研究業績

2008年

著書 (2008年)

  • 藤枝憲二:刊行に寄せて、大関武彦、藤枝憲二編集、小児のメタボリックシンドローム、日本小児内分泌学会編集、診断と治療社、2008
  • 藤枝憲二:巻頭言、藤枝憲二、伊藤喜久編集、ホルモンの病態異常と臨床検査、臨床検査増刊号 vol 52,No 11, pp1093-1094, 2008, 医学書院
  • 田中弘之、藤枝憲二:序文、小児の骨の発達とその異常性、藤枝憲二監修、田中弘之編集、診断と治療社、ppiii, 2008
  • 松尾公美浩、藤枝憲二:薬物療法 B くる病、小児の骨の発達とその異常性、藤枝憲二監修、田中弘之編集、診断と治療社、pp271-274, 2008
  • 藤枝憲二:副腎皮質ホルモンの産生調節と作用、講義録小児科学、佐地勉、有阪治、大澤真木子、近藤直実、竹村司編集、メジカルビュー社、pp308-311, 2008
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、講義録小児科学、佐地勉、有阪治、大澤真木子、近藤直実、竹村司編集、メジカルビュー社、pp312-314, 2008
  • 藤枝憲二:副腎皮質機能低下症、講義録小児科学、佐地勉、有阪治、大澤真木子、近藤直実、竹村司編集、メジカルビュー社、pp315-317, 2008
  • 藤枝憲二:クレチン症、病気と薬 パーフェクトBook 2008, (薬局増刊号59:4, 2008)、池田宇一、大越教夫、横田千津子監修・編集、南山堂、pp990-992, 2008
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、新版処方計画法、永井書店、57:428-429, 2008
  • 藤枝憲二:先天性副腎過形成症、小児疾患診療のための病態生理、東京医学社、小児内科40増刊号:752-759, 2008
  • 藤枝憲二:視床下部・下垂体疾患、小児科学第3版、大関武彦、近藤直実総編集、医学書院、pp1482-1485, 2008
  • 藤枝憲二:先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)、今日の治療指針、山口徹、北原光夫、福井次矢総編集、医学書院、pp1038-1039, 2008
  • 長屋建、林時仲、藤枝憲二:内分泌臓器の発生と発育、新生児内分泌ハンドブック、新生児内分泌研究会編著、河井昌彦、楠田聡責任編集、MCメデイカ出版、pp2-11, 2008
  • 鈴木滋、藤枝憲二:Down症候群、新時代の糖尿病学1、日本臨床66(増刊号3): 572-575, 2008
  • 梶野浩樹:出生後の動脈管閉鎖機転とその異常、小児疾患診療のための病態生理、東京医学社、小児内科40増刊号:190-194, 2008
研究業績 > 2008年

原著 (2008年)

  • Okuhara K, Abe S, Kondo T, Fujita K, Koda N, Mochizuki H, Fujieda K, Tajima T:Four Japanese patients with adrenal hypoplasia congenital and hypogonadotropic hypogonadism caused by DAX-1 gene mutations:Mutant DAX-1 failed to repress steroidogenic acute regulatory protein (StAR) and luteinizing hormone β-subunit gene promoter activity. Endocr J 55(1):97-103, 2008
  • Nakayama K, Kubota M, Katoh Y, Sawada Y, Saito A, Nishimura K, Katsura E, Ichihara N, Suzuki T, Kouguchi H, Tamura M, Honma H, Kanzaki S, Itami H, Ohtake A, Kobayashi K, Ariga T, Fujieda K, Shimizu N, Aoki T: Early and presymptomatic detection of Wilson’s disease at the manadatory 3-year-old medical health care examination in Hokkaido prefecture with the use of a novel automated urinary ceruloplasmin assay. Mol Genet Metab 94:363-367, 2008
  • Tanaka T, Fujieda K, Yokoya S, Tada H, Mishina J, Seino Y:Efficacy and safety of Growth Hormone (GH) of short children born SGA in Japan. J Pediatr Endocrinol Metab, 21:423-431, 2008
  • Tajima T, Tsubaki J, Ishizu K, Jyo W, Ishii N, Fujieda K: Case study of a 15-year-old boy of MaCune-Albright syndrome combined with pituitary gigantism: Effect of octreotide-long acting release (LAR) and cabergoline therapy. Endcr J, 55:595-599, 2008
  • Yasuda K, Taguchi H, Sawamura Y, Ikeda J, Aoyama H, Fujieda K, Ishii N, Kashiwamura M, Iwasaki Y, Shirato H:Low-dose Craniospinal Irradiation and Ifosfamide, Cisplatin and Etoposide for Non-metastatic Embryonal Tumors in the Central Nervous System. Jpn J Clin Oncol 38(7):486-4922, 2008
  • Fujiwara F, Fujikura K, Okuhara K, Tsubaki J, Fukushi M, Fujita K, Fujieda K, Tajima T:Central congenital hypothyroidsim detected by neonatal screening in Sapporo, Japan (2000-2004): It’s prevalence and clinical characteristics. Clin Pediatr Endocrinol 17:65-69, 2008
  • Ohinata J, Suzuki N, Araki A, Takahashi S, Fujieda K, Tanaka H: Actigraphic assessment of sleep disorders in children with chronic fatigue syndrome, Brain Dev 30(5):329-333, 2008
  • Takahashi S, Ohinata J, Makita Y, Suzuki N, Araki A, Sasaki A, Murono K, Tanaka H, Fujieda K: Skewed X chromosome inactivation failed to explain the normal phenotype of a carrier female with MECP2 mutation resulting in Rett syndrome, Clin Genet 73(3):257-261, 2008
  • Takahashi S, Ohinata J, Suzuki N, Amamiya S, Kajihama A, Sugai R, Araki A, Fujieda K, Tanaka H: Molecular analysis and anticonvulsant therapy in two patients with glucose transporter 1 deficiency syndrome: A successful use of zonisamide for controlling the seizures. Epilepsy Res 80: 18-22, 2008
  • Okamoto T, Takahashi S, Nakamura E, Nagaya K, Hayashi T, Shirai M, Fujieda K: Increased matrix metalloproteinase-9 activity in the cerebrospinal fluid of infants with posthemorrhagic hydrocephalus. Early Hum Dev 84(2):137-139, 2008
  • Fukui Y, Shindoh K, Yamamoto Y, Koyano S, Kosugi I, Yamaguchi T, Kurane I, Inoue N: Establishment of a Cell-Based Assay for Screening of Compounds Inhibiting Very Early Events in Cytomegalovirus Replication Cycle and Characterization of a Compound Identified Using the Assay. Antimicrob. Agents Chemother. 52: 2420-2427, 2008
  • Yan H, Koyano S, Inami Y, Yamamoto Y, Suzutani T, Mizuguchi M, Ushijima H, Kurane I, Inoue N: Genetic variations in the gB, UL144 and UL149 genes of human cytomegalovirus strains collected from congenitally and postnatally infected Japanese children. Arch Virol. 153(4): 667-674, 2008
  • Inoue N, Koyano S: Evaluation of screening tests for congenital cytomegalovirus infection. Pediatr Infect Dis J. 27(2): 182-184, 2008
  • Yan H, Koyanao S, Inami Y, Yamamoto Y, Suzutani T, Mizuguchi M, Ushijima H, Kurane I, Inoue N: Genetic linkage among human cytomegalovirus glycoprotein N(gN) and g O genes, with evidence for recombination from congenitally and post-natally infected Japanese infants. J Gen Virol 89:2275-2279, 2008
  • Sato T, kaneda M, Iguchi I, Yoshida M, Yasuda K, Kobayashi R, Kobayashi K:Stem cell transplantation for advanced neuroblastoma. Jap J Pediatr Oncol 45(3):268-274, 2008
  • Kobayashi R, Sato T, Nakajima M, Kaneda M, Iguchi I, Yoshida M, Yasuda K, Kobayashi K:Allogenic stem cell transplantation for advanced solid tumor in chikdren Jap J Pedaitr Oncol 45(3):281-286, 2008
  • Sato T, Nakajima M, Kaneda M, Iguchi I, Yoshida M, Yasuda K, Kobayashi R, Kobayashi K:Clinical characteristics and outcome of pediatric renal tumor. Jap J Pediatr Oncol 45(3):287-291, 2008
  • 田中敏章、横谷進、藤枝憲二、清野佳紀、多田裕、三科潤:日本人SGA性低身長症患児に対する成長ホルモンの治療効果と安全性、ホルモンと臨床56:961-971, 2008
  • 田中敏章、五十嵐裕、大山建司、小川正道、長田久雄、鬼形和道、神崎晋、河野斉、清野佳紀、藤田敬之助、高橋弘昭、西美和、藤枝憲二、横谷進:ターナー症候群におけるエストロゲン補充療法開始時における思春期の伸びの予測法のretrospectiveな評価、日本成長学会雑誌14(2):55-59, 2008
  • 鴨嶋雄大、澤村豊、岩崎喜信、藤枝憲二、高橋博之:下垂体腺腫、ラトケ嚢胞を合併したCarney complexの1例、脳神経外科 36(6):535-539, 2008
  • 田中敏章、伊藤純子、島津章、田中弘之、寺本明、永井敏郎、長谷川奉延、羽二生邦彦、藤田敬之助、堀川玲子、向井徳男、和田尚弘、横谷進:年齢別およびSGA児とAGA児における成長ホルモン治療の1年目の効果の比較、日本成長学会雑誌 14(1):25-30, 2008
  • 荒木章子、大日向純子、鈴木菜生、岩佐諭美、雨宮聡、田中肇、藤枝憲二:北海道旭川市における3歳児健診時の睡眠週間に関するアンケート調査. 脳と発達 40: 370-374, 2008
  • 杉本昌也、熊倉理恵, 岩本洋一, 熊谷晋一郎, 石戸博隆, 松永保, 竹田津未生, 小林俊樹, 先崎秀明:先天性心疾患術後の乳び胸水に対しoctreotide acetate投与が奏効した1例、小児科診療, 71:157-160, 2008
  • 中村英記、岡本年男、中右弘一、真鍋博美、杉本昌也、長屋 建、林 時仲、梶野浩樹、藤枝憲二:ボセンタン投与によりECMOとNO吸入療法から離 脱できた新生児遷延性高血圧症の1例、周産期医学、38:369-373, 2008
  • 中村英記、岡本年男、長屋 建、林 時仲、藤枝憲二:多血症に対する部分交換輸血療法の再評価〜生理食塩水と5%アルブミンの比較〜、日本周産期・新生児医学会雑誌 44:702-705, 2008
  • 岡本年男、小久保雅代、梶野真弓、高瀬雅史、白井 勝、坂田 宏、新飯田裕一、沖 潤一:頭部エコーの脳室拡大を契機に診断した、後頭蓋窩硬膜下血腫、二次性水頭症の早産極低出生体重児例、日本未熟児新生児学会誌20:53-58、2008
研究業績 > 2008年

総説 (2008年)

  • Tajima T , Fujieda K: Prenatal Diagnosis and Treatment of Steroid 21-Hydroxylase Deficiency. Clin Pediatr Endocrinol, 17:95-102, 2008
  • 藤枝憲二:副腎ホルモン産生異常における難病の現況とその対策、ホルモンと臨床 56(1): 61-70, 2008
  • 藤枝憲二、田島敏広:新生児内分泌疾患マス・スクリーニングの現状-先天性甲状腺機能低下症と先天性副腎過形成症、ホルモンと臨床56:873-879, 2008
  • 藤枝憲二:先天性副腎低形成、日本内科学会雑誌、97(4):736-742, 2008
  • 藤枝憲二:KIGSとKIMSについて、内分泌・糖尿病科26(4):409-418, 2008
  • 藤枝憲二:性分化異常症の診断と治療-特に先天性副腎過形成症を中心に、日本小児泌尿器科学会雑誌16(2):125-129, 2007
  • 佐藤浩一、佐々木望、原田正平、田中敏章、赤須文人、朝山光太郎、荒田尚子、猪股弘明、大江秀美、鬼形和道、神崎晋、杉原茂孝、田尻淳一、田中弘之、西山宋六、長谷川奉延、長谷川行洋、深田修司、百渓尚子、横谷進、吉村弘、森昌朋、藤枝憲二:小児期発症バセドウ病薬物治療のガイドライン2008、日本小児内分泌学会薬事委員会報告、日本小児科学会雑誌 112:946-952, 2008
  • 緒方勤、堀川玲子、長谷川奉延、位田忍、向井徳男、安達昌功、有阪治、藤枝憲二:性分化異常症の管理に関する合意見解、日本小児内分泌学会性分化委員会報告、日本小児科学会雑誌112:565-578, 2008
  • 田中敏章、横谷進、長谷川奉延、神崎晋、杉原茂孝、田中弘之、原田正平、藤枝憲二:ターナー症候群におけるエストロゲン補充療法ガイドライン、日本小児内分泌学会薬事委員会報告、日本小児科学会雑誌 112:1048-1050, 2008
  • 鈴木滋,藤枝憲二:インスリン抵抗性・耐糖能異常を伴う遺伝性症候群 Down症候群、日本臨床増刊号 新時代の糖尿病学1, 572-575, 2008
  • 田中肇、荒木章子: 乳幼児の睡眠の実態. 小児内科 40: 33-36, 2008
  • 林時仲:お母さんの疑問に答える新生児Q&A黒目が沈むように下に落ちてしまいます.これは何が原因なのでしょうか? Perinatal care 27,40-41,2008
  • 林時仲:お母さんの疑問に答える新生児Q&A手足の色がときどきですが青くなることがあります.治療がひつようでしょうか?Perinatal care 27,42-43,2008
  • 林時仲:周産期センターを持つ大学病院のBFH認定までの道のりと現在の取り組み Neonatal Care、21,713-719,2008
  • 長屋建、林時仲:もらい母乳を考える(その効果と安全性)、授乳禁忌の疾患、周産期医学、38:1325-132, 2008
研究業績 > 2008年

その他 (2008年)

  • 藤枝憲二:絵で見るターナー症候群第3版、藤枝憲二監修、2008
研究業績 > 2008年

報告書 (2008年)

  • 藤枝憲二:総括研究報告書、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 pp4-10, 2008
  • 藤枝憲二、鈴木滋、向井徳男、上芝元:本邦における副腎皮質癌の疫学調査、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 pp55-68, 2008
  • 田島敏広、大関武彦、藤枝憲二、向井徳男:21-水酸化酵素欠損症の出生前診断、治療についてのアンケート調査、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 pp74-76, 2008
  • 藤枝憲二、向井徳男、鈴木滋、田島敏広:Yeast two-hybrid systemを用いたStAR及びDAX-1相互作用因子同定の試み、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 pp90-92, 2008
  • 藤枝憲二:総合研究報告、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」 平成17〜19年度 総合研究報告書 pp2-18, 2008
  • 藤枝憲二、鈴木滋、向井徳男:北海道におけるステロイドホルモン産生異常症登録患者の解析、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」 平成17〜19年度 総合研究報告書 pp30-35, 2008
  • 藤枝憲二、鈴木滋、向井徳男、上芝元:本邦における副腎皮質癌の疫学調査、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」 平成17〜19年度 総合研究報告書 pp36-38, 2008
  • 藤枝憲二、向井徳男、鈴木滋:Yeast two-hybrid systemを用いたStAR及びDAX-1相互作用因子同定の試み、厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」 平成17〜19年度 総合研究報告書 pp47-48, 2008
  • 加藤忠明、倉辻忠俊、柳澤正義、別所文雄、内山聖、森川昭廣、柳川幸重、藤枝憲二、伊藤善也、武井修治、杉原茂孝、伊藤道徳、小池健一、有賀正、飯沼一宇、松井陽、原田正平、西牧謙吾、齋藤進、掛江直子、顧艶紅、佐藤ゆき:平成17年度小児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録状況、平成19年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「法制化後の小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価・情報提供に関する研究」,平成19年度 総括・分担研究報告書、pp6-34, 2007
  • 藤枝憲二:内分泌疾患の登録・評価に関する研究、平成19年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「法制化後の小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価・情報提供に関する研究」,平成19年度 総括・分担研究報告書、pp57-94, 2008
  • 加藤忠明、原田正平、藤枝憲二、伊藤道徳、顧艶紅、鈴木恵美子、渡辺倫子、青木菊麿、大関武彦、倉辻忠俊:新生児マススクリーニング以外で発見された対象疾患児に関する研究、平成19年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「法制化後の小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価・情報提供に関する研究」,平成19年度 総括・分担研究報告書、pp160-178, 2008
  • 松尾公美浩、鈴木滋、向井徳男、藤枝憲二:GNAS1遺伝子に関する体細胞モザイク変 異の高感度同定法の確立、平成19年度旭川医科大学学術振興後援資金支援事業−研究活動助成事業報告書、2008
  • 向井徳男:成長ホルモン療法の長期治療効果に及ぼす諸因子の解析に関する研究 症候性低血糖で成長ホルモン治療適応申請されたものの背景、治療効果、成長科学協会研究年報、31:3, 2008
  • 向井徳男、松尾公美浩、鈴木滋、上田修:低身長児におけるNPR-B遺伝子異常に関する研究、成長科学協会研究年報、31:195-197, 2008
  • 小国弘量、武藤順子、高橋幸利、白坂幸義、沢石由起夫、矢野珠巨、星田 徹、小坂仁、中州敏、赤坂紀幸、須貝研司、宮本晶恵、高橋 悟、大澤真紀子: Rasmussen脳炎(症候群)の全国調査(頻度、臨床経過、予後調査).てんかん治療研究振興財団研究年報 19: 105-112, 2008
  • 高橋悟: 脳形成異常の病態解明:ー前脳特異的Cdk5欠損マウスをモデルとしてー. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)実績報告書 2008
  • 高橋悟、田中肇、藤枝憲二:脳形成異常に関連したてんかんの病態解明 - 前脳特異的Cdk5欠損マウスをモデルとして -. 母子保健協会小児医学研究助成 研究報告書 2008, pp17-18
  • 古谷野伸、藤枝憲二:アタザナビルを含む抗HIV療法中に生じた腎結石の解析、エイズ診療向上に関する調査研究 平成19年度 研究成果報告書
  • 古谷野伸:平成19年度「独創性のある生命科学研究」成果報告書
  • 長屋建、蒔田芳男、林時仲、藤枝憲二:インスリン様成長因子の遺伝的多様性と子宮内胎児発育遅延に関する研究、科学研究費補助金(基盤研究C)平成17年度~平成19年度研究成果報告書、pp1-12, 2008
  • 島津章、立花克彦、勝又規行、肥塚直美、横谷進、巽圭太、藤枝憲二、田中敏章:成長ホルモン(GH)および関連因子の測定に関する研究、成長科学協会研究年報、第31号、平成19年度、pp27-29
研究業績 > 2008年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.