:暮らしと健康、低身長への不安、保健同人社pp91, 2006
  • 藤枝憲二:教授の旬・日記、小児科臨床59:535-537, 2006
  • 藤枝憲二:性成熟異常症の最近の進歩、ドクターサロン 9月号, pp66-69, 2006
  • 藤枝憲二、千原和夫、寺本明:成人成長ホルモン分泌不全症治療における治療連携、ASAHI Medical 8:36-38, 2006
  • 藤枝憲二、本間研一、広重力:師弟交勧、医学界編、第17回 生理学・内分泌学、論座、朝日新聞社、2006
  • 藤枝憲二、横谷進、田村智英子、田中俊章、本村克明:座談会、成長ホルモン治療(前編、後編)、大日本住友製薬、2006
  • 藤枝憲二、寺本明, 千原和夫:鼎談、成人成長ホルモン文筆不全症治療の現状と展望、ファイザー株式会社、2006
  • 藤枝憲二:FLASH REPORT 第88回米国内分泌学会総監修、Novo Nordisk, 2006
  • 藤枝憲二:ENDO2006印象記, 藤枝憲二監修、ENDO2006 Conference Report、pp4, 2006
  • 田中弘之、田中敏章、神崎晋、杉原茂孝、横谷進、長谷川奉延、原田正平、藤枝憲二:骨形成不全症の診療ガイドライン、日本小児科学会雑誌 110:1468-1471, 2006
  • 長谷川奉延、田中敏章、神崎晋、杉原茂孝、横谷進、田中弘之、原田正平、藤枝憲二:高インスリン血性低血糖症の診療ガイドライン、日本小児科学会雑誌 110:1472-1474, 2006
  • 横谷進、依藤亨、田中敏章、西美和、長谷川行洋、藤枝憲二:成長ホルモン分泌不全性低身長症の小児期の成長ホルモン治療から成人期の成長ホルモン治療への移行ガイドライン、日本小児科学会雑誌 110:1475-1479, 2006
  • 藤枝憲二:Consensus Meeting on Intersex in Chicago報告、成長発達 13:3:5-6, 2006
  • 藤枝憲二:子どもの成長、せいかつ健康ワイド、北海道新聞、3月29日、4月5日、4月12日、4月19日
  • 猪股弘明、楠田聡、大関武彦、藤枝憲二、山口清次、黒田泰弘、戸苅創:新生児マススクリーニングにおける低出生体重児の採血時期に関する指針、日本マススクリーニング学会雑誌、2006
研究業績 > 2006年

報告書 (2006年)

  • 藤枝憲二、向井徳男、田島敏広:P450 oxidoreductase(POR)異常症、厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」、平成17年度 総括・分担研究報告書、pp7-13, 平成18年3月
  • 藤枝憲二、大日向純子、三浦菜生、雨宮聡、荒木章子、田中肇:慢性疲労症候群のリズム評価、平成17年度厚生労働省科学研究(子ども家庭総合研究事業)「引きこもりに繋がる小児慢性疲労、不登校の治療・予防に関する臨床研究」、pp4-6,2006
  • 藤枝憲二、古谷野伸:聾学校児童における先天性サイトメガロウイルス感染症の頻度に関する研究、 厚生労働省研究費補助金、感覚器障害研究「先天性サイトメガロウイルス感染症による聴覚障害の実態調査並びに発症予防を目指した基礎的研究」、平成17年度 総括・分担研究報告書、pp13-14, 平成18年3月


  • 島津章、立花克彦、勝又則行、肥塚直美、横谷、藤枝憲二、田中俊章:成長ホルモンおよびIGF-I測定の標準化に関する研究、成長科学協会研究年報 29:47-49, 2005
  • 藤枝憲二、長屋建、中村英記、竹田津原野、林時仲、田中俊章:内分泌・代謝疾患に起因する低血糖症による脳発達障害の診断と治療ガイドラインに関する研究、厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 15指-4, 発達期に発症する外因性脳障害の診断・治療ガイドラインに関する臨床的実証研究、平成17年度 総括研究報告書、ガイドライン暫定案資料、pp26-28, pp84-94, 平成18年3月
  • 向井徳男、鈴木 滋、松尾公美浩、上田 修:財団法人成長科学協会研究助成、成長障害患者における生物学的不活性型成長ホルモン発見スクリーニング、成長科学協会研究年報29: 263-265
  • 横谷 進、島津 章、田中弘之、和田尚弘、寺本 明、永井敏郎、長谷川奉延、長谷川行洋、羽二生邦彦、堀川玲子、藤田敬之助、向井徳男、伊藤純子:成長ホルモン療法の長期治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究、成長科学協会研究年報29: 1-10
  • 藤枝憲二、松尾公美浩:転写因子Foxo1による摂食調節機構の解明、平成17年度独創性のある生命科学研究「生活習慣病に関する総合的研究―分子遺伝学的病態解析から予防・治療まで―」、2006
  • 古谷野伸、藤枝憲二:新生児期無症候性であった先天性サイトメガロウイルス感染症患者における聴力障害の頻度に関する研究」、 平成17年度厚生労働科学研究費補助金(感覚器障害研究事業)厚生労働省研究班、分担研究報告書
  • 古谷野伸、藤枝憲二:平均赤血球容積(MCV)の変動による抗HIV薬内服の自己申告に依らないアドヒアランスの推定、エイズ診療向上に関する調査研究、平成17年度報告書
研究業績 > 2006年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.