研究業績

2011年

著書 (2011年)

  • 東 寛、秋野光明:洗浄・置換血小板の適応、Medical Technology、39:p1551-1554, 2011 (臨時増刊)
  • 東 寛:「血液事業の課題」 非溶血性副作用-患者側の背景について、第22回北海道輸血シンポジウム、北海道赤十字血液センター、p96-108
  • 長森恒久、古谷野伸:消化器疾患の落とし穴、小児の感染症診療の落とし穴、P151-P158, 南江堂、2011
  • 長森恒久:小児細菌感染症と抗菌化学療法 細菌性腸炎、薬局、南山堂、P67−P72、2012
  • 古谷野伸:サイトメガロウイルス感染症、今日の小児治療指針(第15版)、医学書院、P313-P314、2012
  • 杉本昌也、梶野浩樹:子どもの年齢別の血圧の基準値について教えてください、小児内科 43増刊号: 141-143, 2011
  • 荒木章子:ADHDの新しい治療戦略ーアトモキセチンを中心としてー、市川宏伸、大澤真木子監修 メディカルレビュー社 p23-9 2011
研究業績 > 2011年

原著 -英文- (2011年)

  • Takahashi T, Azuma H, Sakai H, Sou K, Wakita D, Abe, H, Fujihara M, Horinouchi H, Nishimura T, Kobayasi K, Ikeda H. Phagocytosis of liposome particles by rat splenic immature monocytes makes then transiently and highly immunosuppressive in ex vivo culture conditions. JPET 337: 42-49, 2011.
  • Wakamoto S, Fujihara M, Takahashi D, NIwa K, Sato S, Kato T, Azuma H, Ikeda H. Enhancement of endothelial permeability by coculture with peripheral blood mononuclear cells in the presence of HLA class II antibody that was associated with TRALI. Transfusion 51: 993-1001, 2011.
  • Koyano S, Inoue N, Oka A, Moriuchi H, Asano K, Ito Y, Yamada H, Yoshikawa T, Suzutani T, for the Japanese Congenital Cytomegalovirus Study Group: Screening for Congenital Cytomegalovirus Infection Using Newborn Urine Samples Collected on Filter Paper: Feasibility and Outcomes from a Multi-centre Study. BMJ Open 2011; 1: e000118.
  • Ikuta K, Ishioka K, Sato Y, Imamura T, Asano K, Koyano S, Inoue N, SuzutaniT. A novel real-time PCR method for the determination and quantification of each cytomegalovirus (CMV) gH-subtype in clinical samples. J Clin Microbiol 50: 499-501, 2012.
  • Nagamori T, Koyano S, Asai Y, Nohara F, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Miura Y, Tsuda N, Iseki K, Azuma H. Sequential changes in pathophysiology of systemic inflammatory response in a disseminated neonatal herpes simplex virus (HSV) infection. J Clin Virol 53: 265-267, 2012.
  • Sugimoto M, Ota K, Kajihama A, Nakau K, Manabe H, Kajino H : Volume overload and pressure overload due to left-to-right shunt-induced myocardial injury. - Evaluation using a highly sensitive cardiac Troponin-I assay in children with congenital heart disease-. Circ J 75: 2213-9, 2011
  • Maeda J, Yamagishi H, Furutani Y, Kamisago M, Waragai T, Oana S, Kajino H, Matsuura H, Mori K, Matsuoka R, Nakanishi T : The impact of cardiac surgery in patients with trisomy 18 and trisomy 13 in Japan. Am J Med Genet A 155A(11):2641-6, 2011
  • Nakamura E, Makita Y, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Sugimoto M, Manabe H, Taketazu G, Kajino H, Fujieda K : 5.78 Mb terminal deletion of chromosome 15q in a girl, evaluation of NR2F2 as candidate gene for congenital heart defects. Eur J Med Genet. 54(3):354-6. 2011
  • Takahashi S, Matsumoto N, Okayama A, Suzuki N, Araki A, Okajima K, Tanaka H, Miyamoto A: FOXG1 mutations in Japanese patients with the congenital variant of Rett syndrome. Clin Genet 2011 (in press)
  • He X, Takahashi S, Suzuki H, Hashikawa T, Kulkarni AB, Mikoshiba K, Ohshima T: Hypomyelination phenotype caused by impaired differentiation of oligodendrocytes in Emx1-cre mediated Cdk5 conditional knockout mice. Neurochem Res 36: 1293-1303, 2011
  • Tachi N, Takahashi S, Jo M, Shinoda M: A new mutation of GCH1 in triplets family with dopa-responsive dystonia. Eur J Neurol 18: 1191-1193, 2011
  • Hara M, Nishi Y, Yamashita Y, Yoh J, Takahashi S, Nagamitsu SI, Kakuma T, Hosoda H, Kangawa K, Kojima M, Matsuishi T: Ghrelin levels are reduced in Rett syndrome patients with eating difficulties. Int J Dev Neurosci 29: 899-902, 2011
  • Kitamura Y, Okumura A, Hayashi M, Mori H, Takahashi S, Yanagihara K, Miyata R, Tanuma N, Mimaki T, Abe S, Shimizu T: Oxidative stress markers and phosphorus magnetic resonance spectroscopy in a patient with GLUT1 deficiency treated with modified Atkins diet. Brain Dev 34: 372-375, 2012
  • Nakamura E, Makita Y, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Sugimoto M, Manabe H, Taketazu G, Kajino H, Fujieda K : 5.78 Mb terminal deletion of chromosome 15q in a girl, evaluation of NR2F2 as candidate gene for congenital heart defects. Eur J Med Genet 54(3):354-6, 2011
  • Nakamura E, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T: Maternal deletion allele of angiotensin-converting enzyme gene is associated with fetal growth restriction. Pediatr Dev Pathol 2011 Dec 9.in press
  • Koga M, Murai J, Saito H, Yamada Y, Mori T, Suno S, Takeuchi K, Suzuki S, Fujieda K, Kasayama S: Measurement of glycated hemoglobin and glycated albumin in umbilical cord: evaluation of the glycemic control indicators in neonates. J Perinatol 6: 430-433, 2011
  • Suzuki S, Koga M, Amamiya S, Nakao A, Wada K, Okuhara K, Hanano S, Sarhat AR, Takahashi H, Matsuo K, Tanahashi Y and Fujieda K: Glycated albumin but not HbA1c reflects glycaemic control in patients with neonatal diabetes mellitus. Diabetologia 54: 2247-2253, 2011
  • Suzuki S, Kim OH, Makita Y, Saito T, Lim GY, Cho TJ, Al-Swaid A, Alrasheed S, Sadoon E, Miyazaki O, Nishina S, Superti-Furga A, Unger S, Fujieda K, Ikegawa S and Nishimura G: Axial Spondylometaphyseal Dysplasia:Additional Reports. Am J Med Genet A 155A: 2521-8, 2011
  • Suzuki S, Koga M, Takahashi H, Matsuo K, Tanahashi Y, Azuma H. Glycated albumin in patients with neonatal diabetes mellitus is apparently low in relation to glycemia compared with that in patients with type 1 diabetes mellitus. Horm Res Paediatr, in press
  • Ichikawa M, Kobayashi R, Inamoto J, Suzuki D, Nakajima M, Cho Y, Kaneda M, Yoshida M, Ariga T: Higher urinal excretion of inorganic phosphate during early induction chemotherapy predicts a good prognosis in childhood acute leukemia. J Pediatr Hematol Oncol 33: 143-148, 2011
  • Takezaki S, Okura Y, Ichikawa M, Suzuki D, Ohshima J, Kaneda M, Cho Y, Yamada M, Kawamura N, Iguchi A, Kobayashi I, Ariga T. Development of germinoma during the treatment of systemic-onset juvenile idiopathic arthritis with infliximab. Mod Rheumatol. in press
  • Iguchi A, Kawamura N, Kobayashi R, Takezaki SI, Ohkura Y, Inamoto J, Ohshima J, Ichikawa M, Sato T, Kaneda M, Cho Y, Yamada M, Kobayashi I, Ariga T. Successful reduced-intensity SCT from unrelated cord blood in three patients of X-linked SCID. Bone Marrow Transplant 46: 1526-1531, 2011
  • Ichikawa M, Suzuki D, Ohshima J, Cho Y, Kaneda M, Iguchi A, Ariga T. Piperacillin/tazobactam versus cefozopran for the empirical treatment of pediatric cancer patients with febrile neutropenia. Pediatr Blood Cancer 57: 1159-1162, 2011
研究業績 > 2011年

原著 -和文- (2011年)

  • 小嶋俊介、柳沢 龍、市川伸介、中曽根允彦、中澤希世子、長谷川康久、小林孝至、平山順一、秋野光明、東 寛、下平滋隆:置換液M-solを用いた置換血小板(R-PC)調整のプロセスバリデーションの関する検討、日本輸血細胞治療学会誌 57: 379-385, 2011
  • 五百井寛明、大石智洋、長森恒久、保科隆之、山口真也、尾内一信:第3回小児感染症専門医育成フォーラム WS-4成人に対するワクチン、小児科臨床 別刷 64: 503- 520, 2011.
  • 山田秀人、古谷野伸 他:周産期感染におけるカウンセリング -トキソプラズマとサイトメガロウイルス-、 産婦人科の実際 60(9): 1309-1321, 2011
  • 山田秀人、古谷野伸 他:先天性サイトメガロウイルス感染症の胎児・新生児治療、産婦人科治療 102(2): 131-138, 2011
  • 山田秀人、古谷野伸 他、サイトメガロウイルス、周産期医学 41(2): 181- 188, 2011
  • 佐藤雅之、岡秀治、古谷野伸 他. 高度な無気肺を合併した気管支粘液栓症の1例、小児科 53(1): 1-2, 2012
  • 高橋 悟、松本直也、佐々木 彰、荒木章子、田中 肇、宮本晶恵、梶野真弓、沖 潤一、小国弘量:Rasmussen脳炎の14歳女児例:機能的半球離断術後4年間の経過、てんかんをめぐって 29: 30-37, 2011
  • 塩田睦記、小国弘量、伊藤 康、落合 卓、堀 智勝、武藤順子、高橋 悟、宮本晶恵、小坂 仁、大澤真木子:機能的半球切除術により日常生活動作に著しい改善を認めた小児Rasmussen脳炎の3例、脳と発達 43: 373-377, 2011
  • 長屋建:新生児感染症の症状と早期診断法-not doing well等、周産期医学41: 309-311, 2011
  • 土田悦司、長屋建:【耐糖能異常-新しい定義と最新の知見】 新生児の耐糖能異常、周産期医学41: 1617-1621, 2011
  • 長屋建:早産時における経静脈栄養の意義、Neonatal Care 25:28-32,2012
  • 岡本年男:カンガルーケアのヒヤリ・ハットにさようなら 分娩直後のSTS (skin-to-skin contact) ケーススタディB late preterm児(低出生体重児)の場合、ペリネイタルケア31: 46-49, 2011
  • 野原史勝、林 時仲:新生児の体温調節、周産期医学必修知識 41増刊号: 489-491, 2011
  • 鈴木滋、鏡雅代、堀内勝行、山藤陽子、坪内肯二、ミレグリマイマイティ、松尾公美浩、棚橋祐典、向井徳男、藤枝憲二:日本人新生児永続性糖尿病および小児期発症インスリン依存性糖尿病患者におけるインスリン遺伝子解析、ホルモンと臨床58: 1031-1035, 2010
  • 棚橋祐典、藤枝憲二、本間さと、本間研一:ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)ニューロンにおいて、細胞自体の時計遺伝子概日リズム振動はGnRH遺伝子発現に影響しない、ホルモンと臨床 58: 1013-1018, 2010
  • 大関一裕、清水俊明、鈴木滋、蒔田芳男、藤枝憲二:ABCC8遺伝子異常を認め新生児一過性糖尿病と診断した超低出生体重児の1例、未熟児新生児学会雑誌 23: 113-118, 2011
  • 高橋弘典、青山藍子、浅井洋子、鈴木滋、松尾公美浩、棚橋祐典、野原史勝、岡本年男、長屋建、林時仲、柿崎秀宏、中西浩一、佐々木聡、森田研、野々村克也:脳室内出血・出血後水頭症を合併した先天性ネフローゼ症候群の1例、日本小児腎不全学会雑誌 31: 162-164, 2011
  • 高橋弘典、鈴木滋、松尾公美浩、棚橋祐典、佐々木聡:膜性増殖性糸球体腎炎の治療中、尿中遊離コルチゾール測定によりステロイド薬の吸収を評価し得た短腸症候群の1例、日本小児腎臓病学会雑誌 24: 241-245,2011
  • 更科岳大、鳥海尚久、鈴木 滋、松尾公美浩、金田 眞、棚橋祐典、吉田 真、向井徳男、梶野浩樹:当院の小児がん経験者における造血幹細胞移植後の晩期合併症についての検討、平成23年度北海道小児保健研究会会誌: 38-42, 2011
研究業績 > 2011年

総説 -英文- (2011年)

  • Azuma H, Hirayama J, Akino M, Ikeda H. Platelet additive solution-Electrolytes. Transfusion and Apheresis Science 44: 277-181, 2011
研究業績 > 2011年

総説 -和文- (2011年)

  • 古谷野伸、井上直樹、長森恒久、藤枝憲二: 先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングについて、日本マススクリーニング学会誌 21(1): 9-14, 2011
  • 高橋 悟:良性乳児けいれん、小児内科 43: 560-561, 2011
  • 荒木章子、田中肇:不定愁訴と睡眠障害、小児科診療 74:47-51, 2011
  • 鈴木滋、藤枝健二:新生児糖尿病、ホルモンと臨床 58: 605-612, 2010
  • 棚橋祐典:追悼 藤枝憲二先生の業績を振り返って、思春期学 29: 19-23, 2011
  • 棚橋祐典:日常診療に必ず役立つ小児内分泌学 ホルモン・受容体・ホルモン作用を正しく理解しよう、小児科診療 75: 385-391, 2012
研究業績 > 2011年

報告書 (2011年)

  • 東 寛:ヘモグロビン小胞体(HbV)が免疫系に与える影響とその機序の解明、厚生労働科学研究費補助金(政策創薬総合研究事業)「人工赤血球の臨床応用を目指した指摘投与法の策定とGMP製造技術の確立に関する研究」 平成22年度 分担研究報告書  
  • 古谷野伸:全新生児を対象とした先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染スクリーニング体制の構築に向けたパイロット調査と感染児臨床像の解析エビデンスに基づく治療指針の基盤策定、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究代表者 平成20-22年度 総合研究報告書
  • 古谷野伸:全新生児を対象とした先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染スクリーニング体制の構築に向けたパイロット調査と感染児臨床像の解析エビデンスに基づく治療指針の基盤策定、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究代表者 平成22年度 総括研究報告書
  • 古谷野伸:北海道における先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングで発見された感染児の臨床像の解析(分担課題)、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究代表者 平成20-22年度 総合研究報告書
  • 古谷野伸:北海道における先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングパイロット調査で発見された出生時無症候性感染児の発達状況(分担課題)、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究代表者 平成22年度 分担研究報告書
  • 古谷野伸:乳児期より肝逸脱酵素の上昇を認め、急速にseroconversionが起こったB型肝炎母子感染例、厚生労働科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業)研究分担者 平成22年度 分担研究報告書
  • 杉本昌也:肺高血圧の進行度とボセンタンによる肺血管リモデリング抑制作用の他覚的評価法の開発、平成20-22年度日本学術振興会科学研究費補助金、若手研究B実績報告書 2011
  • 梶野浩樹:Ellis-van Creveld症候群の疫学調査と治療指針作成、平成22年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、平成22年度 総括・分担研究報告、総括研究報告
  • 梶野浩樹:Ellis-van Creveld症候群の疫学調査と治療指針作成、平成22年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、平成22年度 総括・分担研究報告、分担研究報告 II.a)アンケ-トによる疫学調査結果
  • 高橋 悟:平成22年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C(一般)、「発達期脳に及ぼすてんかん発作の影響-皮質形成異常を有するモデル動物を用いた研究」、実績報告書 2011
  • 高橋 悟:平成23年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)、「グルコーストランスポ-タ-1欠損症症候群の実態と診断治療指針に関する研究 分担研究報告 遺伝子診断ガイドライン作成に向けて」、平成23年度 総括・分担研究報告書 p24-26
  • 岡本年男:HGFがヒト髄膜細胞のMMP-9発現に及ぼす影響〜出血後水頭症の治療戦略に向けて、平成22-24年度日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)、平成22年度 研究成果報告書
  • 長屋建:胎児グルココルチコイド暴露が胎児発育と新生児期に及ぼす影響に関する研究、科学研究費補助金(基盤研究C)、平成22年度 研究成果報告書
  • 野原史勝:胎盤における甲状腺ホルモントランスポーターの発現と早産児甲状腺機能の関連に関する検討、平成22年度「独創性のある生命科学研究」個別研究課題、旭川医科大学研究フォーラム12、p91-92, 2011
  • 棚橋祐典、鈴木滋:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究、平成23年度報告書 p27-29、2012
  • 棚橋祐典:厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);褐色細胞腫の診断及び治療法の推進に関する研究班:PHEOレジストリーにおける小児期発症の褐色細胞腫に関する研究、平成23年度 分担研究報告書, 2012
  • 横谷進、鈴木滋:内分泌疾患の登録・評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究協力者 平成22年度 総括・分担研究報告書, pp81-122
  • 棚橋祐典、松尾公美浩、鈴木滋、向井徳男、置村康彦:成長科学協会研究助成(自由研究課題):複合型下垂体機能低下症におけるPIT1β機能解析、研究報告書, 2012
  • 棚橋祐典:成長科学協会研究助成 成長ホルモン治療研究委員会分担研究:Prader-Willi症候群における成長ホルモン療法に関する研究、研究報告書, 2012
研究業績 > 2011年

研究費 -文部科学省- (2011年)

  • 杉本昌也:平成23年日本学術振興会科学研究費補助金若手研究(B);次世代型DNA解析システムを用いた肺高血圧治療薬の有効性と遺伝子多型の関連の検討; 研究代表者、130万円
  • 高橋 悟:平成22-24年度科学研究費補助金 基盤研究C(一般)、発達期脳に及ぼすてんかん発作の影響-皮質形成異常を有するモデル動物を用いた研究、455万円
  • 鈴木滋:平成21-23年度日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究(B);新生児糖尿病の網羅的な病因・病態の解明と分子診断アルゴリズムの作成、330万円
  • 棚橋祐典:平成22-24年度日本学術振興会科学研究費基盤研究 (C);GnRHニューロンにおける思春期発来調節因子の新規機能解析と時間生理学的研究、330万円
研究業績 > 2011年

研究費 -厚生労働省- (2011年)

  • 古谷野伸:平成23年度厚生労働科学研究費 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業、80万円
  • 古谷野伸:平成23年度厚生労働科学研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業、100万円
  • 高橋 悟:平成23年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服総合研究事業)、グルコーストランスポーター1欠損症症候群の実態と診断治療指針に関する研究(研究代表者 小国弘量 東京女子医科大学):分担研究者、80万円
  • 棚橋祐典:平成23年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);副腎ホルモン産生異常に関する調査研究;研究分担者、130万円
  • 棚橋祐典:平成22年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);高カルシウム尿症と腎石灰化をと伴う家族性低マグネシウム血症(FHHNC)の全国実態調査と診断指針作成(平成23年度繰越分);研究代表者、86万円
  • 棚橋祐典:平成23年度厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業);日本人における新生児糖尿病発症原因遺伝子異常の実態把握および遺伝子変異部位による薬効変化に関する検討;分担研究者、80万円
研究業績 > 2011年

研究費 -財団など- (2011年)

  • 古谷野伸:平成23年度北海道 「エイズ診療向上に関する調査研究」、70万円
  • 岡本年男:平成22-24年度日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究(B);HGFがヒト髄膜細胞のMMP-9発現に及ぼす影響〜出血後水頭症の治療戦略に向けて、290万円
  • 松尾公美浩:平成23年度「独創性のある生命科学研究」助成金;先天性甲状腺機能低下症の分子遺伝学的基盤の解明、100万円
  • 鈴木滋:旭川医科大平成23年度「平成23年度旭川医科大学学術振興後援資金支援事業」助成金、50万円
  • 棚橋祐典、松尾公美浩、鈴木滋、向井徳男、置村康彦:平成23年度成長科学協会研究助成(自由研究課題):複合型下垂体機能低下症におけるPIT1β機能解析、50万円
  • 棚橋祐典:平成23年度成長科学協会研究助成 成長ホルモン治療研究委員会分担研究:Prader-Willi症候群における成長ホルモン療法に関する研究、25万円
研究業績 > 2011年

受賞 (2011年)

  • 杉本昌也:第1回北海道小児循環器研究会賞 平成23年4月9日
  • 岡本年男:旭川医科大学小児科吉岡賞
  • 棚橋祐典:ノボノルディスク成長・発達研究賞2011、2011/5/14
研究業績 > 2011年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.