研究業績

2013年

著書,総説 (2013年)

  • Azuma H, Fujihara M, Sakai H: Biocomppatibility of hemoglobin vesicles, a cellular-type artificial oxygen carrier, on blood cells and plasma protein in vitro and in vivo. Won Kim and Greenberg G eds. Hemoglobin-based oxygen carriers as red cell substitutes and oxygen therapeutics. Springer: 385-397, 2013
  • 東 寛: 血小板輸血の適応と新たな副作用予防策. 臨床血液 54: 428-436, 2013
  • 東 寛: 輸血関連急性肺障害. 小児科 13: 1961-1972, 2013
  • 古谷野 伸: TORCH症候群 ー妊娠中の感染に気をつけてー. 月刊地域保険 第44巻第6号: 44-49, 2013
  • 古谷野 伸: 先天性サイトメガロウイルス感染症 ―日本の現状と対策― 小児科臨床 第66巻増刊号: 263-268, 2013
  • 高橋 悟, 山本志保, 荒木章子: 偶然に気付かれた高CK血症を契機に診断された遅発型ポンペ病の一例 ポンペ病症例集 −早期診断・早期治療のために−. 埜中征哉(編), メディカルトリビューン: 26-30, 2013
  • 荒木章子: 注意欠陥多動性障害の治療は環境調整を主体としてなるべく薬剤は使用しない? 小児内科. 45: 1749-50, 2013
  • 荒木章子: 注意欠陥多動性障害に対する薬物療法について. 全国心身障害児福祉財団発行, 発達が気になる子の子育て支援情報誌 第5号:16-20 ,2013
研究業績 > 2013年

原著 -英文- (2013年)

  • Koyano S, Inoue N, Nagamori T, Moriuchi H, Azuma H: Newborn screening of congenital cytomegalovirus infection using saliva can be influenced by breast feeding. Arch Dis Child-Fetal. 98: F182. 2013.
  • Okajima K, Iseki K , Koyano S, Kato A, Azuma H: A virological study of a regional mumps outbreak in the northern island of Japan − Mumps virus genotyping and clinical description. Jpn J Infect Dis. 66: 561-563. 2013.
  • Ikuta K, Minematsu T, Inoue N, Kubo T, Asano K, Ishibashi K, Imamura T, Nakai H, Yoshikawa T, Moriuchi H, Fujiwara S, Koyano S, Suzutani T: Cytomegalovirus (CMV) glycoprotein H-based serological analysis in Japanese healthy pregnant women, and in neonates with congenital CMV infection and their mothers. J Clin Virol. 58: 474-478. 2013.
  • Taniguchi R, Koyano S, Suzutani T, Goishi K, Ito Y, Morioka I, Oka A, Nakamura H, Yamada H, Igarashi T, Inoue N: Polymorphisms in TLR-2are associated with congenital cytomegalovirus(CMV)infectionbut not with congenital CMV disease. Int J Infect Dis. 17: e1092−e1097. 2013.
  • Fujihara M, Takahashi D, Abe H, Sakai H, Horinouchi H, Kobayashi K, Ikeda H, Azuma H: Primary and secondary immune response to keyhole limpet hemocyanin in rats after infusion of hemoglobin vesicles, an artificial oxygen carrier. Artif Organs 38: 234-238, 2013.
  • Sugimoto M, Kajino H, Kajihama A, Nakau K, Murakami N, Azuma H: Assessment of pulmonary arterial pressure by velocity-encoded cine magnetic resonance imaging in children with congenital heart disease. Circ J. 77 (12): 3015-3022, 2013.
  • Inuzuka R, Seki M, Sugimoto M, Saiki H, Masutani S, Senzaki H: Pulmonary Arterial Wall Stiffness and Its Impact on Right Ventricular Afterload in Patients With Repaired Tetralogy of Fallot. Ann Thorac Surg. 96: 1435-1441, 2013.
  • Yoneda Y, Haginoya K, Kato M, Osaka H, Yokochi K, Arai H, Kakita A, Yamamoto T, Otsuki Y, Shimizu S, Wada T, Koyama K, Mino Y, Kondo N, Takahashi S, Hirabayashi S, Takanashi J, Okumura A, Kumagai T, Hirai S, Nabetani M, Saitoh S, Hattori A, Yamasaki M, Kumakura A, Sugo Y, Nishiyama K, Miyatake S, Tsurusaki Y, Doi H, Miyake N, Matsumoto N, Saitsu H: Phenotypic spectrum of COL4A1 mutations: porencephaly to schizencephaly. Ann Neurol. 73: 48-57, 2013.
  • Shiohama T, Fujii K, Takahashi S, Nakamura F, Kohno Y: Reversible t2 prolongations appear in the energy deprivation period in glucose transporter 1 deficiency syndrome. Pediatr Neurol. 49: 493-496, 2013.
  • Suzuki S, Koga M, Niizeki N, Furuya A, Takahashi H, Matsuo K, Tanahashi Y, Kawata Y, Asai H, Tsuchida E, Nohara F, Okamoto T, Nagaya K, Azuma H: Evaluation of glycated hemoglobin and fetal hemoglobin-adjusted HbA1c measurements in infants. Pediatr Diabetes. 14: 267-72, 2013.
  • Koga M, Suzuki S, Matsuo K, Tanahashi Y, Azuma H, Kasayama S: Calculation of HbA1c and glycated albumin from serially measured self-monitored blood glucose in patients with type 1 diabetes mellitus. Clin Chim Acta. 425: 188-91, 2013.
  • Matsuo K, Mukai T, Furuya A, Suzuki S, Tanahashi Y, Azuma H: A Case of Vitamin D Deficiency without Elevation of Serum Alkaline Phosphatase in a Carrier of Hypophosphatasia. Clin Pediatr Endocrinol. 22: 73-6, 2013.
  • Okajima K, Iseki K, Koyano S, Kato A, Azuma H. Virological Analysis of a Regional Mumps Outbreak in the Northern Island of Japan―Mumps Virus Genotyping and Clinical Description. Jpn J Infect Dis 66(6): 561-3, 2013.
研究業績 > 2013年

原著 -和文- (2013年)

  • 高橋 悟, 松本直也, 岡山亜貴恵, 荒木章子, 佐藤正夫, 鎌田恭輔, 東 寛: レノックス・ガストー症候群の転倒発作に対する脳梁離断術の効果. てんかんをめぐって. 32: 55-62, 2013.
  • 金田 眞, 鳥海尚久, 更科岳大, 高橋 悟, 三井宣幸, 安栄良悟, 及川賢輔, 三代川斉之, 鎌田恭輔,東 寛: 脳腫瘍の鑑別疾患として重要と考えられたtumefactive demyelinating lesionの8歳女児例. 小児科臨床. 66: 2049-2053, 2013.
  • 岡 秀治, 高橋 悟, 坪田朋佳, 須貝理香: 発作時脳波から局在する脳機能異常の関与が考えられた複雑型熱性けいれんの1例. 小児科臨床. 67(8): 1355-1358, 2014.
  • 菅野絵里子, 荒木章子, 岡山亜貴恵, 鈴木菜生, 松本直也, 高橋 悟, 東 寛: 発達障害児の親を対象としたペアレントトレーニングの効果 −「前向き子育てプログラム」の実践から−. 北海道小児保健研究会会誌: 18-21, 2013.
研究業績 > 2013年

報告書 (2013年)

  • 東 寛, 藤原満博, 酒井宏水: ヘモグロビン小胞体(HbV)が免疫系に与える影響の容量依存性の検討と抑制効果軽減の試み. 厚生労働科学研究費補助金(創薬基盤推進事業) 平成24年度分担研究報告書
  • 東 寛, 藤原満博, 酒井宏水: ヘモグロビン小胞体(HbV)開発におけるプリオンについての考え方. 厚生労働科学研究費補助金(創薬基盤推進事業) 平成24年度分担研究報告書
  • 古谷野 伸, 長森恒久, 森内浩幸: 唾液による新生児先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングへの母乳栄養の影響. 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究分担者 平成24年度分担研究報告書
  • 古谷野 伸: 北海道における新生児先天性サイトメガロウイルス感染マススクリーニングパイロット調査の結果と抗体陰性妊婦に対するサイトメガロウイルス初感染予防介入の効果. 厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)研究分担者 平成23-24年度 総合研究報告書
  • 古谷野 伸: テノフォビルによる腎障害発生例の報告. エイズ診療向上に関する調査研究 平成24年度研究成果報告書
  • 長森恒久: 新生児ヘルペス全身型への抗炎症的治療介入に関する基盤研究. ノーステック財団若手研究人材・ネットワーク育成補助金 平成24年度研究成果報告書
  • 長屋 建: 胎盤11ベータヒドロキシステロイド脱水素酵素が胎児発育に及ぼす影響に関する研究. 日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C) 平成24年度報告書
  • 岡本年男: HGFがヒト髄膜細胞のMMP-9発現に及ぼす影響〜出血後水頭症の治療戦略に向けて. 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B) 平成24年度報告書
  • 棚橋祐典, 鈴木 滋: 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服事業) 平成23-25年度総合研究報告書
  • 棚橋祐典: 成長科学協会研究助成 成長ホルモン治療研究委員会分担研究: Prader-Willi症候群における成長ホルモン療法に関する研究 研究報告書, 2013
研究業績 > 2013年

研究費 -文部科学省- (2013年)

  • 東 寛: 平成25-27年度 日本学術振興会科学研究費助成 基盤C: リポソーム投与により誘導されるMDSC様細胞の機能発現に関わる分子基盤の解明; 390万円
  • 長森恒久: 平成25-27年度 日本学術振興会科学研究費助成 若手研究B: 新生児ヘルペスにおける抗炎症的治療介入に関する基盤研究; 300万円
  • 杉本昌也: 平成23-25年度 日本学術振興会科学研究費 若手研究B: 次世代型DNA解析システムを用いた肺高血圧治療薬の有効性と遺伝子多型の関連の検討; 364万円
  • 長屋 建: 平成24-26年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C: 胎盤11ベータヒドロキシステロイド脱水素酵素が胎児発育に及ぼす影響に関する研究; 160万円
  • 野原史勝: 平成24-26年度 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究B: 胎盤甲状腺ホルモントランスポーターの発現と早産児甲状腺機能の関連についての検討; 150万円
研究業績 > 2013年

研究費 -厚生労働省- (2013年)

  • 東 寛: 平成25年度 厚生労働科学研究費 創薬基盤推進研究事業: 人工赤血球(ヘモグロビン小胞体)製剤の実用化を目指す研究; 200万円
  • 古谷野 伸: 平成25年度 厚生労働科学研究費 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業: 母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究; 150万円
  • 高橋 悟: 平成25年度 厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業): レット症候群の早期診断と治療をめざした統合的研究. 分担研究者; 150万円
  • 高橋 悟: 平成25年度 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業): 稀少難治性てんかんに関する調査研究. 研究協力者; 25万円
  • 棚橋祐典: 平成25年度 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業): 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究. 研究分担者; 100万円
研究業績 > 2013年

研究費 -財団ほか- (2013年)

  • 古谷野 伸: 平成25年度 北海道「エイズ診療向上に関する調査研究」; 70万円
  • 棚橋祐典, 松尾公美浩, 古谷曜子: 平成25年度 成長科学協会研究助成 自由研究課題: Multiplex Ligation-dependent Probe Amplification(MLPA)法による低身長の網羅的分子遺伝学的解析; 50万円
  • 棚橋祐典: 平成25年度 成長科学協会研究助成 成長ホルモン治療研究委員会分担研究: Prader-Willi症候群における成長ホルモン療法に関する研究; 25万円
  • 古谷曜子: 平成25年度 独創性のある生命科学研究助成金(旭川医科大学): 新生児糖尿病における網羅的原因遺伝子検索; 50万円
研究業績 > 2013年

受賞 (2013年)

  • 古谷曜子: 第17回小児分子内分泌研究会 優秀演題賞; 2013年7月6日
研究業績 > 2013年
 

旭川医科大学小児科学教室

〒078-8510 北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1の1
TEL:0166-68-2481/2483(DI) FAX:0166-68-2489

Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University

Midorigaoka-higashi 2-1-1-1, Asahikawa, Hokkaido 078-8510, Japan
TEL:+81-166-68-2481/2483 FAX:+81-166-68-2489

Copyright(c) 2001 Department of Pediatrics, Asahikawa Medical University. All Rights Reserved.