研究業績

2012年

著書,総説(2012年)

  • 棚橋祐典、高橋弘典:膜輸送系の異常 高カルシウム尿症と腎石灰化を伴う家族性低マグネシウム血症、日本臨床 別冊先天代謝異常症候群(下)、日本臨牀社、p844-848, 2012
  • Sugimoto M, Senzaki H: Hemodynamics: Monitoring, Theory and Applications - Serological Monitoring of Hemodynamics. Nova Sciences Publishers, 131-145, 2013.
  • 梶野浩樹:子どもの病気 栄養管理・栄養指導ハンドブック、伊藤善也・武田英二編化学同人、2012、6章 心臓と循環器の病気、p237-265
  • 高橋 悟:小児の意識障害、脳とこころのプライマリ・ケア 5. 意識と睡眠、日野原重明、宮岡順三、千葉茂、シナジー、p246-252、2012
  • 荒木章子:ADHDに対する薬の知識、教育と医学、 慶應義塾大学出版会 第60:872-877、2012
  • 荒木章子:注意欠陥多動性障害に対する薬物療法について、発達が気になる子の子育て支援情報誌、全国心身障害児福祉財団発行 5:16-20、2012
  • 長屋建:早産時における経静脈栄養の意義、Neonatal Care 25:28-32,2012
  • 土田悦司、長屋建:【周産期医が習得したい専門的手技-新生児編】 末梢静脈穿刺およびライン留置(解説/特集)、周産期医学 42: 1537-1539, 2012
  • 棚橋祐典:多発性内分泌腫瘍症2B型、内科、109:1339-1340, 2012
  • 棚橋祐典、高橋弘典:高カルシウム尿症と腎石灰化を伴う家族性低マグネシウム血症、別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.20 先天代謝異常症候群(第2版)下:844-848, 2012
  • 荒木章子,田中肇:発達障害の対応 専門医に紹介すべきタイミング(一般小児科医から小児神経科医へ、小児科医から児童精神科医へ)、小児内科 44:743-746、2012
  • 杉本昌也:『循環器病のバイオマーカー』, i.先天性心疾患. Heart View, 16(12)増刊号 90-95, 2012
研究業績 > 2012年

原著 -英文- (2012年)

  • Sugimoto M, Ishido H, Seki M, et al: Findings in the pulmonary vascular bed in the remote phase after Kawasaki disease. Am J Cardiol. 109(8):1219-22, 2012.
  • Koyano S, Inoue N, Nagamori T, Moriuchi H, Azuma H. Newborn screening of congenital cytomegalovirus infection using saliva can be influenced by breast feeding. Arch Dis Child-Fetal. 2012 Aug 8
  • Nagamori T, Koyano S, Asai Y, Nohara F, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T, Miura Y, Tsuda N, Iseki K, Azuma H. Sequential changes in pathophysiology of systemic inflammatory response in a disseminated neonatal herpes simplex virus (HSV) infection. J Clin Virol 53: 265-267, 2012
  • Hirayama J, Fujihara M, Akino M, Homma C, Kato T, Ikeda H, Azuma H. Influence of a 24-hour interruption of agitation on in vitro properties of platelets washed with M-sol during 7-day storage. Transfusion 52: 1158-60, 2012
  • Yanagisawa R, Shimodaira S, Kojima S, Nakasone N, Ishikawa S, Momose K, Honda T, Yoshikawa K, Saito S, Tanaka M, Nakazawa Y, Sakashita K, Shiohara M, Akino M, Hirayama J, Azuma H, Koike K. Replaced platelet concentrates containing a new additive solution, M-sol: safety and efficacy for pediatric patients. Transfusion. 2012 Dec 17
  • Takahashi D, Fujihara M, Azuma H, Wakamoto S, Sato S, Kato T, Ikeda H. Adhesive interaction between peripheral blood mononuclear cells and activated platelets in the presence of anti-human leukocyte antigen class I alloantibody causes production of IL-b and IL-8. Vox Sang 102: 250-257, 2012
  • Kitamura Y, Okumura A, Hayashi M, Mori H, Takahashi S, Yanagihara K, Miyata R, Tanuma N, Mimaki T, Abe S, Shimizu T: Oxidative stress markers and phosphorus magnetic resonance spectroscopy in a patient with GLUT1 deficiency treated with modified Atkins diet. Brain Dev 34: 372-375, 2012
  • Takahashi S, Matsumoto N, Okayama A, Suzuki N, Araki A, Okajima K, Tanaka H, Miyamoto A: FOXG1 mutations in Japanese patients with the congenital variant of Rett syndrome. Clin Genet 82: 569-573, 2012
  • Yoneda Y, Haginoya K, Kato M, Osaka H, Yokochi K, Arai H, Kakita A, Yamamoto T, Otsuki Y, Shimizu S, Wada T, Koyama K, Mino Y, Kondo N, Takahashi S, Hirabayashi S, Takanashi J, Okumura A, Kumagai T, Hirai S, Nabetani M, Saitoh S, Hattori A, Yamasaki M, Kumakura A, Sugo Y, Nishiyama K, Miyatake S, Tsurusaki Y, Doi H, Miyake N, Matsumoto N, Saitsu H: Phenotypic spectrum of COL4A1 mutations: porencephaly to schizencephaly. Ann Neurol 73: 48-57, 2013
  • Okamoto T, Nagaya K, Asai H, Tsuchida E, Nohara F, Hayashi T, Yamashita A, Nishimura G, Azuma H:Platyspondylic Lethal Dysplasia Torrance Type With a Heterozygous Mutation in the Triple Helical Domain of COL2A1 in Two Sibs From Phenotypically Normal Parents, Am J Med Genet A 158A:1953-1956,2012
  • Nakamura E, Okamoto T, Nagaya K, Hayashi T: Maternal deletion allele of Angiotensin-converting enzyme gene is associated with fetal growth restriction, Pediatr Dev Pathol 15:114-117,2012
  • Nohara F, Nagaya K, Asai H, Tsuchida E, OkamotoT, Hayashi T, Sakata H, Terao Y, Azuma H: Neonatal pleural empyema caused by emm type 6 group A streptococcus, Pediatrics International, in press
  • Maimaiti M, Tanahashi Y, Mohri Z, Fujieda K,: Development of a bioassay system for human growth hormone determination with close correlation to immunoassay J Clin Lab Anal 26: 328-335, 2012
  • Suzuki S, Koga M, Takahashi H, Matsuo K, Tanahashi Y, Azuma H. Glycated albumin in patients with neonatal diabetes mellitus is apparently low in relation to glycemia compared with that in patients with type 1 diabetes mellitus. Horm Res Paediatr 77: 273-276, 2012
  • Suzuki S, Koga M, Niizeki N, Furuya A, Takahashi H, Matsuo K, Tanahashi Y, Kawata Y, Asai H, Tsuchida E, Nohara F, Okamoto T, Nagaya K, Azuma H. Glycated albumin is lower in Infants than in adults and correlated with both age and serum albumin. Pediatr Diabetes 14: 25−30, 2013
  • Yorifuji T, Kawakita R, Hosokawa Y, Fujimaru R, Matsubara K, Aizu K, Suzuki S, Nagasaka H, Nishibori H, Masue M. Efficacy and safety of long-term, continuous subcutaneous octreotide infusion for patients with different subtypes of K(ATP) -channel hyperinsulinism. Clin Endocrinol (Oxf) 78: 891-897, 2013
研究業績 > 2012年

原著 -和文- (2012年)

  • 梶野浩樹、小川俊一、中西敏雄:小児循環器領域におけるデータベースの構築、Fetal and Neonatal Medicine, 5(1):24-27, 2013
  • 茂木千歳、古谷野伸 他:ワクチン普及に向けての地域における健康教育活動の重要性と実践-北海道斜里町での試み-、小児科 53:1117-1123, 2012
  • 井上直樹、谷口留美、古谷野伸:抗ヘルペスウイルス薬、臨床と微生物 40:36-42, 2013
  • 平山 順一, 藤原 満博, 秋野 光明, 本間 稚広, 加藤 俊明, 東 寛, 池田 久實:M-solで調製した洗浄血小板の72時間静置保存、日本輸血・細胞治療学会 58:529-532, 2013
  • 林 宜亨, 内藤 友紀, 秋野 光明, 勝又 雅子, 本間 稚広, 加藤 俊明, 池田 久實, 東 寛:北海道赤十字血液センターにおける洗浄血小板の技術協力(過去4年間の実績)、日本輸血・細胞治療学会 58:552-554, 2012
  • 菅野絵里子、荒木章子、岡山亜貴恵、鈴木菜生、松本直也、高橋 悟、東 寛:発達障害児の親 を対象としたペアレントトレーニングの効果―「前向き子育てプログラム」の実践からー、北海道小児保健研究会会誌、p18-21、2013
研究業績 > 2012年

報告書 (2012年)

  • 古谷野伸:北海道における先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングパイロット調査の進捗状況および妊婦のサイトメガロウイルス抗体価調査、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究分担者 平成23年度 分担研究報告書, 2012
  • 古谷野伸:Hepatitis B Virusキャリア幼児の血中ウイルス量と唾液に含まれるウイルス量の検討、厚生労働科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業)研究分担者 平成23年度 分担研究報告書, 2012
  • 古谷野伸:Hepatitis B virusキャリアに関する研究のまとめ、厚生労働科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業)研究分担者 平成21-23年度 総合研究報告書, 2012
  • 煖エ 悟:平成24年度厚生労働科学研究費補助金 [障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野)] 平成24年度総括・分担研究報告書 分担研究報告 レット症候群の臨床遺伝学研究、平成25年3月、p23−25
  • 棚橋祐典、鈴木滋、梶野浩樹、藤枝憲二、向井徳男:厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患対策研究事業)副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 副腎ホルモン産生異常症の全国疫学調査における21水酸化酵素欠損症の成人身長および成人期副腎ホルモン補充療法についての解析 平成23年度報告書 p55-62、2012
  • 横谷進、鈴木滋:内分泌疾患の登録・評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究協力者 平成23年度 総括・分担研究報告書、2012
  • 横谷進、鈴木滋:内分泌疾患の登録・評価に関する研究、厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究協力者 平成23年度 平成21−23年度総合研究報告書、2012
  • 棚橋祐典:成長科学協会研究助成 成長ホルモン治療研究委員会分担研究:Prader-Willi症候群における成長ホルモン療法に関する研究 研究報告書、2012
  • 鈴木滋:新生児糖尿病の網羅的な病因・病態の解明と分子診断アルゴリズムの作成、日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究(B)実績報告書、2012
研究業績 > 2012年

研究費 -文部科学省- (2012年)

  • 高橋 悟:平成24年度科学研究費補助金 基盤研究C(一般)、発達期脳に及ぼすてんかん発作の影響―皮質形成異常を有するモデル動物を用いた研究、130万円
  • 杉本昌也:平成23-25年度日本学術振興会科学研究費若手研究 (B);次世代型DNA解析システムを用いた肺高血圧治療薬の有効性と遺伝子多型の関連の検討、364万円
  • 岡本年男:H22-24年度日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究 (B);HGFがヒト髄膜細胞のMMP-9発現に及ぼす影響〜出血後水頭症の治療戦略に向けて、 337万円
  • 長屋 建:平成24−26年度科学研究費補助金・基盤研究C;胎盤11ベータヒドロキシステロイド脱水素酵素が胎児発育に及ぼす影響に関する研究、400万円
  • 野原史勝:平成24-26年度科学研究費補助金・若手研究(B):胎盤甲状腺ホルモントランスポーターの発現と早産児甲状腺機能の関連についての検討 403万円
研究業績 > 2012年

研究費 -厚生労働省- (2012年)

  • 東 寛:人工赤血球(ヘモグロビン小胞体)製剤の実用化を目指す研究 (H24-創薬総合-一般-009)  研究分担者 400万
  • 高橋 悟:平成24年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)、レット症候群の早期診断と治療をめざした統合的研究(研究代表者 伊藤雅之 国立精神・神経医療研究センター神経研究所)分担研究、100万円
  • 古谷野伸:平成24年度 厚生労働科学研究費 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 100万円
研究業績 > 2012年

研究費 -財団など- (2012年)

  • 東 寛:リポソーム投与により誘導される抑制性マクロファージの機能発現に関わる分子基盤の解明「独創性のある生命科学研究」主任研究者 150万
  • 杉本昌也:平成24年度、ノーステック財団「研究開発助成事業」若手研究人材・ネットワーク育成補助金、次世代型DNA解析システムでの左心低形成をきたす遺伝子の網羅的解析、 40万円
  • 長森恒久:平成24年度,ノーステック財団「研究開発助成事業」若手研究人材・ネットワーク育成補助金,新生児ヘルペスにおける抗炎症的治療介入に関する基盤的研究
  • 古谷野伸:平成24年度 北海道「エイズ診療向上に関する調査研究」70万円
  • 松本直也:平成24年度旭川医科大学「独創性のある生命科学研究」、発作性ジスキネジアの分子遺伝学的研究、50万円
研究業績 > 2012年

受賞 (2012年)

  • 煖エ 悟:第54回日本小児神経学会総会、優秀演題賞
  • 鈴木滋:第16回小児分子内分泌研究会 優秀演題賞
  • 中村英記,杉本昌也,長森恒久:旭川医科大学小児科 吉岡賞
研究業績 > 2012年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.