研究業績

2007年

著書 (2007年)

  • Fujieda k, Tanaka T: Diagnosis of children with short stature: Insights from KIGS. Growth hormone therapy in pediatrics 20 years of KIGS, Ranke MB, Price DA, Reiter EO eds, Karger, pp16-22, 2007
  • 藤枝憲二:副腎ステロイド合成異常症、内科学第9版、杉本恒明、矢崎義雄 総編集、朝倉書店、pp1408-1411, 2007
  • 藤枝憲二:くる病、小児科診療ガイドライン-最新の診療指針-、五十嵐隆編集、 総合医学社、pp328-331, 2007
  • 藤枝憲二:小児糖尿病、今日の診断基準、大田健、奈良信雄編集、南江堂、pp927-929, 2007
  • 藤枝憲二:内分泌 臨床分野での進歩 性成熟異常症 最近の進歩、Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2007、l金原出版、pp 215-221, 2007
  • 鈴木滋、蒔田芳男、藤枝憲二:新生児糖尿病、カラー版糖尿病学、門脇孝、石橋俊、佐倉宏、戸邉一之、野田光彦編、西村書店、pp399-401, 2007
  • 蒔田芳男:Camurati-Engelmann病 9章 骨密度の増加する疾患 最新整形外科学大系21「骨系統疾患、代謝性骨疾患」、中村利孝、吉川秀樹編、中山書店、pp244-248, 2007
  • 蒔田芳男:骨幹異形成症/Camurati-Engelmann病 骨系統疾患マニュアル 改訂第2版(日本整形外科学会、小児整形外科学会編集)、pp104-105 南江堂 2007
研究業績 > 2007年

原著 (2007年)

  • Suzuki S, Makita Y, Mukai T, Matsuo K, Ueda O, Fujieda K: Molecular basis of neonatal diabetes in Japanese patients, J Clin Endocrinol Metab. 92: 3979-3985, 2007
  • Tajima T, Hattori T, Nakajima T, Okuhara K, Tsubaki J, Fujieda K: A novel missense mutation (P366T) of the LHX4 gene causes severe combined pituitary hormone deficiency with pituitary hypoplasia, ectopic posterior lobe and a poorly developed sella turcica. Endocr J. 54(4): 637-634, 2007
  • Tajima T, Fujiwara F, Sudo A, Saito S, Fujieda K: A Japanese patient of congenital hypothyroidism with cerebellar atrophy. Endocr J. 54(6):941-944, 2007
  • Adachi M, Asakura Y, Sato Y, Tajima T, Nakajima T, Yamamoto T, Fujieda K: Novel SLC12A1 (NKCC2) mutations in two families with Bartter syndrome Type 1. Endocr J. 54(6):1003-1007, 2007
  • Clyman RI, Waleh N, Kajino H, Roman C, Mauray F: Calcium-dependent and calcium-sensitizing pathways in the mature and immature ductus arteriosus. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 293(4):R1650-6, 2007
  • Nagaya K, Tanaka S, Kitajima H, Fujimura M: The corrected blood urea nitrogen predicts the developmental quotient of extremely low-birth-weight infants at the corrected age of 36 months. Early Human Development 83,285-291, 2007
  • Okamoto T, Shirai M, Kokubo M, Takahashi S, Kajino M, Takase M, Sakata H, Oki J: Human milk reduces the risk of retinal detachment in extremely low birth weight infants, Pediatr Int 49: 894-897, 2007
  • Ohsaki Y., Kuroki M., Tachibana M., Koyano S., Yoshida I., Ito Y. Use of sodium hypochlorite (NaOCl) in laundering stops cross-contamination of Bacillus cereus. J Infect. 55(3):283-284, 2007
  • Ohsaki Y, Koyano S, Tachibana M, Shibukawa K, Kuroki M, Yoshida I, Ito Y: Undetected Bacillus pseudo-outbreak after renovation work in a teaching hospital. J Infect. 54(6):617-622, 2007
  • Ogawa H, Suzutani T, Baba Y, Koyano S, Nozawa N, Ishibashi K, Fujieda K, Inoue N, Omori K: Etiology of severe sensorineural hearing loss in children: independent impact of congenital cytomegalovirus infection and GJB2 mutations. J Infect. Dis. 195:782-788, 2007
  • Nozawa N, Koyano S, Yamamoto Y, Inami Y, Kurane I, Inoue N: A real-time PCR assay using specimens on filter discs as a template for detection of cytomegalovirus in urine. J Clin Microbiol. 45:1305-1307, 2007
  • Kaname T, Yanagi K, Chinen Y, Makita Y, Okamoto N, Maehara H, Owan I, Kanaya F, Kubota Y, Oike Y, Yamamoto T, Kurosawa K, Fukushima Y, Bohring A, Opitz JM, Yoshiura K, Niikawa N, Naritomi K: Mutations in CD96, a member of the immunoglobulin superfamily, cause a form of the C (Opitz trigonocephaly) syndrome. Am J Hum Genet. 81(4):835-841, 2007.
  • Hayashi S, Ono M, Makita Y, Imoto I, Mizutani S, Inazawa J: Fortuitous detection of a submicroscopic deletion at 1q25 in a girl with Cornelia-de Lange syndrome carrying t(5;13)(p13.1;q12.1) by array-based comparative genomic hybridization. Am J Med Genet A. 143(11):1191-1197, 2007.
  • Makita Y, Narumi Y, Yoshida M, Niihori T, Kure S, Fujieda K, Matsubara Y, Aoki Y: Leukemia in Cardio-facio-cutaneous (CFC) syndrome: a patient with a germline mutation in BRAF proto-oncogene. J Pediatr Hematol Oncol. 29(5):287-290, 2007.
  • Nakamura S, Makita Y, Takagi A, Hashimoto Y, Takahashi H, Ishida-Yamamoto A,Iizuka H: Hutchinson-Gilford progeria syndrome with severe skin calcinosis. Clin Exp Dermatol. 32(5):525-528, 2007
  • Hayashi S, Honda S, Minaguchi M, Makita Y, Okamoto N, Kosaki R, Okuyama T, Imoto I, Mizutani S, Inazawa J: Construction of a high-density and high-resolution human chromosome X array for comparative genomic hybridization analysis. J Hum Genet. 52(5):397-405, 2007.
  • Narumi Y, Aoki Y, Niihori T, Neri G, Cave H, Verloes A, Nava C, Kavamura MI, Okamoto N, Kurosawa K, Hennekam RC, Wilson LC, Gillessen-Kaesbach G, Wieczorek D, Lapunzina P, Ohashi H, Makita Y, Kondo I, Tsuchiya S, Ito E, Sameshima K, Kato K, Kure S, Matsubara Y: Molecular and clinical characterization of cardio-facio-cutaneous (CFC) syndrome: overlapping clinical manifestations with Costello syndrome. Am J Med Genet A. 143(8):799-807, 2007.
  • Sato T, Kobayashi R, Toita N, Kaneda M, Hatano N, Iguchi A, Kawamura N, Ariga T:Stem cell transplantation in primary immunodeficiency diseasepatients. Pediatr Int. 49:795-800, 2007
  • Moriuchi R, Shibaki A, Yasukawa K, Onozuka T, Sato T, Kaneda M, Iguchi A,Kobayashi R, Shimizu H: Neonatal vesiculopustular eruption of the face: a sign of trisomy 21-associated transient myeloproliferative disorder. Br J Dermatol. 156:1373-1374, 2007
  • 島津章、千原和夫、肥塚直美、寺本明、田中敏章、巽圭太、立花克彦、勝又 規行、横谷進、藤枝憲二:日本人成人における血中インスリン様成長因子-I濃度の基準範囲について、ホルモンと臨床 55(4): 393-399, 2007
  • 河野斉、田中敏章、藤枝憲二、高野加壽恵:基礎と臨床 小児成長ホルモン分泌不全性低身長症と脂質代謝異常:ホルモンと臨床 55(7): 725-730, 2007
  • 岡田基、杉本昌也、相沢圭、清川恵子、藤本一弘、小北直宏、藤田智、和久勝昭、星智和、葛西眞一、佐藤伸之、長谷部直幸、郷 一知:食道癌術後の心房細動に低用量塩酸ランジオロールが有効であった肥大型心筋症の1例、Progress in Medicine 27(7):1723-1726、2007
  • 中村英記、長屋建、竹田津原野、林時仲、藤枝憲二:北海道における脊髄髄膜瘤患者数の推移:1995〜2004、臨床小児医学 54:133-135, 2007
  • 長森恒久、岡本年男、梶野真弓、高瀬雅史、白井勝、坂田宏、沖潤一、丸山静男:胎児期に発症した血球貪食症候群(Hemophagocytic lymphohistiocytosis: HLH)の一例、日本未熟児新生児学会雑誌 19: 35-42, 2007
  • 松本直也、立花幸晃、古谷野伸:MRI拡散強調画像により診断し得たHaemophilus influenzae type b (Hib)による化膿性髄膜炎に合併した脳室炎の一小児例、小児感染免疫 19: 254-258, 2007
  • 安藤明彦、長坂昌一郎、蒔田芳男、石橋俊:新生児一過性糖尿病の再発と考えられた1例. Diabetes Journal(糖尿病と代謝) 35:118-121,2007
  • 佐藤智信、鈴木大介、市川瑞穂、中嶋雅秀、金田真、井口晶裕、佐々木了、田中伸哉、進藤正信、中川温子、小林良二.背部で急速に増大したinfantile fibrosarcomが疑われた幼児例.日本小児がん学会雑誌43:756-760,2007
研究業績 > 2007年

総説 (2007年)

  • 藤枝憲二:ここまでわかる成長曲線序文、小児科臨床60(2): 165, 2007
  • 田島敏広、藤枝憲二:【ここまで分かる成長曲線】 萎縮性甲状腺炎、小児科臨床 60(2): 167-172, 2007
  • 松尾公美浩、 藤枝憲二:【ここまで分かる成長曲線】 単純性肥満、小児科臨床 60(2): 181-18, 2007
  • 藤枝憲二:【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 内分泌・代謝 性腺機異常 女児の思春期早発症でも器質的原因によるものがある、内科 99(6): 1334-1336, 2007
  • 藤枝憲二:【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 内分泌・代謝 性腺機異常 思春期年齢を過ぎても二次性徴が発来しなければ、永続性性腺機能異常症が疑われる、内科 99(6): 1337-1338, 2007
  • 藤枝憲二:【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 内分泌・代謝 性腺機能異常 無月経の原因として性分化異常症がある、内科 99(6): 1339-1340, 2007
  • 高野加壽恵、田中敏章、藤枝憲二:【成長ホルモン治療データベース20周年 Global KIGSの歩み】 成長ホルモン治療の歴史とKIGSの役割、ホルモンと臨床 55(8): 733-740, 2007
  • 藤枝憲二:【成長ホルモン治療データベース20周年 Global KIGSの歩み】 KIGS Japanの組織・研究活動の変遷、ホルモンと臨床 55(8): 751-756, 2007
  • 藤枝憲二:小児内分泌代謝疾患における最近の動向、小児科48:1485-1495, 2007
  • 向井徳男、藤枝憲二:【よく遭遇する内分泌疾患診療のための基本知識】 マス・スクリーニング発見例 先天性副腎過形成症、小児科診療 70(10): 1703-1708, 2007
  • 藤枝憲二:【内分泌疾患のやさしい診かた】 一般医家が出会うことの多い内分泌疾患のやさしい診かた 性腺疾患、診断と治療 95(2): 295-300, 2007
  • 藤枝憲二:DAX-1異常症、最新医学 62(6): 1241-1247, 2007
  • 林時仲 母乳育児支援徹底チェック 母乳には赤ちゃんに必要な量の鉄分は含まれていないのでしょうか?ペリネイタルケア 26:58-59, 2007
  • 林時仲 母乳育児支援徹底チェック 人工乳の成分は母乳と変わらないのでしょうか? ペリネイタルケア 26:60-62, 2007
  • 林時仲 正常細菌叢の確立による感染予防 ネオネイタルケア20:33-38, 2007
  • 林時仲、藤枝憲二 周産期の症候・診断・治療ナビ 外性器の異常 周産期医学 37増:455-458, 2007
  • 長屋建、竹田津原野、藤枝憲二: 胎児発育とIGF、ホルモンと臨床 55:49-55、2007
研究業績 > 2007年

その他 (2007年)

  • 藤枝憲二:Stethoscope 614 症状から診る小児疾患への対応 体重増加不良、日本医師会雑誌、CH-61, 2007
  • 藤枝憲二:小児・思春期糖尿病管理の手引き(改訂第2版)、内科 100:936, 2007
  • 田中敏章、横谷進、西美和、長谷川行洋、依藤亨、藤枝憲二、伊藤進、板橋家頭夫、戸苅創:. SGA性低身長症におけるGH治療のガイドライン、日本小児科学会雑誌 111(4): 641-646, 2007
  • 藤枝憲二:あんふぁんママの質問箱、子どもの成長について、あんふぁん北海道版、月刊7:13, 2007
  • 藤枝憲二:成長曲線には情報がいっぱい、あんふぁん北海道版、月刊 9-10:32-33, 2007
  • 藤枝憲二:ENDO2007 監修、2007
  • 藤枝憲二:FLASH REPORT、第89回米国内分泌学会(ENDO2007)総監修
  • 藤枝憲二:お子様の成長記録、ファイザー、2007
  • 藤枝憲二:子供のバセドー病、体の悩み 聞いて効く、産経新聞、平成19年12月5日、pp22,2007
  • 藤枝憲二、松尾公美浩:転写因子Foxo1による摂食調節機構の解明、平成17年度独創性のある生命科学研究「生活習慣病に関する総合的研究―分子遺伝学的病態解析から予防・治療まで―」、旭川医科大学研究フォーラム第8巻1号(12月刊行予定)、2007
研究業績 > 2007年

報告書 (2007年)

  • 藤枝憲二:副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 総括研究報告、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成18年度総括・報告書 pp4-9, 2007
  • 藤枝憲二、向井徳男、田島敏広:先天性副腎低形成症の診断基準(1次案)、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成18年度総括・報告書 pp32-35, 2007
  • 藤枝憲二、向井徳男、鈴木滋、田島敏広:Yeast two-hybrid systemを用いたStARタンパク相互作用因子同定の試み、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成18年度総括・報告書 pp48-49, 2007


  • 藤枝憲二、鈴木滋、向井徳男:北海道におけるステロイドホルモン産生異常症登録患者の解析、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成18年度総括・報告書 pp56-66, 2007
  • 島津章、立花克彦、勝又規行、肥塚直美、横谷進、巽圭太、藤枝憲二、田中敏章:成長ホルモン(GH)および関連因子の測定に関する研究、成長科学協会研究年報 30: 35-42, 2007
  • 向井徳男、ミレグリ・マイマイティ、鈴木滋、松尾公美浩、上田修、蒔田芳男:成長ホルモン受容体遺伝子エクソン3多型と、出生時身長・体重および臍帯血中インスリン様成長因子濃度との関連性に関する研究、成長科学協会研究年報 30: 237-240, 2007
  • 藤枝憲二、大日向純子、鈴木菜生、荒木章子、高橋悟、田中肇:慢性疲労症候群の生活リズムと治療効果の評価、厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業「引きこもりに繋がる小児慢性疲労、不登校の治療・予防に関する臨床的研究」、平成18年度報告書,pp3-6, 2007
  • 古谷野伸、藤枝憲二:HIV, HCV重複感染患者のC型肝炎治療経過、エイズ診療向上に関する調査研究 平成18年度 研究成果報告書
  • 古谷野伸、藤枝憲二:臍帯を利用した先天性サイトメガロウイルス感染症診断のまとめ、厚生労働科学研究費補助金(感覚器障害研究事業)分担研究 平成18年度 報告書
研究業績 > 2007年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.