研究業績

2010年

著書 (2010年)

  • 梶野浩樹:先天性心疾患の低酸素発作、2010年版/今日の治療指針、山口 徹・北原光夫・福井次矢編、医学書院、p1101-1102、2010
  • 梶野浩樹:動脈管の開存および閉鎖を目的とした治療、必携小児の薬の使い方、「小児内科」「小児外科」編集委員会編、東京医学社、p429-431、2010
  • 梶野浩樹:、小児期発症心疾患実態調査、患者状態適応型パス-電子コンテンツ2009年度版、p188-193、患者状態適応型パスシステム研究会編著、日本規格協会、2010
研究業績 > 2010年

原著 -英文- (2010年)

  • Sugimoto M, Manabe M, Nakau K, Furuya A, Okushima K, Fujiyasu H, Kakuya F, Goh K, Fujieda K, Kajino H : The Role of N-Terminal Pro-B-Type Natriuretic Peptide in the Diagnosis of Congestive Heart Failure in Children - Correlation With the Heart Failure Score and Comparison With B-Type Natriuretic Peptide -. Circ J 74: 998-1005, 2010
  • Suzuki S, Fujisawa D, Hashimoto K, Asano T, Maimaiti M, Matsuo K, Tanahashi Y, Mukai T, Fujieda K: Partial paternal uniparental disomy of chromosome 6 in monozygotic twins with transient neonatal diabetes mellitus and macroglossia, Clin Genet 78:580-584, 2010
  • Yamanaka Y, Hashimoto S, Tanahashi Y, Nishide SY, Honma S, Honma K.Physical exercise accelerates reentrainment of human sleep-wake cycle but not of plasma melatonin rhythm to 8-h phase-advanced sleep schedule. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 98(3):R681-691, 2010
  • Koga M, Murai J, Saito H, Yamada Y, Mori T, Suno S, Takeuchi K, Suzuki S, Fujieda K, Kasayama S: Measurement of glycated hemoglobin and glycated albumin in umbilical cord: evaluation of the glycemic control indicators in neonates, J Perinatol, in press
  • Takahashi S, Ohshima T, Hirasawa M, Pareek TK, Bugge TH, Morozov A, Fujieda K, Brady RO, Kulkarni AB: Conditional deletion of neuronal cyclin-dependent kinase 5 in developing forebrain results in microglial activation and neurodegeneration. Am J Pathol 176: 320-329, 2010
  • Tanaka H, Amamiya S, Takahashi S, Suzuki N, Araki A, Ohinata J, Fujieda K: Effect of neonatal hypoxia on the development of intraspinal serotonergic fibers in relation to spinal motoneurons. Brain Dev 32: 268-274, 2010
  • Muto A, Oguni H, Takahashi Y, Shirasaka Y, Sawaishi Y, Yano T, Hoshida T, Osaka H, Nakasu S, Akasaka N, Sugai K, Miyamoto A, Takahashi S, Suzuki M, Ohmori I, Nabatame S, Osawa M: Nationwide survey (incidence, clinical course, prognosis) of Rasmussen’s encephalitis. Brain Dev 32: 445-453, 2010
  • Okamoto T, Takahashi S, Nakamura E, Nagaya K, Hayashi T, Shirai M, Fujieda K: Increased expression of matrix metalloproteinase-9 and hepatocyte growth factor in the cerebrospinal fluid of infants with posthemorrhagic hydrocephalus. Early Hum Dev 86: 251-254, 2010
  • Zheng YL, Li BS, Rudrabhatla P, Shukla V, Amin ND, Maric D, Kesavapany S, Kanungo J, Pareek TK, Takahashi S, Grant P, Kulkarni AB, Pant HC: Phosphorylation of p27Kip1 at Thr187 by cyclin-dependent kinase 5 modulates neural stem cell differentiation. Mol Biol Cell 21: 3601-3614, 2010
  • Koyano S, Hirano Y, Nagamori T, Tanno S, Murono K, Fujieda K: A rare mutation in cystic fibrosis transmembrane conductance regulator gene in a recurrent pancreatitis patient without respiratory symptoms. Pancreas 39:686-687, 2010
  • Nagamori T, Koyano S, Inoue N, Yamada H, Oshima M, Minematsu T, Fujieda K: Single cytomegalovirus strain associated with fetal loss and then congenital infection of a subsequent child born to the same mother. J Clin Virol 49: 134-136, 2010
  • Iguchi A, Kobayashi R, Kaneda M, Kobayashi K: Plasma protein C is a useful clinical marker for hepatic veno-occlusive disease(VOD) in stem cell transplantation. Pediatr Blood Cancer 54, 437-443, 2010
  • Ichikawa M, Kobayashi R, Inamoto J, Suzuki D, Nakajima M, Cho Y, Kaneda M, Yoshida M, Ariga T: Higher urinal excretion of inorganic phosphate during early induction chemotherapy predicts a good prognosis in childhood acute leukemia. J Pediatr Hematol Oncol in press
  • Nakamura E, Makita Y, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Sugimoto M, Manabe H, Taketazu G, Kajino H, Fujieda K: 5.78 Mb terminal deletion of chromosome 15q in a girl, evaluation of NR2F2 as candidate gene for congenital heart defects. Eur J Med Genet (in press)
  • Okamoto T, Nakamura E, Nagaya K, Hayashi T, Mukai T, Fujieda K: Two novel frameshift mutations in the SOX9 gene in two patients with campomelic dysplasia who showed long-term survival. Journal of Pediatric Endocrinology and Metabolism 2010; 23: 1189-94.
研究業績 > 2010年

原著 -和文- (2010年)

  • いわゆる死後CT検査の所見を根拠に司法解剖を行い、死因究明に至った幼児虐待の1例、鈴木昭広, 杉本昌也, 小北直宏, 藤田智, 郷一知, 塩野寛, 清水恵子、日本救急医学会雑誌21(1)、 29-34、2010
  • 大関一裕,清水俊明,鈴木滋,蒔田芳男,藤枝憲二:ABCC8遺伝子異常を認め新生児一過性糖尿病と診断した超低出生体重児の1例、未熟児新生児学会雑誌, 印刷中
  • 荒木章子:AD/HDの治療ゴールを検証するー自験例をもとにー. 小児科臨床 63: 141-155, 2010
  • 佐々木彰、岡野聡美、古谷曜子、新宅茂樹、中村英記、平野至規、室野晃一:基礎疾患がなく心身症が疑われた上腸間膜動脈症候群の2例、小児科臨床 63,1743-1748,2010
  • 長森恒久、藤枝憲二: 先天性CMV感染症新生児パイロットマススクリーニングと陽性患児の臨床像の解析、北海道医学雑誌 85(4), 2010
  • 古谷野伸、井上直樹、長森恒久、藤枝憲二:先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングの意義、平成22年度北海道小児保健研究会会誌、36-40, 2010
  • 野原史勝 石羽澤映美、新宅茂樹、浅井洋子、五十嵐加弥乃、山本志保、土田悦司、小久保雅代、梶野真弓、瑣雅史、白井 勝、赤平百絵、坂田 宏、沖 潤一: 当院における脳低温療法施行症例の臨床的検討 旭川厚生病院誌 20(1), 2010
  • 市田蕗子, 佐地勉, 梶野浩樹, 小川俊一, 中澤誠、平成21年度稀少疾患サーベイランス調査結果、日本小児循環器学会雑誌、26:348-350, 2010
研究業績 > 2010年

総説 (2010年)

  • 鈴木滋,藤枝憲二:必携 小児の薬の使い方 急性副腎不全、小児内科,42増刊号:646-650,2010
  • 棚橋祐典,藤枝憲二:日本人成長パターンの動向, 小児内科, 42 513-518, 2010
  • 林 時仲:未熟児無呼吸発作.今日の治療指針、医学書院、東京、2010、印刷中
  • 林 時仲:出生直後における感染対策.妊産婦と赤ちゃんケア2、73-80、2010
  • 林 時仲:乳頭・乳房ケアの必要性.小児内科42、1626-1628、2010
  • 林 時仲:帝王切開と新生児の腸内細菌叢.周産期医学40、1524-1526、2010
  • 林 時仲:母子同室と母子異室.周産期医学40、増刊、2010、印刷中
  • 林 時仲:母子関係の確立.周産期医学40、増刊、2010、印刷中
  • 長屋建:低血糖・電解質異常への対応、周産期医学40、942-946、2010
  • 長屋建、本村勅子、林時仲、カンガルーケア・非栄養的吸てつによる哺乳練習、Neonatal Care 23、804-808、2010
  • 長屋建、胎児発育障害とインスリン様成長因子(IGFs)の役割、北海道小児科医会会報 26、5-13、2010
研究業績 > 2010年

報告書 (2010年)

  • 藤枝憲二、向井徳男、鈴木 滋:Yeast two-hybrid systemを用いたDAX-1相互作用因子同定の試み、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成21年度総括・報告書 pp27-29, 2010
研究業績 > 2010年

研究費 -文部科学省- (2010年)

  • 杉本昌也:平成20-22年度日本学術振興会科学研究費若手研究 (B);肺高血圧の進行度とボセンタンによる肺血管リモデリング抑制作用の他覚的評価法の開発、310万円
  • 鈴木 滋:平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究(B);新生児糖尿病の網羅的な病因・病態の解明と分子診断アルゴリズムの作成;110万円
  • 棚橋祐典:平成22年度日本学術振興会科学研究費基盤研究 (C);GnRHニューロンにおける思春期発来調節因子の新規機能解析と時間生理学的研究、200万円
  • 高橋 悟:平成22年日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C(一般);発達期脳に及ぼすてんかん発作の影響―皮質形成異常を有するモデル動物を用いた研究;研究代表者、395万円
  • 長屋 建:平成20年度〜22年度科学研究費補助金(基盤研究C);胎児グルココルチコイド暴露が胎児発育と新生児期に及ぼす影響に関する研究、356万円
  • 岡本年男:平成22年度〜24年度日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究(B);HGFがヒト髄膜細胞のMMP-9発現に及ぼす影響〜出血後水頭症の治療戦略に向けて 290万円
研究業績 > 2010年

研究費 -厚生労働省- (2010年)

  • 梶野浩樹:平成22年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、Ellis-van Creveld症候群の疫学調査と治療指針作成(H22-難治-一般-059) 1050万円
  • 藤枝憲二(梶野浩樹):平成20年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);副腎ホルモン産生異常に関する調査研究;研究代表者;1,000万円
  • 棚橋祐典:平成22年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);高カルシウム尿症と腎石灰化をと伴う家族性低マグネシウム血症(FHHNC)の全国実態調査と診断指針作成;研究代表者;900万円
  • 棚橋祐典:平成22年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);日本人における新生児糖尿病発症原因遺伝子異常の実態把握および遺伝子変異部位による薬効変化に関する検討;分担研究者;50万円
  • 棚橋祐典:平成21年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);褐色細胞腫の診断及び治療法の推進に関する研究班;分担研究者;10万円
  • 古谷野伸:平成22年度 厚生労働科学研究費 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業、全新生児を対象とした先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染スクリーニング体制の構築に向けたパイロット調査と感染児臨床像の解析エビデンスに基づく治療指針の基盤策定、2395.8万円
  • 古谷野伸:平成22年度 厚生労働科学研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業 150万円
研究業績 > 2010年

研究費 -財団など- (2010年)

  • 棚橋祐典,松尾公美浩,鈴木滋,向井徳男:平成22年度成長科学協会研究助成(自由研究課題):体質性低身長を含む低身長小児におけるGH-IGF-1 axisの分子遺伝学的網羅的解析;50万円
  • 古谷野伸:平成22年度 北海道「エイズ診療向上に関する調査研究」、70万円
  • 長森恒久:平成22年度「独創性のある生命科学研究」助成金、サイトメガロウイルスの増幅効率、再活性化と細胞内シグナル伝達の関連解明、100万円
  • 野原史勝:平成22年度「独創性のある生命科学研究」助成金、胎盤における甲状腺ホルモントランスポーターの発現と早産児甲状腺機能の関連に関する検討、100万円
  • 杉本昌也:財団法人 宮田心臓病研究振興財団:平成22年度医学研究者学究奨励金「次世代型DNA解析装置を用いた小児肺高血圧症の原因遺伝子の網羅的解析」;100万円
研究業績 > 2010年

受賞 (2010年)

  • 杉本昌也:第46回日本小児循環器学会会長賞(優秀賞)受賞 平成22年7月8日
  • 長屋建:旭川医大小児科 吉岡賞、平成22年7月24日
  • 長森恒久:旭川医大小児科 若手研究奨励賞、 平成22年12月11日
研究業績 > 2010年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.